滋賀県旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
滋賀県旗
滋賀県の旗
用途及び属性 市民・政府陸上?
縦横比 2:3
制定日 1968年9月16日
使用色
テンプレートを表示

滋賀県旗(しがけんき)は、日本都道府県の一つ、滋賀県。本項では、旗に図示されている滋賀県章(しがけんしょう)についても併せて解説する。

解説[編集]

県章は1957年昭和32年)5月3日の県告示第138号により制定された[1]。県章のデザイン著作権法の規定により2008年平成20年)1月1日よりパブリックドメインとなっている。片仮名の「シ」「ガ」を組み合わせて円形に図案化し「和」を表現すると共に内円は琵琶湖を、翼は県の飛躍を表している。

県旗は県章の制定当初、地に水色の県章を中央やや上寄りに配してゴシック体で「滋賀県」と県名を記載したものが慣例的に使用されていた[2]。また、国民体育大会の県選手団は水色の地に白抜きの県章を左上に配し、右側に白抜きの片仮名で「シガ」と大書したデザインの旗を使用していた[2]。その後、琵琶湖の水面をイメージした水色を地色に抜きの県章を中央に配置する現在のデザインが確立され、1968年(昭和43年)9月16日の滋賀県告示第355号により正式な県旗として制定された[3]

シンボルマーク[編集]

2001年3月に琵琶湖総合保全整備計画(マザーレイク21計画)が策定されたことを機に制定された[4]。琵琶湖の形をそのままに、中央にで「Mother Lake」(母なる湖)と二段組みで表記したシンプル性を重視したデザインであるが、東京都鹿児島県のようなシンボルマーク旗は制定されていない。

脚注[編集]

  1. ^ 滋賀県県章
  2. ^ a b 国民文化協会 編『事典 シンボルと公式制度 日本篇』(国際図書、1968年)、220ページ。 NCID BN09461711
  3. ^ 滋賀県県旗
  4. ^ 滋賀県シンボルマーク Mother Lake

外部リンク[編集]