幻想即興曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
幻想即興曲
Fan Imp Chopin.png
フレデリック・ショパン
別名 即興曲第4番 嬰ハ短調
形式 即興曲複合三部形式
調拍子 嬰ハ短調、2/2
テンポ アレグロ・アジタート 速度指定なし
出版年 1855年
制作国 フランスの旗 フランス パリ
作品番号 Op. posthumous 66
献呈 なし
プロジェクト:クラシック音楽
Portal:クラシック音楽
テンプレートを表示

即興曲第4番 嬰ハ短調 遺作 作品66は、ポーランドの作曲家フレデリック・ショパンが作曲したピアノ曲である。ショパンの4曲の即興曲のうち最初に作曲され、ショパンの死後1855年、友人のユリアン・フォンタナの手により『幻想即興曲』(Fantasie-Impromptu)と題して出版された。

ショパンの作品のなかでもっともよく知られる作品のひとつである。

曲の構成[編集]

複合三部形式(A - B - A')による即興曲。ベートーヴェン月光と調性、構成、雰囲気が類似している。 

Allegro agitato (A)
嬰ハ短調、序奏 + 三部形式(a - b - a) + 経過句。左手は1拍が6等分、右手は1拍が8等分されたリズムとなっている。
トリオ Più lento - cantabile(フォンタナ版はLargo - Moderato cantabile)(B)
変ニ長調、序奏 + 三部形式(a - a' - b - a')。後半のb - a'は若干変化して繰り返される。
(フォンタナ版はPresto)(A')
嬰ハ短調、三部形式。Aの再現。
コーダ
Bの主題が左手部分で回想され、静かに終わる。

公表の経緯[編集]

上述の通り、ショパンの生前には出版されなかった。ショパンは「自分の死後、この楽譜を燃やして処分して欲しい」と頼んだが、フォンタナが遺言にそむいて公表したとも言われる。

ショパンがこの曲を生前公表しなかった理由としては、モシェレスの即興曲 作品89や、ベートーヴェンピアノソナタ第14番「月光」第3楽章のカデンツァとの類似性などが考えられるが、定かでない。

複数のバージョン[編集]

この作品の筆写譜はいくつか現存しているものの、自筆譜は長らく見つかっていなかった。ところが、ショパンの弟子であるデスト公爵夫人に献呈された1835年の自筆譜が、1962年アルトゥール・ルービンシュタインによって発見された。これは筆写譜との相違が多く、よりあとに書かれたものとみられる。

この新しい自筆譜に基づくバージョンは、ウニヴェルザール出版社ウィーン原典版エキエル編)、ポーランド音楽出版社ナショナル・エディションエキエル編)、ペータース社原典版(今井顕、バドゥラ=スコダ編)、および同社の原典版ショパン全集新批判版(グラボフスキ、アーヴィング編)で見ることができる。

サンプル[編集]

ピアノ以外の楽器による幻想即興曲の演奏[編集]

ピアノ以外の楽器でこの曲を演奏するのは非常に困難であるが、下記の奏者がピアノ以外の楽器で演奏しているほか、アマチュアも演奏に挑んでいる。

ティト・フランシア『オールモスト・インポッシブル』
アルゼンチンのギタリスト。ガット・ギターでピアノのニュアンスを再現。
ロス・インディオス・タバハラス『ワルツ・オブ・ザ・フラワーズ』
ブラジルの兄弟デュオ。ガット・ギターによる演奏で兄が右手パート、弟が左手パートを担当。サムピックでの演奏。
古川忠義『ファンタジー』
日本のスタジオ系ギタリスト。ガット・ギター+生バンドによるボサノバ風のアレンジ。原曲とは調を変えている。
ロン・サール『ニュー・ギター・ヒーローズ '92』
グランジ&オルタナティヴ系ギタリスト。ヘヴィ・メタル調のバンドアレンジ。原曲とは調を変えている。
加茂フミヨシ『ノスタルジア』
日本のフュージョン系ギタリスト。ロックギター+ブレイクビーツによるテクノ風のアレンジ。8フィンガータッピング&スウィープピッキングによる演奏。
東京佼成ウインドオーケストラ『幻想即興曲』
ニュー・サウンズ・イン・ブラスシリーズで登場。藤田玄播が編曲したもの。

その他の作品での利用[編集]

  • フィギュアスケート
    • 荒川静香 - 2005-2006シーズン オーケストラバージョンを使用(トリノオリンピックのみショートプログラム、その他ではフリースケーティング)
    • 浅田真央 - 2007-2008シーズン フリースケーティングで使用
    • 中野友加里 - 2007-2008シーズン ショートプログラムで使用
  • プロ野球

外部リンク[編集]