野口健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

野口 健(のぐち けん、1973年8月21日 - )は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン市出身の日本人登山家亜細亜大学国際関係学部卒業。

現在はNPO法人PEAK+AID(ピーク・エイド)代表として、ヒマラヤ・富士山での清掃活動といった環境問題への取り組み、また遭難死したシェルパ族の子どもたちへの教育支援「シェルパ基金」やヒマラヤでの学校建設・森林づくり、第二次世界大戦の戦没者の遺骨収集などの社会貢献活動を行っている[1]

亜細亜大学[2]了徳寺大学[3]客員教授徳島大学医学部運動機能外科非常勤講師[4]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

日本人(元外交官野口雅昭)の父親と、エジプト人の母親(野口モナ)の次男としてボストンで生まれる。

幼少期を父親の赴任先であるニューヨークサウジアラビアで過ごす。初めて日本に来たのは4歳の頃で、その頃は日本語が話せなかった。小学校6年時に両親が離婚し、カイロ日本人学校小学部からイギリスの立教英国学院小学部に転校。

小学生のときにドラマ池中玄太80キロ」を見て報道カメラマンに憧れ、湾岸戦争があった中学生の頃は国際的に活躍できる自衛隊にも興味を抱いていたが成績が悪く、仮進級で高等部に進学したことで焦りと劣等感を募らせた。高等部在学中に学校の先輩と喧嘩をして一ヶ月の停学処分を受け、停学中の一人旅で植村直己の著書「青春を山に賭けて」と出会い登山を始めた[5]。周りに登山をしている人がいなかったことから、自身の存在意義の確認手段として傾倒していく[6]

卒業後、亜細亜大学一芸入試で合格する。これもあり、植村を強く慕うようになる[7]

七大陸最高峰の最年少登頂達成[編集]

亜細亜大学入学後から、世界の名立たる山々に挑み、各地で最年少登頂記録を樹立する。大学に8年間在籍して登山を続け、卒業前の1999年(25歳)に世界最高峰エベレストに、3度目の挑戦で登頂に成功。当時の七大陸最高峰の世界最年少登頂記録を更新した[注釈 1]

多方面での活動[編集]

1999年のエベレスト登頂以降、環境保護の観点から清掃活動を継続している。エベレスト(2000-2003年[8][9][10][11]2007[12],2008年[13]2011年[14])、マナスル(2006[15],2007年[16])の清掃活動をはじめ、富士山[17]、また全国各地でも精力的に清掃活動を行っている[18]

  • 2000年、遭難死したシェルパ族の子どもたちへの教育支援「シェルパ基金」を設立[19]
  • 2006年、マナスル山麓のサマ村の教育支援のため「マナスル基金」を設立[21]
  • 2007年、東京ヴェルディの環境アドバイザーに就任。ヴェルディの2007年開幕戦であるザスパ草津戦の試合後、両チームのサポーターと国立競技場周辺のゴミ拾いを行う。「一見、環境保護には縁遠そうな自民党から議員になることにこそ意味がある」と雑誌で語っており、同年7月の参議院議員選挙出馬の噂もあったが本人は公式ブログで不出馬を表明。同年11月、新潟市が主催する「第2回安吾賞」に選ばれる[22]。11月30日付けで了徳寺大学客員教授(教養教育センター)に就任。
  • 2008年、植村直己冒険賞を受賞[23]。同年、NPO法人「空援隊(くうえんたい)」に参加し、主にフィリピンにおける旧日本軍戦没者の遺骨調査・収集活動を開始する[24][25]。同年8月、千葉県環境大使就任[26]
  • 2009年、「野口健環境学校」を岡山県総社市ではじめる[27]
  • 2010年、サマ村に学校が開校[28]。同年に週刊文春(2010年3月18日号)で「空援隊が収集した遺骨にフィリピン人の骨が混じっている」という批判記事が掲載される。その対応を巡って空援隊の理事長と対立[29]、5月18日付の公式ブログで空援隊を離れたことを表明[30]。以降は、自らが代表であるNPO法人PEAK+AIDの活動として沖縄での戦没者遺骨収集を行っている。
  • 2014年、岡山県総社市環境観光大使に就任[31]ランドローバーアンバサダー就任[32]
  • 2015年4月のネパール滞在中にネパール地震に被災。「ヒマラヤ大震災基金」を立ち上げ、復興支援を行う[33]。同年7月、「第一回安藤忠雄文化財団賞」を受賞した[34]。安藤忠雄はシェルパ基金・マナスル基金に寄付をしており、安藤忠雄建築事務所は毎日新聞東京社会事業団が設立したネパール子ども病院の設計もしている[35]
  • 2016年4月に熊本地震が発生。親しくしているシェルパから「日本に恩返しがしたい」と送金があったことから、車中泊での避難民のために熊本県益城町にテント村を作る活動を行う[36]
  • 2017年4月、代表を務めるNPO法人ピーク・エイドと総社市が被災地でのテント村開発などの支援を積極的に行う協定を交わす[37]。同年6月に三菱自動車アンバサダーに就任[38]
  • 2018年、サマ村で新たに始まっていた「ヒマラヤに森をつくろうプロジェクト」により育苗されてきたマツモミカラマツの三種を植樹[39][40]。2020年までに3万本の植樹を目指す。

