ネスカフェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2014年9月1日より使用されているネスカフェの現行ロゴ

ネスカフェNescafé)は、ネスレが世界的に製造して販売するコーヒー製品の商標である。これはNestléCaféを合わせた造語で、1937年以降販売されているインスタントコーヒーが広く知られる。

1938年4月1日スイスで最初に提供開始され、すぐにフランスイギリスアメリカ合衆国へ輸出された。日本ではネスレの日本法人であるネスレ日本が製造販売する。

中東では、伝統的な製法によるコーヒーとヨーロッパ由来の製法によるコーヒーとを峻別し、インスタントコーヒーをNescaféと呼称するところも多い。

2014年9月1日より順次ブランドロゴが一新された。

日本におけるネスカフェ[編集]

1953年、コーヒーの輸入再開にともないネスカフェも輸入開始される。1960年、作家北杜夫が『どくとるマンボウ航海記』冒頭の文中に登場させる。当時、不二家などの国産食品メーカーが競合する類似商品を相次ぎ発売するも、ネスカフェは「モトのかかったブレンドです」と品質面をアピールする。
1966年姫路工場で日本国内生産を開始して「世界中どこでも、ネスカフェ」と世界共通ブランドであることをアピールする。のちに、オリジナル「ネスカフェ」を「ネスカフェ・エクセラ」へ改称し、ネスカフェのロゴ書体を変更する。パッケージデザインは一貫して円柱型で、黒基調のラベルに白の "NESCAFÉ" ロゴが特徴である。
1980年代末期には、大塚ベバレジ(現・大塚食品)との提携による缶コーヒーシリーズ発売など製品バリエーションを拡大[注 1]
カフェレストラン「Café NESCAFÉ」の首都圏近畿地方での展開や東名高速道路海老名サービスエリア(下り)店舗など、業績拡大が図られている。
2019年「ネスカフェ 睡眠カフェ」常設店舗が東京・大井町にオープンする。

現行商品[編集]

(2021年10月現在)

  • レギュラーソリュブルコーヒー(インスタントコーヒー。ネスレ日本は「当社の製品はインスタントではなくレギュラーソリュブルである」と主張し日本インスタントコーヒー協会からも脱退している)
    • ネスカフェ エクセラ(バリスタ専用版含む)
    • ネスカフェ ゴールドブレンド(オリジナル・コク深め・香り華やぐ・カフェインレス(旧・ゴールドブレンド 赤ラベル)・アイスコーヒー(夏季限定))
    • ネスカフェ 香味焙煎(豊香・柔香)
    • ネスカフェ プレジデント(2015年8月にいったん販売終了したが2016年9月1日より販売再開)
    • ネスカフェ ロースタリー ダークロースト
  • ミックスタイプ・カップタイプ
    • ネスカフェ エクセラ
    • ネスカフェ ゴールドブレンド
  • ポーションタイプ
    • ネスカフェ エクセラ
    • ネスカフェ ゴールドブレンド
  • ボトルタイプ
    • ネスカフェ エクセラ
    • ネスカフェ ゴールドブレンド
  • ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ(コーヒーマシン(電気コーヒー沸器))
    • ゴールドブレンド バリスタ i(現在はレンタル専用)
    • ゴールドブレンド バリスタ 50(2代目)
    • ゴールドブレンド バリスタ シンプル
    • ゴールドブレンド バリスタ Duo
    • ゴールドブレンド バリスタ Duo+(レンタル専用)
    • ゴールドブレンド バリスタ W
  • ドルチェグスト(コーヒーマシン)
    • Circolo サーコロ
    • Piccolo ピッコロ
    • Piccolo Premium ピッコロプレミアム
    • MD9741
    • カフェバラエティ(カプセル)
  • ネスカフェ ゴールドブレンド アイスクレマサーバー
  • ネスカフェ ゴールドブレンド ハンディ アイスクレマサーバー(輸入元はタカラトミーアーツ

