小夜福子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さよ ふくこ
小夜 福子
小夜 福子
本名 東郷 富美子
生年月日 (1909-03-05) 1909年3月5日
没年月日 (1989-12-29) 1989年12月29日(80歳没)
出生地 日本の旗石川県
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1922年 - 1988年

小夜 福子(さよ ふくこ、本名:東郷富美子、旧姓:飯田、1909年明治42年)3月5日[1] - 1989年平成元年)12月29日)は日本の女優。昭和期の元宝塚歌劇団月組男役スター・月組組長タカラジェンヌで、宝塚歌劇団卒業生。石川県生まれ、静岡県沼津市育ち。愛称はイイダ、リンゴちゃん[2]

芸名小倉百人一首の第94番:参議雅経の『御吉野の 山の龝風 小夜更けて 舊里寒く 衣打つ也 (みよしのの やまのあきかぜ さよふけて ふるさとさむく ころもうつなり)』から命名された。

経歴[編集]

1921年(大正10年)、宝塚音楽歌劇学校(当時は宝塚少女歌劇団と一体であった。)に入学し、翌1922年(大正11年)、月組に配属。宝塚歌劇団11期生。昭和初期に男役で人気が出、1939年昭和14年)、月組組長になる。本公演で終演後に歌われる「さよなら皆様」の創唱者でもあった。

1940年(昭和15年)8月、宝塚歌劇団在団中に「小雨の丘」(サトウハチロー作詞、服部良一作曲)でコロムビアからレコードデビューするなど活躍をつづけたが、1942年(昭和17年)絶大な人気の最中に宝塚歌劇団を退団。宝塚歌劇団演出家である東郷静男との結婚や出産(ジャズ歌手東郷輝久)などあり一時期休業するが、1943年(昭和18年)に第二次東宝劇団に参加して復帰した。

戦後は劇団民藝に入団し、名脇役として活躍した。『セールスマンの死』、『アンネの日記』などの舞台に立った。1947年(昭和22年)に映画デビューして以降、映画やテレビドラマにも頻繁に出演した。気品がある優しい母親を演じることが多く、1957年(昭和32年)公開の『嵐を呼ぶ男』では石原裕次郎の母親役を演じた。1988年(昭和63年)の舞台『三年寝太郎』を最後に引退した。

1989年(平成元年)9月15日(金曜日)には病院に入院中の身でありながら、「徹子の部屋」にゲストとして出演をして宝塚少女歌劇団在団中の1939年(昭和14年)に第1回アメリカ公演でアメリカを訪問した時のエピソードなどを披露したものの同年12月29日、心不全のため80歳でこの世を去った。

著名な家族・親族たち[編集]

夫・静男、愛息・輝久のみならず身内に芸能・宝塚歌劇団卒業生が多い人物でもある。

  • 輝久の妻は元星組娘役八千代環稔幸の実母のいとこにあたる。
八千代は後に流けい子と芸名改称、歌手および歌唱指導者(彩輝なおなどに指導歴あり)として活躍中。

出演作品[編集]

宝塚時代の主な舞台[編集]