人物・評価[編集]

  • 植村直巳には登山家としてよりも、地味ではあってもコツコツと挑戦し達成していく生き方に魅かれている[41]。登山を始め傾倒した経緯から、自身は「根っからの登山家」ではなく登山を通じて自己表現をしているとも言及している[42]。「アルピニスト」という肩書についてはCM出演の際に「登山家」に代わる肩書きとして提案を受け、以後使うようになった[43][注釈 2]
  • マスコミへの露出が多いことや清掃活動にはじまる多方面での活動を売名行為と批判されることについては、どんなにいいことでも善意だけでは継続しないため「仕事としてのマネジメント」が必要だと述べている[45]
  • 政治的な発言の多さでも知られる。チベットでの人権侵害・環境対策などについて中華人民共和国に対し批判的な意見を公式ブログ・Twitterに載せている[46]
  • 選挙時の応援活動を多く行っているが、特定の政党に対する応援ではなく、政治家個人(共に活動した仲間)を応援するとのスタンスを取っている[47]。環境保護関連で野口の活動に理解を示した橋本龍太郎・元秘書や側近たちの選挙応援、2005年9月の第44回衆議院議員総選挙2016年東京都知事選挙では小池百合子の選挙応援・応援演説に駆け付けている[48]2007年東京都知事選挙では、石原慎太郎のポスターに登場した。
  • タレントのイモトアヤコが2012年9月にマッターホルンに登頂後、頂上からヘリコプターを利用して下山したことを批判した[49]。2014年8月の女性自身のインタビューではイモトの身体能力・精神力・トレーニングぶりについて高い評価をする一方、救助が望めない場所で遭難したときに「自分の思いで来たんだから、これでよかったんだと思えるか、やっぱりあの仕事受けなきゃよかったって思うのか。それで彼女が死ぬときに本望だと思わなければ、不幸な死に方ですよね」と語っている[50]
  • 13歳のときに入手したNikonFM2を現在まで愛用している。登山を始め、エベレスト登頂までは動画で記録をしていたが、ものごとのB面(貧困問題など)を伝えていくには動画より写真のほうが見てもらいやすいと述べている[51]

家族[編集]

