遼河はるひ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
りょうが はるひ
遼河 はるひ
本名 鹿嶋 綾希子(かしま あきこ)
生年月日 (1976-02-02) 1976年2月2日(41歳)
出生地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
国籍 日本
身長 173cm
血液型 A型
職業 女優タレント
ジャンル 宝塚歌劇ミュージカルバラエティ番組
活動期間 1996年 -
活動内容 1996年宝塚歌劇団入団、月組配属
2001年宙組に異動
2006年:月組に異動
2009年:宝塚歌劇団退団
2010年:Beehiveに所属し、芸能活動を開始
2013年:所属事務所をプロダクション人力舎に移籍(Beehiveとは、広告業務提携という形で関係を継続)
公式サイト 所属事務所公式プロフィール
主な作品
NEVER SAY GOODBYE
エリザベート
備考
宝塚歌劇団卒業生

遼河 はるひ(りょうが はるひ、1976年2月2日 - )は日本女優タレント。元宝塚歌劇団月組の男役。所属事務所はプロダクション人力舎

愛知県名古屋市出身。椙山女学園中学校椙山女学園高等学校[1]

愛称は「アヒ」(本名のなまり)。身長173cm、血液型A型。

来歴・人物[編集]

1994年、宝塚史上もっとも倍率の高い年に(競争率48.25倍)宝塚音楽学校入学。82期生。同期には壮一帆(元雪組トップスター)、蘭寿とむ(元花組トップスター)、涼紫央(元星組スター)、紺野まひる(元雪組トップ娘役)らがいる。

1996年、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は11番[2]。月組『CAN-CAN』で初舞台。その後月組に配属。

若手男役として新人公演で2番手などの役を演じていたが、2001年宙組に組替え。2002年、『鳳凰伝』にて新人公演主演を果たす。2003年、「春ふたたび」にてバウWS初主演。

2005年5月、「Le Petit Jardin 幸せの庭」でバウホール主演。2006年、『NEVER SAY GOODBYE -ある愛の軌跡-』では、唯一の悪役とも言える大役・フランシスコ・アギラール役を演じた。

その後再び月組に組替え。2007年 - 2008年宝塚バウホール・東京特別公演『HOLLYWOOD LOVER』では、主人公と対立する二番手役・リチャード・R・ローガンを演じた。2008年日生劇場公演『グレート・ギャツビー』では二番手役のニック・キャラウェイ役に抜擢される。同年『夢の浮橋』では当時のトップスター瀬奈じゅんが演じた匂宮の兄・ニの宮を演じた。2009年3月、自身の初ディナーショー「GLITTER」を開催、同年『エリザベート』ではルドルフ皇太子を演じた。

2009年12月27日[2]、『ラスト・プレイ』『Heat on Beat!』東京宝塚劇場公演千秋楽を最後に当時のトップスター・瀬奈じゅん、娘役スターとして活躍していた城咲あい羽桜しずく等と同時退団。

2010年より、Beehiveに所属。また、同年から出身地である名古屋市の中日ビルイメージモデルを2012年まで務めた(後任は同じく宝塚歌劇団卒業生で先輩にあたる立樹遥)。

2013年より、所属事務所(マネージメント契約)をBeehiveから、プロダクション人力舎へ移籍した。ただし、Beehiveとは広告業務提携(CMブッキング[3])という形で関係を継続する。

2015年8月3日スタートの昼の連続ドラマ『癒し屋キリコの約束』(東海テレビフジテレビ系)にて、連ドラ初主演[4]

エピソード[編集]

4歳から日本舞踊を習っていた。高校生の時に、『華麗なるギャツビー』(1991年)で初めて宝塚を見てはまったのが宝塚音楽学校を受験したきっかけ。急に背が伸びたこともあり、バレエや歌など全くやっていなかったが、1年間宝塚受験支援スタジオに通いレッスンに取り組み、2度目の受験で合格。また、音楽学校時代には西川栄綾という名で名取になった。

天才!!カンパニー初出演後に検索数が急上昇、キーワード1位になった。2回目の出演時に「知名度が上がり、番組に出て良かった」と心底喜んでいた。

欽ちゃんファミリーの大ファンで、特にイモ欽トリオに熱中していたとのことであり、『しくじり先生』に講師役で出演したメンバーの長江健次の「当時は天狗になっていた」旨のエピソードを聞いて、幻滅していた。


本人は劇団四季オタクと自身でも語っている 特に好きなのはアラジン。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

第1次月組時代[編集]

  • 2001年1月 - 2月、「いますみれ花咲く / 愛のソナタ」新人公演/オックス男爵(本役・紫吹淳
  • 2001年5月 - 7月、「愛のソナタ / ESP!」新人公演/オックス男爵
  • 2001年8月 - 9月、「大海賊 / ジャズマニア」新人公演/キッド(本役・伊織直加

宙組時代[編集]

