カラマツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カラマツ
Larix leptolepis2.JPG
カラマツ (赤石山脈北沢峠
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 植物界 Plantae
: 裸子植物門 Pinophyta
: マツ綱 Pinopsida
: マツ目 Pinales
: マツ科 Pinaceae
: カラマツ属 Larix
: カラマツ L. kaempferi
学名
Larix kaempferi (Lamb.) Carrière[1][2]
シノニム

Larix leptolepis (Sieb. et Zucc.) Gordon[3]

和名
カラマツ、フジマツ、ラクヨウショウ[2][4]
英名
Japanese Larch
品種
  • f. pendula (Sugim.) Yonek. シダレカラマツ[5]
  • f. rubescens (Inokuma) T.Shimizu アカミカラマツ[6]

カラマツ(落葉松、唐松、学名Larix kaempferi)は、マツ科カラマツ属落葉針葉樹日本固有種[1]

分布[編集]

天然分布地は限られる。天然林は長野県内を中心に浅間山草津白根山八ヶ岳甲武信ケ岳などの各山々の周辺、また飛騨山脈木曽山脈赤石山脈などの日本アルプス周辺などで見つかっている。長野県から離れたところでは栃木県の奥日光周辺、富士山周辺でも確認されている。また、遠く離れた宮城県山形県境の蔵王の馬ノ神岳でもごく少数の集団が見つかっている。このような分布を示すのは元々ユーラシア大陸東部に分布していたカラマツ属が氷河期の海面低下時に日本列島に分布を広げたが、温暖化と共に分布を狭め山岳地帯に取り残されたという高山植物のような説が取られることが多い。遺伝子は長野県などの主要産地のものが多様性が高く、隔離分布する蔵王のものは多様性が低い[7]ほか、産地間による形質の差も見られるという[8][9][10][11]。特に蔵王の個体群については、葉の色がやや濃色であることや球果の種鱗数が少ないといった形態的特徴から東北地方から北海道からシベリアにかけて分布する同属のグイマツ(Larix gmelinii)に近いのではとする意見もあった。東北地方でもグイマツの化石はしばしば見つかることから遺存種かと注目されたが[12]、遺伝子解析の結果では否定されカラマツの変種レベルの差異に留まるという[7]。なお、東北地方においては化石だけの発見に留まり絶滅されたと見られていた植物が再発見された例では、マツ科トウヒ属アカエゾマツPicea glehnii)の事例がある。これは現代では北海道にしか分布しないと思われていたが、岩手県の早池峰山周辺に少数の生体が現存することが発見されたものである。

形態 [編集]

樹形は環境によって左右されるが、一般にクリスマスツリー状からやや細長い円錐形。樹高は最大40m、胸高直径1m程度に達する。枝は同じ高さから四方八方に伸ばす(輪生)。樹皮は灰色でうろこ状に薄く割れる。

枝は同じマツ科のマツ属Pinus)及びヒマラヤスギ属Cedrus)などと同じく、長枝と短枝の2種類を持つ(枝の二形性などという)。長枝は私たちが枝として認識するものであり、短枝は葉の付け根にある数mmのごく短い枝である。葉は針状で長枝ではなく、そこから分岐した短枝の先端に多数(20枚~40枚程度)が束生するのを基本とするが、枝先の若い長枝に限り直接葉を付ける。この点が若い枝でも短枝にしか葉を付けないマツ属と異なっている。葉の付き方は同じマツ科のモミ属ヒノキ科のスギなどと比べて粗雑な印象を受ける個体が多い。

雌雄同株で同じ株の中に雄花と雌花の2種類の花を付ける。色は緑色。花粉の伝達は風媒され、受粉後数か月で熟す。球果はマツ属のものとよく似ており、多数の鱗片状の構造から成る。マツ属の球果の鱗片には肥大部分(英:umbo)があり突起状に発達するのに対し、カラマツを含むカラマツ属の球果は発達せずに平滑である。種子は翼を持つ。