  • 1995年にネパールで戸籍の無い未成年の少女と結婚するが、2年で離婚している[52]。その後、2003年7月に日本人女性と入籍[53]。2004年2月に第1子となる長女をもうけた[54]
  • 父親と実母は、父親の2度目のエジプト勤務時代・野口が小学生の頃に離婚。その後、両親は共に再婚しており、父親の再婚相手が育ての母親である[55]。父親と実母との間には兄が一人いる。
  • 父の野口雅昭会津若松出身で、エジプト公使、イタリア公使、イエメン大使、シドニー総領事、チュニジア大使などを務めた元外交官。政府開発援助(ODA)に取り組み、「物事について表面的なA面ではなく、努力しないと見えてこないB面を見ろ」と野口に教えてきた。シェルパ基金は野口が「ヒマラヤのB面を見た結果」であるとのこと[56]
  • 実母の野口モナ(旧姓:タドロス)はヘリオポリス出身。エジプトとレバノンのハーフでエジプトでは少数派のコプト教徒であった父親とトルコ出身でギリシアとフランスのハーフであった母親との間に生まれており、四カ国のクォーターとなる[57]。仕事人間の野口の父親とは合わずに離婚となった後、再婚相手とも離婚して貧窮したため異父弟妹が大学を出るまで仕送りをしたことを野口が言及している[58]。その後実母はカナダに移住。2007年にテレビ朝日系列「グレートマザー物語」の企画で1度来日している[59][60]
  • 継母は、父親と二人暮らしの家庭に秩序とマナーをもたらし野口を再教育した。野口がエベレスト登頂に2度失敗し、3度目の挑戦のベースキャンプに「いつまでも登れないようではダメ。ダラダラと挑戦していたらあなたはエベレストのストーカーです。決着をつけてきなさい」という手紙を送っている[61]
  • 祖父の野口省己陸軍大学出身で太平洋戦争時、インパール作戦等の陸軍参謀だった。昭和18年の出征からインパール作戦の失敗、敗走について、著書「回想ビルマ作戦―第三十三軍参謀痛恨の手記」 (光人社NF文庫) に書き残している。

主な登山歴[編集]

  • 1990年 8月(16歳) モンブラン (4,810m)登頂(ヨーロッパ大陸)
  • 1990年12月(17歳) キリマンジャロ (5,895m)登頂(アフリカ大陸)
  • 1992年 9月(19歳) コジアスコ (2,228m)登頂(オーストラリア大陸)
  • 1992年12月(19歳) アコンカグア (6,960m)登頂(南米大陸)
  • 1993年 6月(19歳) マッキンリー (6,168m)登頂(北米大陸)
  • 1994年12月(21歳) ヴィンソン・マシフ (4,892m)登頂(南極大陸)
  • 1996年 1月(22歳) エルブルス (4,892m)登頂(ヨーロッパ大陸、ロシア)
  • 1996年9月(23歳) チョ・オユー (8,201m)登頂[62]
  • 1999年 5月(25歳) エベレスト (8,844m)登頂(アジア大陸)ネパール側 - 七大陸最高峰登頂の世界最年少記録樹立(当時)
  • 2007年 5月(33歳) エベレスト (8,844m)登頂(清掃登山)チベット側 [63]- ネパール、チベットの両方からの登頂成功者は日本人8人目。

主な出演番組[編集]

山岳ドキュメンタリー番組[編集]

ニュース番組[編集]

  • MBSナウ毎日放送
    • 『20歳の南極(前・後編)』(1995年1月5・6日)
    • 『遥かなりエベレスト(前・後編)』(1995年4月27・28日)
    • 『エルブルースの絆』(1995年10月21日)
    • 『友人ナティーの死(前・後編)』(1995年12月14・15日)
    • 『エルブルースの絆2』(1996年2月10日
    • 『友人ナティーの魂(前・後編)』(1996年5月3・4日)
    • 『チョーユー』(1996年11月30日)
    • 『汚された最高峰〜チョモランマの知られざる現実』(1996年10月10日)
    • 『野口健さん、世界7大陸最高峰制覇!喜びの現地報告』(1999年5月17日)
    • 『野口健の新たな挑戦〜チョモランマ清掃登山』(2000年6月7日)
  • 筑紫哲也ニュース23『ヒマラヤ大雪崩から半年、遺品を回収』(TBS系列・毎日放送制作、1996年5月10日)
  • スペースJ『友人ナティーの死』(TBS系列・毎日放送制作、1996年5月22日)
  • VOICE(毎日放送)
    • 『野口健、最後のチョモランマ清掃登山へ』(2003年4月10日)
    • 『野口健、決死の清掃登山〜チョモランマ』(2003年7月1日)
    • 『野口健、最後のチョモランマ』(2007年6月29日)