1934年の『トウランドット姫』での草笛美子(左)と小夜(右)
  • 月組公演『花王丸』(1923年3月20日 - 4月10日、宝塚新歌劇場(中劇場))
  • 月組公演「湖水の妖女」(1923年8月20日 - 9月20日、宝塚新歌劇場(中劇場))
  • 月組公演「角移し」(1923年10月25日 - 11月30日、宝塚新歌劇場(中劇場))
  • 月組公演『燈臺守の娘』『政岡の局』『火取り蟲』『褒姒』『月下氷人』(1924年3月1日 - 3月31日、宝塚新歌劇場(中劇場))
  • 月組公演「均一タクシー」(1926年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場
  • 月組公演「猩々捕」「喧嘩は止めろ」(1926年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「トンミーの夢」「時の経過」(1927年2月1日 - 2月28 宝塚大劇場)
  • 月組公演「小野道風」(1927年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「ベース・ボール」(1927年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「公時手柄ばなし」(1927年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「三人静」「イタリヤーナ」(1928年3月1日 - 3月31日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「慈光」(1928年6月1日 - 6月30日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「絶えざる動き」(1928年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「四人の歩哨」(1928年12月1日 - 12月28日、中劇場)
  • 月組公演「榎の僧正」(1929年3月1日 - 3月31日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「巷談日本妖怪選」「ドナウの漣」(1929年6月1日 - 6月30日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「シンデレラ」(1929年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「落葉」「賣切れ申候」(1929年12月1日 - 12月28日、中劇場)
  • 月組公演「賣家」(1930年2月1日 - 2月28日、中劇場)
  • 月組公演「富士太鼓」「玉蟲祈願」(1930年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • 月組公演『鎌腹」(1930年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「近代三銃士」「王朝華かなりし頃」「唐人お吉」「とんだ間違ひ」(1930年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「奴道成寺」(1931年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「變化雛」(1931年4月1日 - 4月30日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「短波長発信機」(1931年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「紅葉狩」「かたきうち」(1931年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「棒しばり」「フービーガール」(1932年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)*『棒しばり』は15日まで
  • 月組公演「太刀盗人」(1932年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「十津川少女」「ピストルを撃ったが」(1932年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「鏡獅子」「巴里ニューヨーク」(1933年2月1日 - 2月28日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「八犬傳」「お夏幻想曲」「ラヴリイラーク」(1933年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「日本花笠始」(1933年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「ロミオとジュリエット」- ロミオ 役(1933年10月1日 - 10月22日、中劇場)
  • 月組公演「春のをどり」「トウランドット姫」- カラフ 役(1934年3月26日 - 4月30日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「滄海秘曲」「竹柴道中記」(1934年5月5日 - 5月20日、中劇場)
  • 月組公演「人形」「古城の鐘」(1934年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「鳩姫里歸り」「素襖落」「青春」(1934年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「白鳥城譚」「モオンブルウメン」(1935年6月1日 - 6月30日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「仇討以上」「七日公爵」(1935年9月25日 - 10月31日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「火坑」「になひ文」「ミュージック・アルバム」(1936年2月1日 - 2月29日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「玉蟲祈願」「気まぐれジュリア」(1936年3月10日 - 3月25日、中劇場)
  • 月組公演「モンテクリスト伯爵」(1936年6月1日 - 6月30日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「牡丹書譜」「若き日のハイネ」(1936年7月10日 - 7月26日、中劇場)
  • 月組公演「ゐねむり寺」「ゴンドリア」(1936年9月26日 - 10月31日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「戀に破れたるサムライ」「マグノリア」(1937年3月1日 - 3月31日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「竹取後日日記」「黎明の歌」(1937年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「大江戸小唄双紙」(1937年8月7日 - 8月22日、中劇場)
  • 月組公演「砲煙」「たからじぇんぬ」(1937年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「荒城の月」「寶塚フォーリーズ」(1938年3月1日 - 3月31日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「木賊刈」(1938年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「夜討」「マーチ・オン・タイム」(1938年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「モロッコの豹」「宝塚花物語」(1939年2月26日 - 3月25日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「朝の歌」「我等の旅行記」(1939年8月26日 - 9月24日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「すめらみくに」(1940年1月1日 - 1月24日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「清姫」「春のをどり(白蘭の歌)」(1940年3月26日 - 4月24日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「思ひ出の流れ」「夏のをどり(花と稲妻)」(1940年6月26日 - 7月24日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「忘草忍ぶ草」「満潮」「航空日本」(1940年9月26日 - 10月24日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「夢見曾我」「美と力の讃歌」(1941年1月1日 - 1月24日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「正行出陣」「小夜ふく春風」「大やまとの歌」(1941年4月26日 - 5月25日、宝塚大劇場)
  • 月組公演「東へ帰る」(1942年2月26日 - 3月24日、宝塚大劇場)

映画[編集]

