ジュビレーション! (宝塚歌劇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジュビレーション!』は宝塚歌劇団の作品。星組[1][2][3]公演。形式名は「ショー[1][2][4]」。宝塚・東京は20場[1][2]。作・演出は石田昌也[1][2][4]。併演作品は『剣と恋と虹と[1][2][3]』。

公演期間と公演場所[編集]

全国ツアーの公演日程[編集]

解説[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[5]参考。

テーマ性にとらわれず、現代的なセンスとオーソドックスな感覚を自由な発想で融合させた、スピーディーで楽しさ溢れるバラエティ・ショー。南極観測隊とオーロラの精、ラスベガスのギャンブラー、テレビのキャラクターなど様々な登場人物を、歌手やダンサー揃いの星組が、それぞれの魅力を存分に発揮して個性豊かに表現した。

スタッフ[編集]

※氏名の後ろに「宝塚[1]」「東京[2]」「全国[4]」の文字がなければ全劇場共通。

主な配役[編集]

宝塚・東京[編集]

  • プロローグの男S1、ギャンブラーS、ダンディ、ジュエリーの男S、ジュビレーションの男1、フィナーレの男S1 - 麻路さき[6][2]
  • プロローグの女S、オーロラの精、淑女S、ミス・ダンディ、ジュエリーの女S、ジュビレーションの女1、フィナーレの女 - 白城あやか[7][2]
  • プロローグの男S2、南極観測隊隊員A、紳士S、ダンディ、父親、ジュビレーションの男2、フィナーレの男S2 - 稔幸[7][2]
  • プロローグの男、ギャンブラー、シンガー男、キッズ・コンバットA、ジュビレーションの歌手 - 真織由季[7][2]
  • ギャンブラー、シンガー男、キッズ・刑事、ジュビレーションの男3 - 絵麻緒ゆう[7][2]
  • レディ・ギャンブラー、娘S、母親、ジュビレーションの女2 - 月影瞳[7][2]

全国[編集]

  • プロローグの男S1、ギャンブラーS、歌うナイスガイ、ダンディ、太鼓の男S1、ジャパネスクの男S1、アラビアの男S、ジュビレーションの男1、フィナーレの男S1 - 麻路さき[4]
  • プロローグの女S、オーロラS、淑女S、ミス・ダンディ、アラビアの美女、ジュビレーションの女1、フィナーレの女S - 白城あやか[4]
  • プロローグの男S2、青年A、紳士S、歌うジェントルマン、ダンディ、ジャパネスクの男S2、ジュビレーションの男2、フィナーレの男S2 - 稔幸[4]
  • プロローグの男、シンガー、ジャパネスクの男S3、ジュビレーションの男3 - 絵麻緒ゆう[4]
  • レディ・ギャンブラー、ジャパネスクの女、ジュビレーションの女2 - 月影瞳[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 90年史 2004, p. 41.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 90年史 2004, p. 55.
  3. ^ a b c d e f g h i j k 90年史 2004, p. 59.
  4. ^ a b c d e f g h 90年史 2004, p. 60.
  5. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 173.
  6. ^ 90年史 2004, pp. 41-42.
  7. ^ a b c d e 90年史 2004, p. 42.

参考文献[編集]

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3