土井ケイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
どい けいと
土井 ケイト
生年月日 (1989-01-17) 1989年1月17日(31歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 165cm[1]
ジャンル 女優
事務所 ワタナベエンターテイメント
公式サイト 土井ケイトオフィシャルサイト
主な作品

舞台
海辺のカフカ
ダニーと紺碧の海
皆既食
危険な関係

お気に召すまま
『チック』

映像
十津川警部シリーズ内藤剛志)』
僕のヤバイ妻
テンプレートを表示

土井 ケイト(どい けいと、1989年1月17日 - [2])。日本女優アメリカ出身。ワタナベエンターテイメント所属[3]

来歴[編集]

1989年、アメリカミネソタ州生まれ。日本人の母とアメリカ人の父。4歳の時に両親が離婚、母と共にアメリカから東京の祖父母の家に引っ越す。母は映像翻訳家、祖父の土井庄一郎は日本の出版社築地書館(1953年創立)の創設者。

19歳の時に蜷川幸雄が主宰するさいたまネクストシアター旗揚げメンバーとして所属。『美しきものの伝説』(第18回読売演劇大賞最優秀作品賞受賞)サロメ(神近市子)役、『ハムレット』(第20回読売演劇大賞優秀作品賞受賞)王妃ガートルード役。その後もヒロイン等を演じ、ネクストシアター退団後も蜷川作品を中心に活動。

2017年に紀伊国屋ホールで公演が行われた二人芝居『ダニーと紺碧の海』(藤田俊太郎演出)でTOKIO松岡昌宏の相手役、『海辺のカフカ』で6ヶ国のワールドツアーに参加、日生劇場で公演が行われたデヴィッドルヴォー演出の音楽劇『道』でザンパノ(草彅剛)を誘惑する寡婦役、舞台『皆既食』でランボー(岡田将生)の妹・イザベル役、『危険な関係』でヴァルモン(玉木宏)の情婦・エミリー役等。

日本の活動と同時にニューヨークの演劇学校リーストラスバーグへの留学。

[4]さいたまネクストシアター 第1期生(2009年~2013年)Lee Strasberg Institute留学(2012年)[2]

出演作品[編集]

舞台[編集]

土井ケイト名義

土井睦月子名義

テレビ[編集]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本タレント名鑑(VIPタイムズ社)
  2. ^ a b 土井ケイト|ワタナベエンターテインメント”. ワタナベエンターテインメント. 2019年3月18日閲覧。
  3. ^ ワタナベエンターテイメント所属土井ケイト”. 2019年1月21日閲覧。
  4. ^ Watanabe Entertainment アーティスト一覧 > 女優 > 土井ケイト” (日本語). 2019年2月28日閲覧。
  5. ^ 『チック』関連企画:『イザ ぼくの運命のひと/PICTURES OF YOUR TRUE LOVE』” (日本語). 世田谷パブリックシアター. 2020年2月12日閲覧。
  6. ^ 海辺のカフカ” (日本語). 【公式】ホリプロステージ|チケット情報・販売・購入・予約. 2020年2月12日閲覧。
  7. ^ 音楽劇『道』 | 日生劇場 東京・日比谷 梅田芸術劇場”. www.umegei.com. 2020年2月12日閲覧。
  8. ^ KAAT神奈川芸術劇場プロデュース 『華氏451度』|KAAT 神奈川芸術劇場” (日本語). KAAT 神奈川芸術劇場. 2020年2月12日閲覧。
  9. ^ シアターコクーン・オンレパートリー2017 DISCOVER WORLD THEATRE vol.2 危険な関係 | Bunkamura”. www.bunkamura.co.jp. 2020年2月12日閲覧。
  10. ^ 『チック』” (日本語). 世田谷パブリックシアター. 2020年2月12日閲覧。
  11. ^ ダニーと紺碧の海|PARCO STAGE” (日本語). ダニーと紺碧の海|PARCO STAGE. 2020年2月12日閲覧。
  12. ^ お気に召すまま | 梅田芸術劇場” (英語). www.umegei.comschedule. 2020年2月12日閲覧。
  13. ^ 村上春樹を『聴く』 | 天王洲 銀河劇場” (日本語). 2020年2月12日閲覧。
  14. ^ 村上春樹×蜷川幸雄の舞台『海辺のカフカ』、宮沢りえ、藤木直人ら出演の凱旋公演” (日本語). CINRA.NET. 2020年2月12日閲覧。
  15. ^ Bunkamura25周年記念 皆既食 ~Total Eclipse~” (日本語). Bunkamura. 2020年2月12日閲覧。
  16. ^ 彩の国シェイクスピア・シリーズ第27弾 『ヘンリー四世』” (日本語). www.saf.or.jp. 2020年2月12日閲覧。
  17. ^ トロイアの女たち   東京芸術劇場”. www.geigeki.jp. 2020年2月12日閲覧。
  18. ^ 読売演劇大賞 第20回(2013年)受賞結果:表彰・コンクール(文化・スポーツ・国際)のお知らせ” (日本語). 読売新聞社の会社案内サイト「読売新聞へようこそ」. 2020年2月12日閲覧。
  19. ^ 読売演劇大賞 第18回(2011年)受賞結果:表彰・コンクール(文化・スポーツ・国際)のお知らせ” (日本語). 読売新聞社の会社案内サイト「読売新聞へようこそ」. 2020年2月12日閲覧。

外部リンク[編集]