  • 満月城の歌合戦(1946年、松竹)
  • 音楽五人男(1947年、東宝)
  • 女だけの夜(1947年、東横) - 清水先生
  • 肉体の門(1948年、吉本プロ) - 折部みはる(婦人警察官) 
  • 銭形平次 捕物控 平次八百八町(1949年、新東宝) - お楽
  • 銀座の踊子(1950年、宝映プロ) - 振付師
  • 火山脈(1950年、大映) - 血脇の妻・信子
  • われ幻の魚を見たり(1950年、大映) - 妻・カツ子
  • レ・ミゼラブル あゝ無情 第一部 神と悪魔(1950年、東横) - お絹
  • レ・ミゼラブル あゝ無情 第二部 愛と自由の旗(1950年、東横) - お絹
  • 忠治旅日記 逢初道中(1952年、東映) - おしの
  • 原爆の子(1952年、近代映画協会) - 教会員
  • 縮図(1953年、近代映画協会)
  • 夜明け前(1953年、近代映画協会) - お民
  • 美しい人(1954年、新東宝) - 飲屋のお絹
  • 犬神家の謎 悪魔は踊る(1954年、東映) - 松子
  • からたちの花(1954年、日活) - おたき
  • 東京の空の下には(1955年、日活) - 三蔵の母
  • あした来る人(1955年、日活) - 梶の妻滋乃
  • 石合戦(1955年、民藝=日活) - 繁子
  • 銀心中(1956年、日活) - 栗本の女房
  • 病妻物語 あやに愛しき(1956年、日活) - 三好看護婦
  • 大忠臣蔵(1957年、松竹) - 戸田局
  • 嵐を呼ぶ男(1957年、日活) - 国分貞代
  • 白鷺(1958年、大映) - 巽おさい
  • やくざ先生(1960年、日活) - 園長夫人
  • 秋津温泉(1962年、松竹) - お澄
  • 非行少女(1963年、日活) - 沢田ちか子
  • 交換日記(1963年、日活)
  • ギャングの肖像(1965年、日活)
  • 処女が見た(1966年、大映) - 妙仙尼
  • 華麗なる一族(1974年、芸苑社) - 伊東夫人
  • 小林多喜二(1974年、多喜二プロ)
  • 男はつらいよ 寅次郎恋やつれ(1974年、松竹) - 歌子の姑
  • 風立ちぬ(1976年、ホリ企画制作) - 三浦しの
  • 永遠の1/2(1987年、ディレクターズ・カンパニー) - 祖母

テレビドラマ[編集]

