外尾悦郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
外尾悦郎
Sagradafamilia-1.jpg
サグラダ・ファミリアにて
生誕 1953年????
福岡県福岡市
受賞 外務大臣表彰など
公式サイト サグラダ・ファミリア
2000年に完成させた「生誕の門」

外尾 悦郎(そとお えつろう、1953年 - )は福岡県福岡市出身の彫刻家スペインバルセロナサグラダ・ファミリア主任彫刻家。

経歴[編集]

福岡県立福岡高等学校京都市立芸術大学美術学部彫刻科を卒業。中学校・高校定時制の[1]非常勤講師を経て、1978年バルセロナに渡りアントニ・ガウディの建築、サグラダ・ファミリアの彫刻に携わり、2013年現在は専任彫刻家。ネスレ日本のネスカフェゴールドブレンドのCMで一躍活動が日本中に知れ渡る。

家族[編集]

妻はピアニストの比石妃佐子。2012年1月17日放送の徹子の部屋に夫婦で出演[3]

受賞[編集]

  • リャドロ・アート・オブ・スピリット賞(2002年)
  • 福岡県文化賞(2002年、交流部門)受賞。
  • 日本とスペインとの文化交流の促進の功績により、2008年度外務大臣表彰受賞。
  • 2012年、ミケランジェロ・ディ・カララ賞
  • カトリック文化国際賞(2011年)
  • 2014年、AEFEによるヨーロピアン・ゴールデン・クロス賞と、その経歴を讃えるガウディ・グレソル賞を受賞[4]

など、国内外で受賞多数。

おもな作品[編集]

おもな著書[編集]

主著[編集]

共著[編集]

  • 松倉保夫、外尾悦郎、山本伸生ほか「ガウディのフニクラ カタルーニャの曲線」INAX出版、1996年 ISBN 9784872755534

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ なぜサグラダ・ファミリアは、日本人の外尾悦郎に石を彫らせるのか|人間力・仕事力を高めるWEB chichi|致知出版社
  2. ^ “世界で活躍し『日本』を発信する日本人 プロジェクト” (japanese) (pdf) (プレスリリース), 内閣府国家戦略室, (2012年9月), オリジナルの2013年1月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130105105512/http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120918/20120918.pdf 2013年1月21日閲覧。 
  3. ^ 徹子の部屋
  4. ^ 彫刻家・外尾悦郎氏によるサグラダ・ファミリア教会生誕の門・完成記念寄稿

外部リンク[編集]