生態[編集]

カラマツは常緑のものが多いマツ科針葉樹では珍しく落葉樹であり秋には葉が黄葉する。これは日本産の針葉樹では唯一[13]。であり、他に著名な落葉樹であるメタセコイアMetasequoia glyptostroboidesヒノキ科)は中国原産、ラクウショウTaxodium distichum、ヒノキ科)はアメリカ原産である。

日本の高山地帯においてはマツ科マツ属のハイマツPinus pumila)やマツ科モミ属のシラビソオオシラビソなどが優先していることが多いが、例外的に富士山においてはハイマツではなく、カラマツがハイマツ状の低木となって森林限界付近に分布するという特異な状況で知られる[14]。このような状況になるのはハイマツが分布しないことに加え、森林限界以降の領域で発生した雪崩や落石により成長途上の個体や群落が被害を受け十分に成長できないことで低木化するのではという見方がある[15] 。富士山において荒廃地にカラマツ林が成林するためにはイタドリがあるのが好ましく[16] 、さらに成立したカラマツ林の林床でダケカンバなどが生育する[17]ことで遷移が進んでいくと考えられている。ただし、カラマツとカバノキ属Betula)との混交についてはほとんど見られず、極相種であるモミ属Abies)が混交するという浅間山での報告[18]のほか、遷移ではなく地形的な条件による住み分けであるとする奥日光の湿原地帯における報告[19]もあり場所によって異なる。

カラマツおよびカラマツ属では他のマツ科針葉樹と同じく、菌類と樹木のが共生して菌根を形成している。樹木にとっては菌根を形成することによって菌類が作り出す有機酸や抗生物質による栄養分の吸収促進や病原微生物の駆除等の利点があり、菌類にとっては樹木の光合成で合成された産物の一部を分けてもらうことができるという相利共生の関係があると考えられている。菌類の子実体は人間がキノコとして認識できる大きさに育つものが多く、中には食用にできるものもある。土壌中には菌根から菌糸を通して、同種他個体や他種植物に繋がる広大なネットワークが存在すると考えられている[20][21][22][23][24][25]

カラマツは葉を比較的疎らに付けるため、カラマツを主体とする林内は明るい。カラマツ林ではしばしば落ち葉が厚く堆積する。実際にカラマツ落葉の分解速度は広葉樹林と比べても遅いという[26]林内が明るいものの林床の植生の発達が悪いことがしばしばみられることから、カラマツには何らかのアレロパシーがあると見られている[27]フェノール類に着目した研究では降雨時のカラマツ樹幹を流れるフェノール類はアレロパシーを起こすのに十分な濃度だという報告がある[28]

シベリアにおける近縁種グイマツの例では、永久凍土によって根を伸ばせるのは地中20㎝程度まで、春先の融雪による過湿、夏場及び冬場の乾燥、低温によるアルカリ性の土壌などの厳しい条件のもと、直径数cmのグイマツが1ha辺り1万本もの高密度で生えているという林分があるという[29]。なお、カラマツはグイマツに比べて過湿には弱いという[30]

人間との関係[編集]

日本においてカラマツはヒノキ科のヒノキChamaecyparis obtusa)、マツ科マツ属のアカマツPins densiflora)と並び、斜面上部や尾根沿いに造林するときに植栽候補となりやすい樹種の一つである。ヒノキは高級木材として知られるが、寒冷地では漏脂病にかかりやすく高品質の木材を生産することが難しいうえに成長も比較的遅い。アカマツは寒冷地にも比較的強く、生長がはやいが樹形が暴れやすい。また、国内で流行している致死性の伝染病であるマツ材線虫病 (pine wilt)に弱いという欠点がある。これに対しカラマツは寒冷地に強く、樹形が安定し製材時の歩留まりがよく、成長も速いなどの各種利点があることから、東北や北海道といった高緯度地域、原産地でもあり標高の高い高原地帯が多い長野県などを中心に盛んに造林されてきた。

