真飛聖

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

まとぶ せい
真飛 聖
生年月日 (1976-10-13) 1976年10月13日(45歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県川崎市
身長 167cm
職業 女優
ジャンル 舞台ドラマ映画
活動期間 1995年 -
活動内容 1995年:宝塚歌劇団入団、星組配属
2005年:花組へ異動
2007年:花組トップスター就任
2011年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
事務所 ワタナベエンターテインメント
公式サイト 真飛聖 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
ME AND MY GIRL
相棒
虞美人
ドラマ
相棒
IQ246〜華麗なる事件簿〜
隣の家族は青く見える
あなたの番です
その女、ジルバ
映画
娼年
ミッドナイトスワン
舞台
マイ・フェア・レディ
 
受賞
おおさかシネマフェスティバル』新人女優賞(2015年)
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

真飛 聖(まとぶ せい、1976年[1]10月13日[2][2] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団花組トップスター[1][2][2]

神奈川県川崎市[3]中延学園高等学校出身[2]。身長167cm[1]。愛称は「ゆう」[2][4]

所属事務所はワタナベエンターテインメント[1]

来歴

1993年、宝塚音楽学校入学。

1995年、宝塚歌劇団に81期生として入団[2]。入団時の成績は12番[5]星組公演「国境のない地図」で初舞台[2][3][6]。その後、星組に配属[2][3][6]

1999年の「我が愛は山の彼方に」で新人公演初主演[7][2][3][6]。その後も3度に渡って新人公演主演を務める[2][3][6]

2002年の「ヴィンターガルテン」(バウホール日本青年館公演)で、朝澄けいとバウホール・東上公演ダブル主演[2][3][6]

2004年の「花のいそぎ」(バウホール・日本青年館公演)で、バウホール・東上公演単独初主演[3]

2005年8月15日付で花組へと組替え[2][3][6]

2006年の「MIND TRAVELLER」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、2度目の東上公演単独主演[3]

2007年12月25日付で花組トップスターに就任[2][6]。相手役には前任より引き続き桜乃彩音を迎え、翌年の「愛と死のアラビア/Red Hot Sea」でトップコンビ大劇場お披露目[4][6]

2010年に桜乃が退団後は、蘭乃はなを2人目の相手役に迎え、「麗しのサブリナEXCITER!!」で新トップコンビ大劇場お披露目[8]

2011年4月24日、「愛のプレリュード/Le Paradis!!」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[2]

退団後はワタナベエンターテインメント所属となり、舞台・ドラマ・映画・バラエティーなど様々な分野で活躍している[1]

宝塚歌劇団時代の主な舞台

初舞台

星組時代

花組時代

花組トップスター時代

出演イベント

  • 1996年12月、紫吹淳ディナーショー『MISSION』
  • 1998年12月、『レビュー・スペシャル'98』
  • 1999年5月、'99TCAスペシャル『ハロー!ワンダフル・タイム』
  • 1999年12月、『レビュー・スペシャル'99』
  • 2001年3月、『ベルサイユのばら2001』前夜祭
  • 2001年6月、TCAスペシャル2001『タカラヅカ夢世紀』
  • 2001年7月、『宝塚巴里祭2001』
  • 2001年9月、『ベルサイユのばら メモランダム』
  • 2001年10月、『星組エンカレッジ・コンサート
  • 2003年6月、TCAスペシャル2003『ディア・グランド・シアター』
  • 2003年11 - 12月、『Cinderella』(外部出演)[3][6][10]
  • 2004年7月、TCAスペシャル2004『タカラヅカ90』
  • 2005年3月、真飛聖ディナーショー『Sky Blue』 主演[11]
  • 2005年4月、TCAスペシャル2005『Beautiful Melody Beautiful Romance』
  • 2005年6月、『ゴールデン・ステップス』
  • 2005年9月、ふづき美世ミュージック・サロン『La vie en rose』
  • 2005年12月、『花の道 夢の道 永遠の道』
  • 2007年9月、TCAスペシャル2007『アロー!レビュー!』
  • 2008年12月、タカラヅカスペシャル2008『La Festa!』
  • 2009年6月、『百年への道』
  • 2010年12月、タカラヅカスペシャル2010『FOREVER TAKARAZUKA』
  • 2011年3月、真飛聖ディナーショー『For YOU』 主演[12]

宝塚歌劇団退団後の主な活動

ドラマ

映画

舞台

配信ドラマ

  • 列島制覇-非道のうさぎ-(2021年4月16日、U-NEXT)- 赤池みゆき 役[28]
  • 神様のえこひいき(2022年3月19日 - 4月9日、Hulu)- 天野恵麻 役[29]

CM

ゲーム

受賞歴

脚注

[脚注の使い方]