ゴールドブレンド[編集]

1967年、日本での販売を開始する。ネスカフェの上級ブランドで欧州諸国では1965年に発売済みであり、当時は最高の抽出技術とされるフリーズドライ製法で作られた商品である。「エクセラ」の黒色キャップとラベルに対し金色のキャップとラベルを採用し、CMでは「違いがわかる男の、ゴールドブレンド」のキャッチコピーとともに各界著名人を起用してブランドイメージの高級感を醸成させている。キャッチコピーは1990年代以降、「上質を知る人の(以下同文)」と「違いを楽しむ人の、ネスカフェ・ゴールドブレンド」(太字部分追加)が用いられ、2010年以降は24年ぶりに「違いがわかる男」ならびに「違いがわかる人」が復活している。使用曲は、小田和正出演時に小田楽曲使用の例外を除き、八木正生作曲「ダバダー」のスキャットでおなじみの「目覚め―ネスカフェ・ゴールドブレンドのテーマ」である。

エクセラ同様、製法とともに、パッケージデザインも丸みを帯びた直方体からほぼ完全な直方体へ変化している。カフェインを97%カットした商品名「カフェインレス」の「赤ラベル」もラインアップしている。

2012年9月には缶コーヒー化された。発売当初はオリジナルのブレンドコーヒー(低糖タイプ)のみのラインアップだったが、2013年6月より無糖タイプのブラックが、さらに2013年9月には微糖タイプのブレンドコーヒーがそれぞれ追加された[注 2]。2014年4月には「ネスカフェ ゴールドブレンド 缶コーヒー オリジナル」(ブレンドコーヒー・低糖タイプ)が先行リニューアルし、既に販売終了した「ネスカフェ 香味焙煎 缶コーヒー」シリーズ同様、微粉砕コーヒー豆入り製法に変更されたが2015年3月に同社は缶コーヒー事業の完全撤退を表明[1]。ネスカフェ缶コーヒーの各ラインアップが順次製造・出荷・販売終了となる中で最後までラインアップに残されていた「ネスカフェ ゴールドブレンド 缶コーヒー 微糖タイプ」が同年7月をもって製造・出荷終了となり、最終的に同年10月を以って名実ともに販売終了となった。

2013年9月1日のリニューアルより発売以来、46年ぶりに製法が大幅に変更され、すでに採用済みの香味焙煎、およびプレジデント同様の挽き豆包みフリーズドライ製法が採用され[注 3]、これまでのインスタントコーヒーからレギュラーソリュブルコーヒーに変更された。これと同時にエクセラも無印名義から通算して53年ぶりに製法が大幅に変更され、挽き豆包みスプレードライ製法が採用されたレギュラーソリュブルコーヒーに変更。これによりインスタントコーヒーとしてのネスカフェのラインアップがすべてレギュラーソリュブルコーヒーに統一された[2]

2015年9月1日より横展開商品として新たにオリジナルのゴールドブレンドよりさらに濃厚な味わいを実現した「ゴールドブレンド コク深め」を追加発売した。

アンバサダー[編集]

ネスレ日本では2012年11月より「ネスカフェ アンバサダー」として、主にオフィス向けを対象にネスレのコーヒーマシンを無料貸し出しするサービスを始めている。

もともとは同社の販売戦略として「(日本の)人口が減少傾向にある以上、家庭内需要は今後減少することは避けられない」という点から「家庭以外の需要を取り込もう」という意図で始められたサービスである[3]。当初は同社の「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」のみを貸し出すサービスだったが、2013年9月より「ドルチェグスト」が[4]、12月より「スペシャル.T」(カプセル式ティーサーバー)[5]が貸出対象に加わっている(ただし2013年12月現在、ドルチェグストとスペシャル.Tの同時貸出は不可[5])。2013年9月現在で応募者は10万人を突破している[6]

ネスカフェスタンド[編集]