木材[編集]

カラマツを含むカラマツ属(Larix)の木材はマツ科針葉樹内ではマツ属(Pinus)と並び強度の高い木材の高い木材であるとされるが、樹脂(いわゆる松脂)の多さや樹幹が捻じれながら成長し木材に独特の螺旋模様が現れる旋回木理という現象が現れやすいことで知られる。このため乾燥時に狂いや捻じれが生じやすく、明治から昭和にかけての大規模造林時代には、無垢の柱として使える鉱山の坑道を支える坑木電柱としての使用が主な用途として想定されていたという

カラマツは、森林を造林する際に用いる樹木として重要な種であるとされていた。

北海道では、明治30年代(1897年~)から本格的なカラマツの造林が始まった。折しも当時の北海道は、大規模な山火事が各所で頻発。明治39年1906年)から大正4年1915年)の10年間だけでも約48万haが焼失[31] しており、育苗が簡単で成長が速いカラマツの特徴が認められ、被災跡地や無立木地に一斉造林が盛んに行われた。大正12年1923年)の例では、全道で約1万haの植栽が行われたが、そのほとんどはカラマツであった。こうしたカラマツの造林は、第二次世界大戦後の中断を挟んで昭和30年代後半まで、年間2~4万haの規模で行われている[32]。昭和30年代後半以降には、エネルギー利用の変化から薪炭需要に陰りが見えると、雑木中心の薪炭林などを皆伐して用材向けのカラマツへ樹種転換する拡大造林も行われた[33]

また、長野県でも根づきやすく成長が速いことから戦後大規模な植林が行われ、造林面積の約50%がカラマツ林となった[34]。このように各地で造林に用いられたため、場所によってはその地域のカラマツが自生していたものであるのかが不明である場合もある[4]。材は硬く丈夫であるが、螺旋状に繊維が育つため乾燥後に割れや狂いが出やすく、板材としては使いにくい材料である[34] が、現在は構造用合板やLVLに加工され、木造建築で幅広く用いられている。電柱、枕木、橋梁などの土木素材として使われる他[13]、建築材、船舶材、バルブ原木の材料としても用いられている[13]

その他、盆栽の材料としても広く利用される[35]尾瀬では遊歩道の木道に用いられている[34]

2010年代に入り、北海道立総合研究機構森林研究本部林産試験場が新たに開発した「コアドライ」と呼ばれる乾燥技術を用いることにより、従来問題とされていた乾燥後の割れ・狂い等を大幅に減少させることができるようになり、従来不向きとされていた建築用構造材への適用が有望視されるようになっている[36]2018年竣工の当麻町役場新庁舎では、「コアドライ」を用いたカラマツ材を構造材として全面的に採用している[36]

全国的にも、2020年東京オリンピック会場である国立競技場の大屋根に使用され、用途が拡大しつつある[37]

食料・薬用[編集]

カラマツを直接食べるという方法は知られていないが、カラマツと菌根を形成し栄養をやり取りするキノコを食べるということは間接的にカラマツを食べているともいえ、カラマツ林はこれらの菌根性キノコを栽培する場所ともいえる。

カラマツの造林面積が多い長野県や東北・北海道地方や欧米では特にハナイグチSuillus grevillei、ヌメリイグチ科古くはイグチ科)というキノコ有名である。この種はほかのキノコと見分けやすく紛らわしい有毒種が知られていないこと、まとまった収量が見込めること、味が良いことなどが人々に評価されており、国内ではジコボウ・リコボウ・ラクヨウなどの多彩な方言名で親しまれている。ほかにシロヌメリイグチ(Suillus viscidus、ヌメリイグチ科)などもカラマツ林に生える食用種として知られる。

グイマツとの雑種[編集]

