アコンカグア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アコンカグア
Aconcagua 13.JPG
アコンカグア(2004年11月撮影)
標高 6,960.8 m
所在地 アルゼンチンの旗 アルゼンチン メンドーサ
位置 南緯32度39分20秒
西経70度00分57秒
座標: 南緯32度39分20秒 西経70度00分57秒
山系 アンデス山脈
初登頂 マティアス・ツールブリッゲン(スイス)
アコンカグアの位置(アルゼンチン内)
アコンカグア
アコンカグア
アコンカグアの位置(アルゼンチン
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

アコンカグア(Aconcagua)は、アンデス山脈にある南米最高峰のである。標高 6,960.8 m[1][2]。またアジア以外の大陸での最高峰でもある。アルゼンチンチリとの国境付近のアルゼンチン側にある。

初登頂は、1897年1月14日、スイス人ガイドのマティアス・ツールブリッゲンによるものである。1953年1月26日、早稲田大学遠征隊が日本人初登頂を果たした。1968年2月に植村直己が登頂し、下山時に登頂した隣の処女峰(5,700 m)が、後日「明治峰」と命名された。

登頂ルート[編集]

  • 北西面ルート(ノーマルルート)
  • 北東面ルート(ポーランドルート)
  • 南壁ルート

毎年3500人以上が入山する。およそ80パーセントがノーマルルートを登り、15パーセントがポーランド・トラバースルート(北東面から途中でノーマルルートに移る)を登る[3]。この2つのルートは氷壁登攀等の高度な登山技術が必要とされないため、難易度は低いとされている。ただし高度順応が上手くいかなかったり、ビエント・ブランコ(白い嵐)と呼ばれるアンデス地方特有の悪天候に見舞われると行動困難に陥るため、実際の登頂成功率は入山者の3割ほどとされている。

南壁を登るルートは技術的に難しい。

登頂歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Informe científico que estudia el Aconcagua: el Coloso de América mide 6.960,8 metros - Universidad Nacional de Cuyo
  2. ^ 1956年のブエノスアイレス大学の調査では6,959.6mであった。かつては6,962mや6,952mとの文献もあった。
  3. ^ ginethsoto.com Aconcagua
  4. ^ Where in the World Did Karl Egloff Come From? outsideonline.com 2015年3月5日
  5. ^ Swiss-Ecuadorian breaks Jornet’s Aconcagua record Canadian Running Magazine 2015年2月23日

関連項目[編集]