バラエティー番組、その他[編集]

ほか多数

CM[編集]

著作[編集]

単行本[編集]

  • 大冒険術―ぼくらはなぜ世界に挑むのか(2000年5月、文藝春秋) – 白石康次郎との共著
  • 100万回のコンチクショー(2002年2月1日、集英社) – 2004年に文庫化
  • 落ちこぼれてエベレスト(2003年1月1日、集英社)
  • あきらめないこと、それが冒険だ―エベレストに登るのも冒険、ゴミ拾いも冒険! (2006年6月1日、学習研究社)
  • 中学生のためのショート・ストーリーズ 2 (2) パックンマックンが選ぶ旅と冒険の話集(2007年2月、学研プラス) – パックンマックンとの共著
  • 確かに生きる―10代へのメッセージ (2007年7月22日、クリタ舎)
  • 100 Remains―登山家、野口健が山で集めたゴミ。美術家、田中朝子が集めた野口健の言葉。(2008年2月、ごま書房) – 田中朝子との共著
  • 富士山を汚すのは誰か ――清掃登山と環境問題 (角川oneテーマ21) (2008年5月10日、角川グループパブリッシング
  • 自然と国家と人間と(2009年2月、日本経済新聞出版社
  • 確かに生きる―落ちこぼれたら這い上がればいい(2009年6月26日、集英社)
  • それでも僕は現場に行く(2011年6月22日、PHP研究所
  • 世界遺産にされて富士山は泣いている(2014年6月14日、PHP研究所)

写真集[編集]

  • 写真集 野口健が見た世界 INTO the WORLD(2013年7月5日、集英社インターナショナル)
  • 写真集 ヒマラヤに捧ぐ(2016年2月15日、集英社インターナショナル)
  • 震災が起きた後で死なないために 「避難所にテント村」という選択肢 (2017年4月14日、PHP研究所)

社会貢献活動[編集]

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 同記録は2年後の2001年に、当時23歳の石川直樹によって更新され、さらには2011年に15歳のアメリカ人ジョーダン・ロメロ英語版が更新した。
  2. ^ 登山家の服部文祥は、アルピニストはアルピニズムに基き困難なスタイルで登山を行う者のことを意味し、野口の登山スタイルである大規模な遠征隊・固定ロープ・一般ルートといった手法がアルパインスタイルの対極にあることから、野口のことをアルピニストとは言えないと評している。[44]。「山と渓谷」2014年2月号に類似の指摘がある。

参考資料[編集]