雌親をグイマツ、雄親をカラマツとした雑種が両者の長所を受け継ぐことが分かり、苗木の特性の研究が進められてきた。カラマツは成長が速いが野ネズミの食害を受けやすい欠点があった。これに対しグイマツは野ネズミの食害は受けづらいが成長が遅い。雑種は野ネズミの食害を受けにくく成長も速いとされている。雑種は野ネズミへの耐性向上だけでなく、過湿耐性の向上[30]、気象災害への耐性向上、樹形や旋回木理[38] も改善するという。このような点から自然に枯死する確率が低くなるので、今までより低密度の植栽が可能となり各種造林作業の省力化などが見込まれている。今後はコンテナ苗生産などとの連携も考えらている[39]

この雑種の研究はカラマツ、グイマツともに天然分布しない北海道において特に研究が進んだ。同じような例はマツ属の一種ラジアータマツ(Pinus radiata)でも知られる。アメリカ原産のこのマツは原産地では品種改良もされず林業用の樹種としては見られていないが、移入先のニュージーランドでは徹底した品種改良の上で同国の主力の樹種として扱われている。

名前と分類[編集]

カラマツという名前は一説には中国(かつてという国があった)で描かれた針葉樹に似ているから唐松とされたという[13]。中国においてカラマツ属(Larix、現地名:落葉松属)樹木は東北部に分布するほか、形態的によく似ているがカラマツ属ではないイヌカラマツ(Pseudolarix amabilis、現地名:金銭松)が南東部から中部にかけて分布しているが、「唐で描かれた松」がどちらを指すのかはよく分かっていない。落葉松は当て字であるが冬に落葉するという生態的な特徴から来ており、前述のように中国名でもこう呼ばれている。学名の種小名kaempferiエンゲルベルト・ケンペル(Engelbert Kämpfer、1651-1716)への献名である。

和名の語尾にマツと付くことからしばしば誤解されるがアカマツPinus densiflora)やゴヨウマツPinus parviflora)が所属するマツ属(学名:Pinus)はカラマツが属するカラマツ属(Larix)とは同じマツ科ではあるが別属である。葉の付き方が大きく異なり、またマツ属が常緑なのに対しカラマツ属は冬季に落葉する。球果の形状は両者似ているがマツ属の球果は鱗片に突起が発達する。ちなみにトドマツAbies sachalinensis)とエゾマツPicea jezoensis)という和名を持つ樹木もあるが、それぞれモミ属Abies)とトウヒ属Picea)に属しマツでもカラマツでもない。


病害・食害[編集]

イギリスデヴォンコーンウォールなどで、エキビョウキンの一種であるカシ突然枯死病菌 Phytophthora ramorum によるカラマツの枯死が初めて発見された。この病原菌はブナ科樹木などに感染し、アメリカでは1995年以降に、この病原菌によるカシ類の突然死が発生して大きな問題となっている[40]

苗木-幼齢木にかけては、動物による食害に遭いやすい。日本ではノネズミの被害が著しかった時期があり、「カラマツ造林は、ネズミのエサを山に植えているようなもの。」という林家もいた。今日では、必要に応じて殺鼠剤の利用が行われている[33]

保全状況評価[編集]

LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))[1]

Status iucn3.1 LC.svg

IUCNレッドリストでは、1998年版で軽度懸念(Lower Risk/least concern)、2013年にも軽度懸念(Least Concern)と評価されている[1]