2016年より、大手私鉄企業と提携して駅構内にコーヒースタンド「ネスカフェスタンド」を出店している[7]

店舗数(2020年8月現在)

CM[編集]

受賞歴[編集]

2001年[編集]

  • ACC賞 ラジオ・ブロンズ賞 「ネスカフェゴールドブレンド こんなところでダバダ」

2003年[編集]

  • ACC賞 テレビ・ブロンズ賞 「ネスカフェ」

2004年[編集]

  • ACC賞グランプリ 「ネスカフェ 朝のリレー「空」」
  • ACC賞テレビ・シルバー賞 「ネスカフェエクセラ 風鈴/飛び込み/神輿」
  • 第53回 日経広告賞 コーポレートブランド広告賞 優秀賞

ゴールドブレンドCMに起用された主要著名人[編集]

ネスカフェゴールドブレンドのCM出演者は今のところ日本人のみ起用している。外国人タレントは基本的にエクセラのCMに出演する。例外として、2009年のゴールドブレンド チャージでは、唐沢寿明と上述のアインシュタインのそっくりさんが共演した。

他商品CMに起用された主要著名人[編集]

主要CMソング[編集]

ネスカフェのCMソングで使われた洋楽の中には、オリジナルの歌詞の一部を「ネスカフェ」に変更し、CMソングとして放送されていたものもある。

ネスカフェが登場する作品[編集]

提供番組[編集]

※ネスカフェ名義で提供しているもののみ

現在[編集]

なし

過去[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2015年度を以って缶コーヒー事業から完全撤退
  2. ^ 「ネスカフェ ゴールドブレンド 缶コーヒー 微糖タイプ」の発売に伴い、2010年9月より販売の「ネスカフェ 香味焙煎 缶コーヒー 微糖」は結果的に販売終了となった。
  3. ^ 香味焙煎は2010年9月に挽き豆包みフリーズドライ製法化され、プレジデントは2011年9月に挽き豆包みフリーズドライ製法化された。

出典[編集]

  1. ^ 水月仁史. “「コーヒー戦争」激化! 生き残る会社、沈没する会社”. 2021年6月12日閲覧。
  2. ^ 「インスタント」と呼ばないで ネスレ、コーヒー新製法(朝日新聞) - auニュース 2013年8月29日。(リンク切れ)
  3. ^ ネスレ「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」~インスタント専用のコーヒーメーカーがヒットした理由とは - 家電Watch・2013年7月1日
  4. ^ ネスレ日本、オフィス向けコーヒーに新サービス - jiji.com・2013年9月17日
  5. ^ a b 12月17日(火)より、「ネスカフェ アンバサダー」向けにカプセル式ティー専用マシン「ネスレSPECIAL.T(スペシャル.T)」を無料で使用できる新コース開始 - PR TIMES・2013年12月17日
  6. ^ 職場に“ネスカフェ大使”が増えるワケ - 日経ビジネス・2013年9月30日
  7. ^ ネスカフェ スタンドを駅ナカに導入しました”. 阪急電鉄. 2019年7月17日閲覧。
  8. ^ メグ・ライアンのCM出演情報”. ORICON NEWS. 2005年8月25日閲覧。
  9. ^ 荒川良々のCM出演情報”. ORICON NEWS. 2003年11月30日閲覧。
  10. ^ ネスカフェ(NESCAFÉ) [@Nescafe_jp] (2021年8月30日). "「#エクセラ と一緒に、ちょっといい朝」" (ツイート). Twitterより2021年9月11日閲覧
  11. ^ 西秋愛菜 (2021年6月25日) (YouTube). 【TVCM】『ネスカフェ エクセラ』 ちょっと早起き、輝く私 (15秒版) (CM). ネスレ日本公式チャンネル.. https://www.youtube.com/watch?v=E8oMSwnKvcQ 2021年9月11日閲覧。 

外部リンク[編集]