  1. ^ “団体概要” (日本語). 団体概要. http://peak-aid.or.jp/about/ 2018年5月28日閲覧。 
  2. ^ 野口健氏 | 亜細亜大学”. www.asia-u.ac.jp. 2018年5月29日閲覧。
  3. ^ 平成29年度 新入生対象 野口健客員教授による特別講義及び新入生交流会について(ご案内) | 了徳寺大学” (日本語). www.ryotokuji-u.ac.jp. 2018年5月29日閲覧。
  4. ^ 整形外科 | 教室 | 徳島大学整形外科” (日本語). www.utokushima-orthop.com. 2018年5月29日閲覧。
  5. ^ “asahi.com(朝日新聞社):アルピニスト・野口健のおやじ 雅昭さん:2 山は自分をアピールする手段 - 天才の育て方 - 教育”. archive.is. (2018年6月5日). http://archive.is/PyRtv 2018年6月6日閲覧。 
  6. ^ No.25 野口健さん(アルピニスト)[第1章【13歳のハローワーク公式サイト】]” (日本語). 13歳のハローワーク公式サイト(13hw) -中高生のための…未来のヒントに出会う場所。-. 2018年6月25日閲覧。
  7. ^ 野口健公式ページならびにブログ・2008年2月13日 http://www.noguchi-ken.com/M/2008/02/51036231.html
  8. ^ “2000年エベレスト清掃登山|ブログ” (日本語). ブログ. http://www.noguchi-ken.com/M/Mountain/2000-Everest/ 2018年6月6日閲覧。 
  9. ^ “2001年エベレスト清掃登山|ブログ” (日本語). ブログ. http://www.noguchi-ken.com/M/Mountain/2001-Everest/ 2018年6月6日閲覧。 
  10. ^ “2002年エベレスト清掃登山|ブログ” (日本語). ブログ. http://www.noguchi-ken.com/M/Mountain/2002-Everest/ 2018年6月6日閲覧。 
  11. ^ “2003年エベレスト清掃登山|ブログ” (日本語). ブログ. http://www.noguchi-ken.com/M/Mountain/2003-Everest/ 2018年6月6日閲覧。 
  12. ^ “2007年エベレスト清掃登山|ブログ” (日本語). ブログ. http://www.noguchi-ken.com/M/Mountain/2007-Everest/ 2018年6月6日閲覧。 
  13. ^ “2008年エベレスト清掃登山|ブログ” (日本語). ブログ. http://www.noguchi-ken.com/M/Mountain/2008-Everest/ 2018年6月6日閲覧。 
  14. ^ “2011年エベレスト清掃登山|ブログ” (日本語). ブログ. http://www.noguchi-ken.com/M/Mountain/2011-Everest/ 2018年6月6日閲覧。 
  15. ^ “2006年マナスル清掃登山|ブログ” (日本語). ブログ. http://www.noguchi-ken.com/M/Mountain/2006-Manaslu/ 2018年6月6日閲覧。 
  16. ^ “2009年マナスル清掃登山|ブログ” (日本語). ブログ. http://www.noguchi-ken.com/M/Mountain/2009-Manaslu/ 2018年6月6日閲覧。 
  17. ^ “富士山清掃|ブログ” (日本語). ブログ. http://www.noguchi-ken.com/M/Measure/Fuji-cleanup/ 2018年6月6日閲覧。 
  18. ^ コスモ アースコンシャス アクト” (日本語). www.tfm.co.jp. 2018年6月6日閲覧。
  19. ^ “シェルパ基金設立の理由|野口健公式ウェブサイト” (日本語). 野口健公式ウェブサイト. http://www.noguchi-ken.com/M/2000/01/post-7.html 2018年6月6日閲覧。 
  20. ^ “登山家の野口氏が出馬検討 来年の参院選、自民公認で”. 共同通信社. 47NEWS. (2003年12月10日). http://www.47news.jp/CN/200312/CN2003121001000496.html 2013年6月26日閲覧。 
  21. ^ “マナスル基金設立|野口健公式ウェブサイト” (日本語). 野口健公式ウェブサイト. http://www.noguchi-ken.com/M/2006/12/50775559.html 2018年6月6日閲覧。 
