栃木県旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
栃木県旗
栃木県の旗
用途及び属性 市民・政府陸上?
縦横比 7:10
制定日 1964年3月1日
使用色
テンプレートを表示

栃木県旗(とちぎけんき)は、日本都道府県の一つ、栃木県。本項では、旗に図示されている栃木県章(とちぎけんしょう)についても併せて解説する。

解説[編集]

県章は1962年昭和37年)に公募を実施し、採用されたデザイン案を基に同年12月1日付で制定された[1]。抽象的にデザインされた漢字の「」は躍動感を、古代文字の「木」で表された木偏(きへん)の部分はエネルギッシュな向上性を表現している。

県旗は地色を黄緑とし、県章を中央に抜きで配置したもので1964年(昭和37年)3月1日に告示された。県章は2013年平成25年)1月1日、県旗の配色を含めたデザインは2015年平成27年)1月1日よりパブリックドメインとなっている。

脚注[編集]

  1. ^ 藤沢優『世界の国旗・国歌総覧 付・日本都道府県別県旗県歌総集』(岩崎書店1976年)、455ページ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]