佐々木圭一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐々木 圭一(ささき けいいち、1972年9月30日[1] - )は日本コピーライター神奈川県出身。

伝え方が9割』(ダイヤモンド社刊、2013年)、『伝え方が9割(2)』(ダイヤモンド社刊、2015年)著者。

略歴・人物[編集]

神奈川県出身。上智大学理工学部機械工学科卒業後、同大学院理工学専攻にて修士課程を修了。

1997年、博報堂に入社[2]コピーライターに配属。その後コピーの法則を発見[3]。カンヌ広告祭金賞をはじめ、数々の広告賞を受賞[2]作詞家としても活動。

2005年〜2007年には、著名な広告クリエーター、リー・クロウのもと米国でインターナショナルな仕事に従事[2]

2013年、コピーライターとして培ったノウハウを、『伝え方が9割』(ダイヤモンド社刊、2013年)として出版。同年末に博報堂を退社。クリエイティブ・ブティック、株式会社ウゴカスを設立。コピーライター、クリエイティブ・ディレクターのみならず、講演会の講師やテレビのMC・出演など、活動の幅を広げている。

2015年に出版した『伝え方が9割(2)』は、史上最高のビジネス書初版部数を記録。

2015年1月よりワタナベエンターテインメント[4]に所属。

ライフワークは、日本のコミュニケーション能力をベースアップさせること。

2017年現在、著書「伝え方が9割」はシリーズ累計115万部を達成している。

エピソード[編集]

学生時代

  • 父親の転勤にともない、引越しを繰り返す少年時代を過ごす。引っ越し先の地域の遊び方や話し方になじめず、人と話すことが極度に苦手になってゆく。唯一の友達は、初代ファミコン
  • 大学、大学院にて機械工学を学ぶ[5]
  • 就職活動で自分の将来を考えたとき、今までの自分を変え、「機械とではなく、人とコミュニケーションができる人間になりたい!」と強烈に思う。広告代理店を受験したところ、内定をもらう。受験理由は「マルチメディア元年」という当時の背景がある。父親がシステムエンジニアだったこともあり、幼少期からコンピューターに慣れ親しんで、当時では珍しくホームページ制作ができるオタク青年だったことから。
  • 学生時代に影響を受けた人物に、我究館の創始者・杉村太郎を挙げている。「やれない理由でなく、できる理由を考えよ」など、その後の人生を大きく変えた教訓を受ける。

社会人時代

  • 入社後、コミュニケーションが苦手だったにも関わらず、コピーライターに配属される。コピーを書いても書いても採用されない毎日。「紙のむだ使い」という意味で、先輩コピーライターから付けられたあだ名は「最もエコでないコピーライター」。
  • ストレスにより1日3個プリンを食べる日々を過ごし、激太りする。「世の中で唯一、自分に甘かったのはプリンだった」と話している。1年で10キロ太り、アゴもなくなった当時のことを「1日1枚の写真を撮ってぱらぱらマンガでつないだら、ちょっとしたオモシロ映像になったでしょう」と話している。
  • あるとき、「コトバには法則がある」ことに気づく。「法則に従って、コトバをつくれば、面白いようにコトバをつくることができた」それから人生がガラリと変わる。
  • 国内外の55の広告賞に入選入賞。郷ひろみChemistryらの作詞家としてアルバムオリコン1位を2度獲得。『伝え方が9割』2013年度ビジネス書年間1位※紀伊國屋書店新宿本店調べ。上智大学非常勤講師。

主なキャッチコピー[編集]

  • 黒カビ掃除は、やりません!(ルック•LION)
  • 1本抜けたらそのあとが心配(デントヘルス•LION)
  • 想いを、ふる舞いに。(シェラトンホテル)
  • ぴりから(福岡県PR)
  • E-girls実証ライブ(Fasio・コーセー
  • 鬼怒川温泉は駅からあったまると言われたい。(東武鉄道)
  • 東京に、家を持とう。(オープンハウス
  • ペンギンナビ(サンシャイン水族館
  • みんなの庭。(MARK IS・三菱地所
  • 希望を、つみ上げよう。(日立
  • インスタントペットハウス(どうぶつ救援本部)
  • 生きている。(花王アジエンス
  • 東京モーターショーですね。(プレイステーション
  • 言ったよね、PS3買っていいって(プレイステーション)
  • Green Curry & Red Curry(ハウス食品
  • この世を、もういちど好きになってみる。(トイズファクトリー・Mr.Children
  • 言えないから、歌が生まれた。(トイズファクトリー・Mr.Children)
  • イベントがないとデートじゃないと思ってた。(コカ・コーラ・爽健美茶)
  • 「今日友だちがひとり減りました」「彼女になったから」(キリンホールディングスキリン一番搾り生ビール

著書[編集]

  • 『伝え方が9割』(ダイヤモンド社、2013年)※ビジネス書年間1位(紀伊国屋書店新宿本店調べ)
  • 『伝え方が9割(2)』(ダイヤモンド社、2015年)※史上最高 ビジネス書初版部数
  • 『まんがでわかる 伝え方が9割』(ダイヤモンド社、2017年)※ビジネス書週間1位(日販調べ)

受賞歴[編集]

  • 「伝え方が9割」シリーズ100万部突破 2017
  • 「ビジネス書ランキング」で史上初 3年連続トップ10入り(トーハン調べ)
  • 日本ビジネス書大賞2014 総合順位1位
  • Cannes Lion: Gold 2014
  • Globe Award: Gold 2014
  • Ad Stars: Gold 2014
  • Cannes Lion: Silver 2013
  • Cannes Lion: Bronze 2013
  • Spikes Asia: Silver 2013
  • Cannes Lion: Silver 2012
  • Cannes Lion: Bronze 2012 2部門
  • New York Festival: Silver 2012
  • Adfest: Gold 2012 2部門
  • Adfest: Silver 2012
  • Spikes Asia: Silver 2012 2部門
  • DuPont Awards: Silver 2011
  • AIM award: Grand Prix 2010 Winner
  • AIM award: Gold 2010 3部門
  • AIM award: Silver 2010
  • Worldwide Marketing & Commercial: Gold 2010 2部門
  • Worldwide Marketing & Commercial: Finalist 2010

出演[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]