  22. ^ “野口健さんに安吾賞 特別賞はベンクスさん”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年11月20日). http://www.47news.jp/CN/200711/CN2007112001000827.html 2013年6月26日閲覧。 
  23. ^ “野口健さんに植村冒険賞 エベレストで「清掃登山」”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年2月12日). http://www.47news.jp/CN/200802/CN2008021201000481.html 2013年6月26日閲覧。 
  24. ^ 野口健、笹幸恵なぜ30代の私たちが戦没者の遺骨収容に取り組むのか=野口健×笹幸恵」、『SAPIO』第21巻第20号、小学館2009年11月25日2010年5月26日閲覧。
  25. ^ 理事辞任のブログ記事
  26. ^ アルピニスト 野口健さん 千葉県環境大使に就任/全国知事会ホームページ” (日本語). www.nga.gr.jp. 2018年6月25日閲覧。
  27. ^ “野口健環境学校” (日本語). 総社市ホームページ. http://www.city.soja.okayama.jp/kankyo/kurashi/gomi_recycle/gomisyuusyuu/nogutiken_kankyou_gakkou.html 2018年6月6日閲覧。 
  28. ^ “ヒマラヤに学校をつくろうプロジェクトについて” (日本語). ピークエイド. http://peak-aid.or.jp/action/manaslu-school.html 2018年6月6日閲覧。 
  29. ^ “ご遺骨収集で抱いた「日本人としての誇り」” (日本語). https://shuchi.php.co.jp/article/868 2018年5月28日閲覧。 
  30. ^ “空援隊を去るにあたり|野口健公式ウェブサイト” (日本語). 野口健公式ウェブサイト. http://www.noguchi-ken.com/M/2010/05/51470217.html 2018年5月28日閲覧。 
  31. ^ “そうじゃ応援メッセージ21” (日本語). 総社市ホームページ. http://www.city.soja.okayama.jp/siseizyouhouka/sisei/kouhou_kouchou/soja_doga/soja_ouen/soja_ouen_21.html 2018年6月6日閲覧。 
  32. ^ ランドローバー、アルピニスト野口 健(のぐち けん)氏をアンバサダーに任命”. ジャガー・ランドローバー・ジャパン. 2018年6月25日閲覧。
  33. ^ “産経新聞連載「ベースキャンプを襲った雪崩と爆風」|野口健公式ウェブサイト” (日本語). 野口健公式ウェブサイト. http://www.noguchi-ken.com/M/2015/04/post-645.html 2018年6月6日閲覧。 
  34. ^ 安藤忠雄文化財団賞 ブログ 野口健公式ウェブサイト2015/07/16
  35. ^ ネパール子ども病院:毎日新聞東京社会事業団” (日本語). www.mainichi.co.jp. 2018年6月6日閲覧。
  36. ^ “なぜ、熊本の被災地にテント村を作ったのか?―登山家・野口健氏の仕事論 - リクナビNEXTジャーナル” (日本語). リクナビNEXTジャーナル. (2017年5月22日). https://next.rikunabi.com/journal/20170522_p1/ 2018年6月6日閲覧。 
  37. ^ “登山家野口健さんのNPOと協定 総社市、被災地テント村開設協力” (日本語). 山陽新聞デジタル|さんデジ. http://www.sanyonews.jp/article/520760 2018年6月6日閲覧。 
  38. ^ “三菱自動車、アルピニスト野口健氏がアンバサダーに就任…アウトランダーPHEV贈呈 | レスポンス(Response.jp)” (日本語). レスポンス(Response.jp). https://response.jp/article/2017/06/21/296423.html 2018年6月6日閲覧。 
  39. ^ “きょう世界環境デー:野口健さん、マナスルで初の植林 - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20180605/ddm/010/040/163000c 2018年6月25日閲覧。 
  40. ^ “ヒマラヤに森をつくろうプロジェクトについて” (日本語). ピークエイド. http://peak-aid.or.jp/action/manaslu-forest.html 2018年6月6日閲覧。 
  41. ^ “エベレストが教えてくれた夢と現実。 アルピニスト野口健さん×女性登山家二ムドマ・シェルパさんが今、伝えたいこと。” (日本語). VOGUE JAPAN. (2013年7月19日). https://www.vogue.co.jp/celebrity/interview/2013-07-19 2018年6月25日閲覧。 