  • 東芝日曜劇場(TBS)
    • 第34話「親子灯籠」(1957年)
    • 第60話「元禄忠臣蔵 お浜御殿綱豊卿」(1958年)
    • 第68話「中国越劇より 沈香扇」(1958年)
    • 第79話「女の幸福」(1958年)
    • 第225話「雨の庭」(1961年)
    • 第277話「北国物語」(1962年)
    • 第287話「夜の花火」(1962年)
    • 第391話「女の気持」(1964年)
    • 第502話「ふたりばっち」(1966年)
    • 第572話「鳥が」(1967年)
    • 第604話「結婚前夜」(1968年)
    • 第634話「うちの親爺」(1969年)
    • 第826話「妻の橋」(1972年)
    • 第861話「下町の女その7」(1973年)
    • 第903話「ふるさと」(1974年)
    • 第1234話「ひろしの歌がきこえる」(1980年)
    • 第1270話「妻の週末」(1981年)
  • ウロコ座(KR)
    • 第55・56話「佐々木小次郎」(1957年)
    • 第73・74話「美っつい庵主さん」(1958年)
    • 第90 - 92話「天狗草子」(1958年)
  • ここに人あり(NHK)
    • 第35・36話「師の影」(1958年)
    • 第46話「涙かれず」(1958年)
  • テレビ劇場(NHK)
    • 春の音(1958年)
    • 風吹きすさみ(1959年)
    • ガールフレンド(1959年)
    • 広島に生きる(1959年)
    • 暁(1960年)
    • 早春(1962年)
    • ひばり(1964年)
  • 雑草の歌(NTV)
    • 第13話「人間開眼」(1958年)
    • 第30話「悪魔の薬」(1958年)
    • 第69・70話「第二の誕生」(1959年)
  • お好み日曜座(NHK)
    • ちゃん(1959年)
    • 千里の駒(1959年)
  • 母と子 第4話「夜空」(1959年、KR)
  • ドキュメンタリードラマ・裁判 / 独房の女囚(1959年、KR)
  • 三行広告 第27話「ともしび日記」(1959年、CX)
  • 愛の劇場(NTV)
    • 第8話「赤インクの日記」(1959年)
    • 第39話「肉まんじゅう」(1960年)
    • 第62話「残像」(1960年)
    • 第88話「家族あわせ」(1961年)
  • サンヨーテレビ劇場 / 平和な物語(1960年、KR)
  • ゴールドステージ / 初恋(1960年、NTV)
  • 日立劇場 第30話「帰郷」(1960年、KR)
  • 軍歌 第7話「指」(1960年、KTV)
  • おかあさん(KR)
    • 第38話「お茶とお見合い」(1960年)
    • 第266話「演歌二代」(1964年)
  • 女の四季 第15・16話「夏のめざめ」(1960年、NET)
  • 廻れ人生 第29話「遭難」(1960年、NTV)
  • これが真実だ 第37話「会津娘子軍」(1960年、CX)
  • NECサンデー劇場(NET)
    • 裁きの果て(1960年)
    • 破戒(1961年)
    • クリミヤの灯りは消えず(1961年)
  • テレビ指定席(NHK)
    • 長い髪の女(1961年)
    • 冬の月(1962年)
    • 六人のおくりもの(1963年)
    • はらから(1965年)
  • 夫婦百景(NTV)
    • 第173話「一茶と新妻」(1961年)
    • 第257話「現代子宝物語」(1963年)
    • 第273話「潔癖夫人」(1963年)
    • 第281話「赤いネクタイ」(1963年)
    • 第322話「物忘れ夫婦」(1964年)
  • シャープ火曜劇場 第6話「忘れ得ぬ人」(1961年、CX)
  • プリンススリラー劇場 / 笑う男(1961年、CX)
  • 文芸劇場(NHK)
    • 第4話「ちちははの記」(1961年)
    • 第77話「潮騒」(1963年)
    • 第109話「河明り」(1964年)
  • 女の園(NHK)
    • 第6話「二階の嫁」(1961年)
    • 第43話「従姉妹たち」(1962年)
    • 第66話「旅ごころ」(1963年)
  • 判決(NET)
    • 第22話「真実の価値」(1963年)
    • 第105話「沖縄の子」(1964年)
    • 第150話「許しあえる日を」(1965年)
  • 事件記者(NHK)
    • 第131話「美談記事」(1963年)
    • 第242話「逃亡」(1965年)
  • シャープ月曜劇場 第25話「喪服の女」(1963年、CX) - きぬ
  • 娘の結婚 第10話「命ありけり」(1963年、NTV)
  • 赤穂浪士(1964年、NHK) - 八重
  • 二十四の瞳(1964年、12CH)
  • 日産スター劇場 / 駐在さんは多忙(1964年、NTV)
  • 男ありて 第5話「山袋」(1964年、NTV)
  • NHK劇場(NHK)
    • 急がない人生(1964年)
    • 原山先生の相談室(1965年)
    • ソクラテスの妻(1966年)
    • 小さな世界(1967年)
    • 時計(1968年)
  • 一千万人の劇場 / 荒れ地の女(1964年、CX)
  • 家庭劇場(NHK)
    • 第16話「おばあちゃん楽団誕生」(1965年)
    • 第32話「車掌さんワンダフル」(1965年)
  • ポーラ名作劇場 第64話「女の一生」(1965年、NET) - しず
  • 木下恵介アワー(TBS)
    • 記念樹(1967年) - 吉岡桃子
    • おやじ太鼓(1968年) - 高円寺のおばちゃん
    • 幸福相談(1972年)- サク
    • おやじ山脈(1972年)
    • わが子は他人(1974年) - ゆき
  • 近鉄金曜劇場 / お前のとまり木(1966年、TBS)
  • 船場(1967年、関西テレビ)
  • 剣 第23話「岡場所の女」(1967年、NTV)
  • 大奥(1968年、CX) - お由利(浄円院
  • ガッツジュン(1971年、TBS)
  • 鉄道100年 大いなる旅路(1972年、日本テレビ)
  • 出雲の阿国(1973年、NET)
  • 水戸黄門(TBS)
    • 第4部 第7話「消えた雛人形 -新発田-」(1973年) - おきぬ
    • 第12部 第10話「殴られた黄門様 -伏見-」(1981年) - お茂
  • 華麗なる一族(1975年、MBS) - 佐橋周子
  • 夫婦旅日記 さらば浪人 第11話「おっかさん一筆啓上」(1976年、フジテレビ)
  • ひろしの歌がきこえる(1980年、TBS)
  • 赤い絆(1977年 - 1978年、TBS)
  • ダウンタウン物語(1981年、日本テレビ) - 山口貞子
  • 土曜ワイド劇場 / 滋賀銀行九億円横領事件(1981年、テレビ朝日)
  • Gメン'75 第350話「壁の中の赤い殺意」(1982年、TBS) - 大竹トモ
  • 月曜ワイド劇場 / 妻の日の愛のかたみに(1982年、テレビ朝日)
  • 金曜女のドラマスペシャル / 老熟家族(1985年、フジテレビ)

脚注[編集]

  1. ^ ガッツジュン 広報資料再録 レギュラーメンバー紹介」『シルバー仮面アイアンキングレッドバロン大全―宣弘社ヒーローの世界』 岩佐陽一 編、双葉社2001年8月10日、pp.184-186。ISBN 978-4575292626
  2. ^ 『寳塚』平井房人著、啓方閣、1934年10月5日、P48

外部リンク[編集]