楽園 (THE YELLOW MONKEYの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
楽園
THE YELLOW MONKEYシングル
初出アルバム『SICKS
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル ファンハウス
プロデュース 吉井和哉
ゴールドディスク
  • プラチナ
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 1997年度年間70位(オリコン)
THE YELLOW MONKEY シングル 年表
SPARK
1996年
楽園
(1996年)
LOVE LOVE SHOW
1997年
ミュージックビデオ
「楽園」 - YouTube
テンプレートを表示

楽園」(らくえん)は1996年11月25日に発売されたTHE YELLOW MONKEY11作目のシングル曲。発売元はファンハウス

概要[編集]

制作背景[編集]

  • 6thアルバム『SICKS』の先行シングルという位置づけを強く意識して制作された楽曲であり、吉井は「ファンにはすごく良い(アルバムの)予告ができるな」と考えたと語っている[1]。また、「ロックファンもこれで巻き込めるはず」と自信を持って送り込んだ曲である[2]
  • 吉井は、この曲のテーマを「ドラッグ・ソング」としており、当初は「動脈のハイウェイ」と言う歌詞が「静脈のハイウェイ」となる予定であった。しかし、社長から「静脈は麻薬を連想させてまずいだろう」とクレームがつき、修正された。「スプーン一杯分の幸せをわかちあおう」など、修正されなかった歌詞も一部存在する[3]。吉井は後に「できあがって蓋を開けたら(レコード会社移籍などによる)決意表明みたいになっていた」と述懐している[4]
  • タイトル名の由来は、吉井が本楽曲に対して「未来都市」「ユートピア」「パラダイス」などの印象を持ったことからイメージを膨らませ、最終的には『楽園』というタイトルとなった[1]
  • 前作「SPARK」をディレクターに渡す際に、リリース候補としてこの曲も渡したが「SPARKのほうがキャッチーだ」という理由で一度却下されている[2]。しかし、ディレクターであった宗清裕之は後のインタビューで「そんなことした覚えはないんだけどなあ」と語っている[5]

収録曲[編集]

  1. 楽園
    (作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)
    フジテレビ系ドラマ新・木曜の怪談』主題歌。2009年7月にはパチンコ『CR忍術決戦 月影』に使用され、2013年7月から9月には『たけしのコマ大数学科』のテーマソングに起用された。解散後の2004年に行われたORICON STYLEの人気投票で第2位となった[6]2013年に行われた『イエモン-FAN'S BEST SELECTION-』のファン投票で8位を獲得し、収録が決定した。
  2. 見てないようで見てる
    (作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)
    吉井曰く「渋谷駅周辺の喫茶店で、斜め向かいに座った女性をチラ見しながら作った」[7]
  3. 楽園 (Instrumental)
    (作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)

収録アルバム[編集]

#1. 楽園

#2. 見てないようで見てる

  • 『SICKS』(1997年1月22日)

参考文献・出典[編集]

  1. ^ a b 『15YEARS』(ぴあ
  2. ^ a b 「吉井和哉自伝 失われた愛を求めて」(ロッキング・オン
  3. ^ 「ブリッジ97年4月号」
  4. ^ 「bridge」(ロッキング・オン)97年4月号 - 「イエローモンキーの10曲」
  5. ^ 徹底座談会で明かされる真実とそれぞれの1曲
  6. ^ あなたが選ぶTHE YELLOW MONKEY ベスト1 TOP30 結果発表
  7. ^ 『COMPLETE SICKS』ライナーノーツ

外部リンク[編集]