出典

  1. ^ a b c d e 真飛聖 公式プロフィール ワタナベエンターテインメント。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 笑顔でサヨナラ/真飛聖 日刊スポーツ。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 花組 真飛聖:タカラジェンヌ 夢の軌跡 産経新聞ENAK。
  4. ^ a b c 宝塚花組新トップ、期待の男役・真飛聖のお披露目公演 泣き笑い、共に感じて 宝塚プレシャス。
  5. ^ 100年史(人物) 2014, p. 107.
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r フェアリーインタビュー 花組 真飛聖 ウィズたからづか。
  7. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 311.
  8. ^ a b 花組初日が新鮮にスタート。『麗しのサブリナ』『EXCITER!!』 宝塚ジャーナル。
  9. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 312.
  10. ^ ミュージカル「シンデレラ」欲しい!OGだけの劇団 産経新聞ENAK。
  11. ^ 真飛聖ディナーショー「Sky Blue」('05年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  12. ^ 真飛聖ディナーショー「For YOU」('11年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  13. ^ 向井理、“ムコ入り”榮倉奈々と夫婦役 遺産相続題材にテレ朝連ドラ初主演”. ORICON (2015年8月21日). 2015年8月21日閲覧。
  14. ^ 「わたしを離さないで」ドラマ化、キャストに綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみ”. 映画ナタリー (2015年11月19日). 2015年11月19日閲覧。
  15. ^ “宮尾俊太郎がテレビドラマ「IQ246」に刑事役でレギュラー出演、真飛聖も”. ステージナタリー. (2016年9月7日). http://natalie.mu/stage/news/200869 2016年9月7日閲覧。 
  16. ^ “川栄、貫地谷ら女優6人主演で「感情8号線」をドラマ化”. デイリースポーツ. (2016年10月19日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/10/19/0009592898.shtml 2016年10月19日閲覧。 
  17. ^ 第4話「二子玉川 芙美」のみ主演。
  18. ^ Inc, Natasha (2019年12月10日). “山田裕貴の主演ドラマ「SEDAI WARS」に岡田浩暉、浅川梨奈、奥山かずさ、大友康平が出演(コメントあり)” (日本語). 映画ナタリー. 2020年9月6日閲覧。
  19. ^ “女の戦争〜バチェラー殺人事件〜:「ミスマガ」出身の寺本莉緒&“リュウソウピンク”尾碕真花ら女のバトル!“バチェラー”古川雄大を奪い合う”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2021年5月31日). https://mantan-web.jp/article/20210530dog00m200020000c.html 2021年5月31日閲覧。 
  20. ^ "【よるドラ・のほほん】「阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし」新たな出演者&「語り」を発表". NHKドラマトピックス. 日本放送協会. 20 October 2021. 2022年2月21日閲覧
  21. ^ 真飛聖、桜井日奈子、仙道敦子、筧美和子がマドンナ役に ハナコ岡部主演『しろめし修行僧』に出演決定”. TV LIFE web (2022年4月22日). 2022年4月23日閲覧。
  22. ^ "特集ドラマ「続 遙かなる山の呼び声」新キャスト決定のお知らせ". ドラマ情報. 日本放送協会. 22 June 2022. 2022年6月22日閲覧
  23. ^ 中井貴一主演「柘榴坂の仇討」に高嶋政宏、真飛聖、藤竜也ら豪華キャスト(映画.com、2014年3月20日)
  24. ^ a b A.B.C-Z主演映画『オレたち応援屋!!』、予告編&本ポスター公開”. BARKS (2020年8月19日). 2022年1月5日閲覧。
  25. ^ a b 真飛聖、A.B.C-Z主演映画『オレたち応援屋!!』に出演「さまざまな愛があふれた作品」”. ORICON NEWS. オリコン (2020年7月31日). 2022年1月5日閲覧。
  26. ^ 「オーマイガッ!」稲垣吾郎が未来の自分に悶絶!?「恋と音楽 FINAL」”. ステージナタリー. 2016年2月18日閲覧。
  27. ^ Inc, Natasha. “熊谷真実が大衆演劇一座の座長&真飛聖が芝居小屋の女将に、こまつ座「雪やこんこん」” (日本語). ステージナタリー. 2021年12月2日閲覧。
  28. ^ https://www.toei-video.co.jp/retto-seiha/
  29. ^ “藤原大祐&桜田ひより:W主演ドラマ「神様のえこひいき」ビジュアル公開 窪塚愛流、新井舞良に“神様”古川雄輝も”. MANTANWEB (MANTAN). (2022年2月23日). https://mantan-web.jp/article/20220223dog00m200020000c.html 2022年2月23日閲覧。 
  30. ^ ミステリーアドベンチャー『春ゆきてレトロチカ』Switchダウンロード版が予約開始。登場人物をドラマティックな楽曲にのせて紹介する最新映像が公開”. ファミ通.com. KADOKAWA (2022年4月15日). 2022年5月1日閲覧。
  31. ^ 綾野剛、菅田将暉ら豪華ゲストが来場予定!《おおさかシネマフェスティバル2015》が本年度のベストテン&個人賞を発表 ぴあ関西版WEB。

注釈

  1. ^ 音羽椋と役替わり。

参考文献

外部リンク