  42. ^ No.25 野口健さん(アルピニスト)[第2章【13歳のハローワーク公式サイト】]” (日本語). 13歳のハローワーク公式サイト(13hw) -中高生のための…未来のヒントに出会う場所。-. 2018年6月25日閲覧。
  43. ^ 野口健インタビュー J-Wave
  44. ^ 「ZAITEN」2014年10月号、財界展望新社、p72
  45. ^ No.25 野口健さん(アルピニスト)[第3章【13歳のハローワーク公式サイト】]” (日本語). 13歳のハローワーク公式サイト(13hw) -中高生のための…未来のヒントに出会う場所。-. 2018年6月25日閲覧。
  46. ^ 公式ブログ チベットに自由と正義を~人権問題に国境はない~
  47. ^ 公式ブログ 選挙結果についての思い
  48. ^ 09.22 アルピニストと環境相の関係 NEWS PROJECT
  49. ^ “ヘリ使ったイモトのマッターホルン登頂SPに野口健が苦言 「テレビはそこまでやるんだね」”. RBB TODAY. (2012年10月1日). http://www.rbbtoday.com/article/2012/10/01/95185.html 2015年1月27日閲覧。 「えっ、ヘリを使っていましたか(笑)。遭難、または体調不良がなければ通常では考えにくい選択肢。」「僕ならば登山は中止します。ガイドの判断だとするならばスイスでの登山はそれが一般的なのかもしれませんが。」「個人的な考え方ですが、山登りというものは自力で下山するところまでが山登り。」「エベレストはまだ早いんじゃないかな。」とツイッターで述べた。その後、イモトはマナスル(8163m、死亡率17.85%)登頂に成功し自力で下山している。
  50. ^ “アルピニスト・野口健氏がイモトアヤコのエベレスト断念に本音 - ライブドアニュース” (日本語). ライブドアニュース. http://news.livedoor.com/article/detail/9200553/ 2018年6月26日閲覧。 
  51. ^ talk! talk! talk!(Beginning 出会い):アルピニスト・野口健さん | ニコンイメージング” (日本語). www.nikon-image.com. 2018年6月6日閲覧。
  52. ^ 野口健著「落ちこぼれてエベレスト」
  53. ^ “結婚のご報告!|野口健公式ウェブサイト” (日本語). 野口健公式ウェブサイト. http://www.noguchi-ken.com/M/2003/08/post-170.html 2018年6月3日閲覧。 
  54. ^ “赤ちゃんが生まれました!! 野口絵子ちゃん|野口健公式ウェブサイト” (日本語). 野口健公式ウェブサイト. http://www.noguchi-ken.com/NEWS/post-301.html 2018年6月3日閲覧。 
  55. ^ “母が永眠されました。|野口健公式ウェブサイト” (日本語). 野口健公式ウェブサイト. http://www.noguchi-ken.com/M/2006/11/50759378.html 2018年6月3日閲覧。 
  56. ^ “登山家 野口健さん” (日本語). 日本経済新聞 電子版. https://www.nikkei.com/article/DGKDZO59002520X20C13A8NNSP00/ 2018年6月4日閲覧。 
  57. ^ 「確かに生きる―落ちこぼれたら這い上がればいい」(集英社文庫) (2009/6/26). 野口健. 
  58. ^ “登山家 野口健さん” (日本語). 日本経済新聞 電子版. https://www.nikkei.com/article/DGKDZO59002520X20C13A8NNSP00/ 2018年6月3日閲覧。 
  59. ^ “野口モナ来日|野口健公式ウェブサイト” (日本語). 野口健公式ウェブサイト. http://www.noguchi-ken.com/M/2007/01/50815587.html 2018年6月3日閲覧。 
  60. ^ “母ちゃん、帰国。|野口健公式ウェブサイト” (日本語). 野口健公式ウェブサイト. http://www.noguchi-ken.com/M/2007/02/50822412.html 2018年6月3日閲覧。 
  61. ^ “お母さん、ありがとう|野口健公式ウェブサイト” (日本語). 野口健公式ウェブサイト. http://www.noguchi-ken.com/M/2006/12/post-266.html 2018年6月4日閲覧。 
  62. ^ 公益社団法人日本山岳会 8000m峰登頂者リスト”. 2018年6月4日閲覧。
  63. ^ 日本人のエベレスト登頂者” (日本語). www.everest.co.jp. 2018年6月4日閲覧。

野口本人の著書[編集]

その他の資料[編集]

外部リンク[編集]