日本の環境省レッドリストには掲載されていない[41]宮城県の要注目種、新潟県地域個体群 (LP) に掲載されている[42]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e Katsuki, T. & Luscombe, D (2013). Larix kaempferi. The IUCN Red List of Threatened Species 2013: e.T42312A2971556. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2013-1.RLTS.T42312A2971556.en. Downloaded on 21 October 2018.
  2. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList) - カラマツ(2011年9月5日閲覧)
  3. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList) - カラマツ synonym (2011年9月5日閲覧)
  4. ^ a b 佐竹義輔原寛亘理俊次冨成忠夫『フィールド版 日本の野生植物 木本』(1993年、平凡社)p.3-4
  5. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList) - シダレカラマツ(2011年9月5日閲覧)
  6. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList) - アカミカラマツ(2011年9月5日閲覧)
  7. ^ a b 白石進・磯田圭哉・渡辺敦史・河崎久男, (1996) 蔵王山系馬ノ神岳に生存するカラマツのDNA分類学的解析. 日本林学会誌 78(2), pp175-182. doi:10.11519/jjfs1953.78.2_175
  8. ^ 永光輝義・戸丸信弘, (2015)特集「カラマツの遺伝育種学の進展と育種の展望」 カラマツ天然林の遺伝的変異. 森林遺伝育種4(4), pp148-152. doi:10.32135/fgtb.4.4_148
  9. ^ 長坂壽俊・吉村研介・明石孝輝・荒井国幸・山本千秋, (2011) カラマツ産地試験の長野県内試験地における産地の特性評価と地域区分. 日本林学会誌93(4), pp179-186. doi:10.4005/jjfs.93.179
  10. ^ 岡田滋・森俊人・酒井昭・倉橋昭夫, (1970) 20産地からのニホンカラマツの冬の耐凍性の差. 日本林学会誌52(12), pp377-379. doi:10.11519/jjfs1953.52.12_377
  11. ^ 三上進・長坂寿俊. (1974) カラマツの繊維傾斜度とタネの産地. 日本林学会誌56(6), pp 228-230. doi:10.11519/jjfs1953.56.6_228
  12. ^ 矢野牧夫, (1994) 、日本列島北限「カラマツ」球果の変異とその古植物学的意味. 第4紀研究33(2), pp95-105.doi:10.4116/jaqua.33.95
  13. ^ a b c d 岡本省吾「樹木」(保育社・エコロン自然シリーズ) ISBN 4-586-32112-1 ・6頁
  14. ^ 斎藤全生, (1980) 富士山の森林限界付近の植生. 芝草研究9(1), pp5-12. doi:10.11275/turfgrass1972.9.5
  15. ^ 岡秀一・大賀宣彦・菅野洋光, (1992)富士山北西斜面七太郎尾根におけるカラマツ低木林の成立と斜面形成. 第四紀研究31(4), pp213-220. doi:10.4116/jaqua.31.213
  16. ^ 南佳典・渡邊功, (2007)富士山亜高山帯雪崩撹乱跡地におけるイタドリの分布様式とカラマツ実生の定着に対するナースプラントとしての機能. 日本林学会誌89(3), pp183-189. doi:10.4005/jjfs.89.183
  17. ^ 田中厚志・斉藤良充・山村靖夫・中野隆志,(2004)富士山亜高山帯林の発達過程. 日本生態学会大会講演要旨集51. doi:10.14848/esj.ESJ51.0.442.0
  18. ^ 前田禎三・浅沼晟吾・ 谷本丈夫 (1978) 浅間山のカラマツ天然林の植生と遷移. 森林立地19(2), pp1-9. doi:10.18922/jjfe.19.2_1
  19. ^ 尾方隆幸 (2003) 奥日光戦場ヶ原の扇状地扇端付近における湿原の縮小と地表面プロセス. 地理学評論76(14), pp1025-1039. doi:10.4157/grj.76.14_1025
