岐阜県旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
岐阜県旗
岐阜県の旗
用途及び属性 市民・政府陸上? 法律又は勅令で定められていない既成標準(デファクト)の旗
縦横比 2:3
制定日 1932年8月10日(県章)
使用色
テンプレートを表示

岐阜県旗(ぎふけんき)は、日本都道府県の一つ、岐阜県

本項では旗に図示されている岐阜県徽章(ぎふけんきしょう)、通称岐阜県章(ぎふけんしょう)、および県章と併用されるシンボルマークについても併せて解説する。

解説[編集]

岐阜県シンボルマーク

県章は1932年昭和7年)に一般公募を実施し、2等となったデザインを補作して同年8月10日の県告示第424号により制定された[1]著作権法の規定により、1983年(昭和58年)1月1日よりパブリックドメインとなっている。「岐阜」の「岐」を略字化したデザインを丸で囲んでいる。

県旗を定める告示は特に存在せず、使用開始時期も不明であるが地に色の県章を中央に配したものが慣例的に使われている。県章の配色を緑とする理由は「県下の自然の美しさ」を表す色と説明されている[1]

シンボルマーク[編集]

県道標識における使用例。補助標識の右上にマークが入っている。

1991年平成3年)11月22日の県告示第695号により指定。アルファベットの「G」を図案化し、点から線、線から面へと力強く拡大して行く県の様子を表現している。

東京都シンボルマーク鹿児島県シンボルマークと異なり、県旗と別の「シンボル旗」は制定されていない。

使用例[編集]

主に県境標識などで使用されており、県管理の国道県道の補助標識のほとんどに「岐阜県」の文字とこのシンボルマークが入っている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 国民文化協会『事典 シンボルと公式制度 日本篇』(国際図書、1968年)、188ページ。NCID BN09461711

外部リンク[編集]