  • 2002年7月 - 11月、「鳳凰伝 / ザ・ショー・ストッパー」新人公演/カラフ(本役:和央ようか) *新人公演主演
  • 2003年、バウWS「春ふたたび」 *バウWS初主演
  • 2003年2月 - 6月、「傭兵ピエール / 満天星大夜總会」ガストン
  • 2003年10月 - 2004年2月、「白昼の稲妻 / テンプテーション」ジャン
  • 2004年3月、ドラマシティ他公演「BOXMAN-俺に破れない金庫などない-」リロイ
  • 2004年5月 - 8月、「ファントム」 リシャール
  • 2004年10月 - 11月、「THE LAST PARTY」アーネスト・ヘミングウェイ
  • 2005年1月 - 4月、「ホテルステラマリス / レヴュー伝説」ダニエル
  • 2005年5月 - 6月、「Le Petit Jardin 幸せの庭」アラン *主演
  • 2005年8月 - 11月、「炎にくちづけを / ネオ・ヴォヤージュ」ドー
  • 2006年1月、「不滅の恋人たちへ」ユジェーヌ・ドラクロワ
  • 2006年2月、「THE LAST PARTY」アーネスト・ヘミングウェイ
  • 2006年4月 - 7月、「NEVER SAY GOODBYE」フランシスコ・アギラール

第2次月組時代[編集]

  • 2006年7月 宝塚巴里祭2006 *主演
  • 2006年10月、全国ツアー「あかねさす紫の花 / レ・ビジュー・ブリアン」勝麻呂
  • 2007年1月 - 4月、「パリの空よりも高く / ファンシー・ダンス」ジェラール・ロルボン
  • 2007年5月 - 6月、全国ツアー「ダル・レークの恋」クリスナ
  • 2007年8月 - 11月、「MAHOROBA / マジシャンの憂鬱」ヤーノシュ
  • 2007年12月 - 2008年1月、バウホール公演「HOLLYWOOD LOVER」リチャード・R・ローガン
  • 2008年3月 - 7月、「ME AND MY GIRL」ジェラルド
  • 2008年9月、日生劇場公演「グレート・ギャツビー」ニック・キャラウェイ
  • 2008年11月 - 2009年2月、「夢の浮橋 / Apasionado!!」二の宮
  • 2009年3月、遼河はるひディナーショー「GLITTER」 *初ディナーショー主演
  • 2009年5月 - 8月「エリザベートルドルフ皇太子、エルマー(役変わり)
  • 2009年10月 - 12月、「ラストプレイ -祈りのように- / Heat on Beat!」ジークムント *退団公演

宝塚歌劇団退団後の主な出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]


ドキュメンタリー[編集]

  • 夢と希望の“シンデレラ”紀行(NHK総合、2016年3月31日)[7] - ナビゲーター

舞台[編集]

  • 2011年8月、『好色一代男』(御園座)女医、生霊(2役)
  • 2012年2月、『会津の空に残した月影』(武蔵野芸術劇場)新島八重 *主演
  • 2012年5月、『土御門大路 陰陽師・安倍晴明と貴船の女』(中日劇場)紅葉
  • 2012年11月、30-DELUX The Remake Theater『イエロー』お銀
  • 2016年4月、ミュージカル『アニー』(新国立劇場中ホール)ハニガン

映画[編集]

CM[編集]

その他[編集]

  • 中日ビル・イメージキャラクター(2010年 - 2012年1月31日)

著書[編集]

  • 遼河はるひのフリーザーバッグまる活ごはん 調理も保存も、超カンタン!!(2016年5月25日、ブックウォーカー

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 阪急コミュニケーションズ発行「宝塚おとめ」2009年版より
  2. ^ a b 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』p.108(小林公一・監修、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日)ISBN 9784484146010
  3. ^ 人力舎移籍後のBeehive公式サイト内プロフィールトップページより参照。また、Beehive公式サイト内アーティスト一覧でも、「広告業務提携」として紹介。
  4. ^ 遼河はるひ:連ドラ初主演 「A.B.C-Z」戸塚祥太も出演”. まんたんウェブ (0150年5月28日). 0150年5月28日閲覧。
  5. ^ “おぎやはぎ・小木博明らが危険トーク連発!「キニナルーム。」がスタート!!”. ウォーカープラス. (2014年9月3日). http://news.walkerplus.com/article/50086/ 2014年9月4日閲覧。 
  6. ^ 上重聡アナ「スッキリ!!」のMCに!松坂投手との“誓い”明かす”. シネマトゥデイ (2015年3月6日). 2015年3月6日閲覧。
  7. ^ 夢と希望の“シンデレラ”紀行(日本放送協会)、2016年3月30日閲覧
  8. ^ 遼河はるひのCM出演情報”. ORICON STYLE. 2016年2月24日閲覧。
  9. ^ 又吉さんと遼河さんが魅力発信 本紙新CM”. 中日新聞 (2016年2月29日). 2016年3月9日閲覧。
  10. ^ ほっとWebHOME > CMギャラリー”. 東京新聞ほっとWeb. 2016年3月7日閲覧。

外部リンク[編集]