  20. ^ 谷口武士 (2011) 菌根菌との相互作用が作り出す森林の種多様性(<特集>菌類・植食者との相互作用が作り出す森林の種多様性). 日本生態学会誌61(3), p311-318. doi:10.18960/seitai.61.3_311
  21. ^ 深澤遊・九石太樹・清和研二 (2013) 境界の地下はどうなっているのか : 菌根菌群集と実生更新との関係(<特集>森林の"境目"の生態的プロセスを探る). 日本生態学会誌63(2), p239-249. doi:10.18960/seitai.63.2_239
  22. ^ 岡部宏秋,(1994) 外生菌根菌の生活様式(共生土壌菌類と植物の生育). 土と微生物24, p15-24.doi:10.18946/jssm.44.0_15
  23. ^ 菊地淳一 (1999) 森林生態系における外生菌根の生態と応用 (<特集>生態系における菌根共生). 日本生態学会誌49(2), p133-138. doi:10.18960/seitai.49.2_133
  24. ^ 宝月岱造 (2010)外生菌根菌ネットワークの構造と機能(特別講演). 土と微生物64(2), p57-63. doi:10.18946/jssm.64.2_57
  25. ^ 東樹宏和. (2015) 土壌真菌群集と植物のネットワーク解析 : 土壌管理への展望. 土と微生物69(1), p7-9. doi:10.18946/jssm.69.1_7
  26. ^ 杉本真由美・川崎圭造, (2005) カラマツ人工林化にともなう土壌化学性の変化 : 隣接する広葉樹林土壌との比較, 森林立地47(1), pp29-37. doi:10.18922/jjfe.47.1_29
  27. ^ 小島康夫 (1995) 森林におけるアレロパシー(I) : 林業ならびに生態系におけるアレロパシーの役割(会員研究発表論文). 日本林学会北海道支部論文集43, p1-3. doi:10.24494/jfshb.43.0_1
  28. ^ 稲冨素子・牛久保明邦・小泉博・岩城英夫 (2004)降雨によるカラマツからのフェノール物質の溶出量とその季節変化. 環境科学会誌17(4), p275-285. doi:10.11353/sesj1988.17.275
  29. ^ 酒井昭・斉藤満, (1974) ヤクーツク地方のダフリアカラマツ. 日本林学会誌56(7), pp.247-252. doi:10.11519/jjfs1953.56.7_247
  30. ^ a b 菊地健・江州克弘・八坂通泰・山田健四, (1993) カラマツ類の過湿土壌に対する耐性(会員研究発表論文). 日本林学会北海道支部論文集41, pp108-110. doi:10.24494/jfshb.41.0_108
  31. ^ 北海道山林史-p553(北海道山林史編集者会議)
  32. ^ 北海道山林史戦後編-カラマツ問題p592(北海道山林史編集者会議)
  33. ^ a b 岡田利夫 『戦中戦後20年 北海道木材・林業の変遷』 152頁 北海道林材新聞刊
  34. ^ a b c カラマツ”. 森林林業学習館. 2011年9月8日閲覧。
  35. ^ D'Cruz, Mark. “Ma-Ke Bonsai Care Guide for Larix kaempferi”. Ma-Ke Bonsai. 2011年4月18日閲覧。
  36. ^ a b 月刊メディアあさひかわ』2017年5月号 pp.124 - 125
  37. ^ カラマツ 建材需要急増 加工技術で欠点克服”. 毎日新聞 (2019年11月14日). 2019年11月14日閲覧。
  38. ^ 織田春紀 (1986) カラマツ類の繊維傾斜度の種間変異について(会員研究発表講演). 日本林学会北海道支部論文集34, p136-138. doi:10.24494/jfshb.34.0_136
  39. ^ 黒丸亮 (2015) カラマツ林業と今後の育種の展望. 森林遺伝育種4(4), pp167-172. doi:10.32135/fgtb.4.4_167
  40. ^ 村田政穂、山田利博、松田陽介、伊藤進一郎 (2011) 「Raffaelea quercivoraを接種したブナ科樹木4種の菌糸分布と防御反応の比較」東京大学農学部演習林報告. 125 11-21
  41. ^ 哺乳類、汽水・淡水魚類、昆虫類、貝類、植物I及び植物IIのレッドリストの見直しについて”. 環境省 (2007年8月3日). 2011年9月20日閲覧。
  42. ^ 日本のレッドデータ検索システム(カラマツ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2011年9月8日閲覧。

外部リンク[編集]