山梨県旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山梨県旗
山梨県の旗
用途及び属性 市民・政府陸上?
縦横比 2:3
制定日 1966年12月1日
使用色
テンプレートを表示

山梨県旗(やまなしけんき)は、日本都道府県の一つ、山梨県。本項では、県旗とデザインの一部が共通する山梨県章(やまなしけんしょう)についても併せて解説する。

概要[編集]

県章1966年昭和41年)に実施された公募で採用されたデザイン案を基に、同年10月1日の県告示第219号により制定された[1]。「人」を3つ並べて「山」を形作り、県民の和と協力を表すと共にかつて甲斐国を治めていた武田氏家紋(武田菱)をベースに、富士山の山頂をイメージして四隅がギザギザになった菱形で囲んでいる。

県旗は県章の2ヶ月後、1966年12月1日の県告示第262号により制定された。「人」を3つ並べて「山」を形作っているのは県章と共通であるが、県章と異なり富士山のシルエットをイメージした台形で囲っている。地色のは県の特産であるブドウの色であり、人を囲む富士山の色は清廉・潔白・純粋性を、曲線は流動性と無限の向上を表している。

脚注[編集]

  1. ^ 藤沢優『世界の国旗・国歌総覧 付・日本都道府県別県旗県歌総集』(岩崎書店1976年)、465ページ。

外部リンク[編集]