ラプソディ・イン・ブルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラプソディ・イン・ブルーRhapsody in Blue)は、アメリカ作曲家ジョージ・ガーシュウィンが作曲、ファーディ・グローフェ編曲したピアノ独奏と管弦楽のための音楽作品である。

『ラプソディ・イン・ブルー』というタイトルは「ジャズの語法によるラプソディ」といった程度の意味がある。ラプソディ(狂詩曲)には、「民族音楽風で叙事詩的な、特に形式がなく自由奔放なファンタジー風の楽曲」という意味があるので、このタイトルから、ガーシュウィンはジャズをアメリカにおけるある種の「民族音楽」と捉えていたことが伺える。

実際この曲は、アメリカ的な芸術音楽の代表格とみなされている。

「この曲は青い」という言葉が題名の由来。元は『アメリカン・ラプソディ』という題名だったが、兄のアイラ・ガーシュウィンが現在の題名を提案して変更した。

作曲の経緯・初演[編集]

ポール・ホワイトマンの提案を受け、1924年ニューヨークエオリアンホールで開かれた「新しい音楽の試み」と題されたコンサートに向けて作曲し、そこで初演された(同年2月12日)。

この曲が作られることになった発端は1924年1月3日、他の仕事で多忙だったガーシュウィンが兄のアイラビリヤード場に息抜きに行った際、新聞で「ホワイトマンがガーシュウィンに曲を発注した」という記事を見つけたことだった。翌日、抗議のためガーシュウィンはホワイトマンに電話をかけるも、実はこの記事はホワイトマンがガーシュウィンを呼びつけるために作った偽記事だったらしく、「新聞記事になってしまったから作ってくれ」とホワイトマンに押し切られた。

曲の冒頭の部分は、仕事でボストンに向かう際に乗った列車の走行音から着想を得たとされる。

ガーシュウィンは、この曲を約2週間で一気に書き上げた。ただ、当時のガーシュウィンはまだオーケストレーションに精通しているとはいえなかった上に、作曲の期間が限定されているという事情も加わり、代わってファーディ・グローフェがオーケストレーションを行なった。グローフェは当時、ホワイトマン楽団のピアニストであるとともに専属の編曲者を務めていた。ガーシュウィンが2台のピアノを想定しながら作曲し、それを即座にグローフェがオーケストラ用に編曲していき、結局はガーシュウィン自身が弾くピアノと小編成のジャズバンド向けの版が完成された。その後もいくつかの版が作られたが、1926年にグローフェが再編曲したオーケストラ版と、ガーシュウィンの死後の1942年にフランク・キャンベル=ワトソンがグローフェ編曲版に加筆修正を加えた版がよく知られている。その後は主に1942年版が演奏されている。

ピアノ独奏が入るため、一種のピアノ協奏曲風な雰囲気もある。ヨーロッパのクラシック音楽とアメリカのジャズを融合させたシンフォニックジャズとして高く評価された。

日本においては、1955年9月11日に日比谷公会堂にて、近衛秀麿の指揮、アメリカ人ピアニストのセイモア・バーンスタインにより初演された。

曲の構成[編集]

最初はクラリネットの、低音からのグリッサンドで始まる。当初はグリッサンドでなく、17音の上昇音階で記されていたが、ホワイトマン・バンドのクラリネット奏者がふざけてグリッサンドで演奏したところ、ガーシュウィンが気に入り書き改められたと伝えられる。サクソフォーン奏者に好まれて演奏されている。曲風はジャズの要素を多く含んでいる。

各版とその編成[1][編集]

1924年オリジナル・ジャズ・バンド版[編集]

前述の通り、ガーシュウィンが2台のピアノ用に作曲したものを、グローフェがジャズ・バンド用にオーケストレーションしている。この版はグローフェがホワイトマン楽団での演奏専用に編曲したものであるため、木管楽器に頻繁な持ち替えが規定されるなど、特異なアレンジがなされている。そのため公式の出版はなされず、グローフェの手書きの楽譜のみが残されている。

1924年2台ピアノ版[編集]

オリジナル・ジャズ・バンド版の初演の成功の後、ガーシュウィン自身が完成させた版。ガーシュウィンは2重録音の手法を使い、自らのピアノ演奏によってこの版をピアノ・ロールに録音している。

1926年オーケストラ版[編集]

この曲の成功を受けて、グローフェがオーケストラ用に再編曲した版。

1927年ピアノ・ソロ版[編集]

1924年の2台ピアノ版に続き、ガーシュウィン自身が完成させた版。

1938年オーケストラ版[編集]

グローフェの再々編曲。ピアノ・ソロ部分までもオーケストレーションし、ピアノがなくても演奏可能としたところに特徴がある。

なお、グローフェは同様にピアノなしで演奏可能にした吹奏楽のための編曲も残している(1937年)。

1942年オーケストラ版[編集]

1926年のグローフェ版を基本としつつ、フランク・キャンベル=ワトソン(ガーシュウィンの作品の出版社の編集者)が改訂した版。現在、オーケストラでの演奏にあたってはこの版が使用されることが多い。

  • 木管楽器:フルート2、オーボエ2、クラリネット2、バスクラリネット1、ファゴット2、サクソフォーン3(アルト2、テナー1)
  • 金管楽器:ホルン3、トランペット3、トロンボーン3、チューバ1
  • 打楽器・その他:ティンパニ、ベル、銅鑼、小太鼓、シンバル、トライアングル、独奏ピアノ
  • 弦楽器:第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、バンジョー

使用例[編集]

日本における例[編集]

[編集]

  1. ^ 「ラプソディー・イン・ブルー」についてのノート(1)astral weeks-音楽・美術・映画・書物について 2007年6月16日配信

外部リンク[編集]