星風まどか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ほしかぜ まどか
星風 まどか
生年月日 11月11日
出生地 日本の旗 日本 東京都国分寺市
身長 162cm
血液型 A型
職業 舞台俳優
ジャンル 舞台宝塚歌劇
活動期間 2014年 -
活動内容 2014年:宝塚歌劇団入団
2015年:宙組配属
2017年:宙組トップ娘役就任
公式サイト 星風まどか公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
神々の土地〜ロマノフたちの黄昏〜
WEST SIDE STORY
オーシャンズ11
テンプレートを表示

星風 まどか(ほしかぜ まどか、11月11日[1] - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する娘役。宙組トップ娘役。

東京都国分寺市[1][2]国立音楽大学附属中学校出身[1][2]。身長162cm[1]。血液型A型[3]。愛称は「まどか」[1]

来歴[編集]

2012年、宝塚音楽学校入学。

2014年、宝塚歌劇団に100期生として入団[4][5][6][7]。入団時の成績は3番。月組公演「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台[1][4]。歌唱、芝居、踊りで入団後早くから頭角を現し[2]、同年、組まわり中に出演した宙組公演「白夜の誓い」で、トップスター凰稀かなめ演じるグスタフIII世の少年時代役に抜擢を受ける[4][5][6][7]

2015年、阪急阪神の初詣ポスターモデルに起用される[4]。同年、組まわりを経て宙組に配属[4][6]。同年、朝夏まなと実咲凜音トップコンビ大劇場お披露目となる「王家に捧ぐ歌」で、新人公演初ヒロイン[4][5][6]。配属3ヶ月足らず、入団2年目での抜擢となった[4]。続く「相続人の肖像」でバウホール公演初ヒロイン[5][6]

2016年、「ヴァンパイア・サクセション」(ドラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場公演)で、東上公演初ヒロイン[6][7]。続く「エリザベート」で2度目の新人公演ヒロイン[5]。タイトルロールとなるエリザベートを演じ、本公演では大役[5]少年ルドルフを演じる[5]

2017年、「パーシャルタイムトラベル」で2度目のバウホール公演ヒロイン[8]。同年11月20日付で、真風涼帆の相手役として宙組トップ娘役に就任[7]。100期生からは初のトップ誕生となり[6]、1998年に創設された宙組からは初の生え抜きトップの誕生となった[7][6]。同年末の「タカラヅカスペシャル2017」でプレトップお披露目[9]

2018年、「天は赤い河のほとりシトラスの風」で、新トップコンビ大劇場お披露目[6]

人物[編集]

宝塚ファンだった母の影響で、「たぶんお腹にいた頃から観ていた」というほど宝塚が身近な存在だった[4]

宝塚大劇場での初観劇は、2008年月組公演「ME AND MY GIRL[3]。大劇場でのラインダンスを観た瞬間に感動して、自分もこの舞台に立ちたいと受験を決意[3]

憧れの上級生は、音楽学校の授業で教えてもらったこともある南風舞[3]

芸名の「まどか」は、音楽学校時代の恩師にイメージしてもらった漢字「円」に由来する[4]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

宙組時代[編集]

宙組トップ娘役時代[編集]

  • 2018年1月、『WEST SIDE STORY』(東京国際フォーラム) - マリア トップお披露目公演
  • 2018年3〜6月、『天(そら)は赤い河のほとり』 - ユーリ・イシュタル、新人公演:詠美(本役:天瀬はつひ)、姫『シトラスの風-Sunrise-大劇場トップお披露目公演[6]、エトワール
  • 2018年7〜8月、『WEST SIDE STORY』(梅田芸術劇場) - マリア
  • 2018年10〜12月、『白鷺(しらさぎ)の城(しろ)』 - 玉藻前、妲己、祭禮の女『異人たちのルネサンス-ダ・ヴィンチが描いた記憶-』 - カテリーナ[10][11]
  • 2019年2月、『黒い瞳』 - マリア・イヴァーノブナ(マーシャ)『VIVA! FESTA! in HAKATA』(博多座
  • 2019年4〜7月、『オーシャンズ11』 - テス・オーシャン
  • 2019年8〜9月、『追憶のバルセロナ』 - イサベル『NICE GUY!!-その男、Sによる法則-』(全国ツアー)
  • 2019年11〜2020年2月、『El Japón(エル ハポン)-イスパニアのサムライ-』 - カタリナ『アクアヴィーテ(aquavitae)!!〜生命の水〜』[2]
  • 2020年3〜4月、『FLYING SAPA-フライング サパ-』(TBS赤坂ACTシアター) - ミレナ[2]予定
  • 2020年6〜8月、『アナスタシア』[12]予定

出演イベント[編集]

  • 2016年12月、『タカラヅカスペシャル2016〜Music Succession to Next〜』
  • 2017年12月、『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年2月、『宙組誕生20周年記念イベント』
  • 2019年10月、第55回『宝塚舞踊会〜祝舞御代煌(いわいまうみよのきらめき)〜』
  • 2019年12月、『タカラヅカスペシャル2019-Beautiful Harmony-』

TV出演[編集]

広告[編集]

受賞歴[編集]

  • 2017年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2016年度新人賞
  • 2019年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2018年度努力賞

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、146頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c d e <華宝塚>高みをめざして常に前へ 星風まどか(宙組)”. 東京新聞. 2020年1月23日閲覧。
  3. ^ a b c d 「To The Future/宝塚GRAPH 2015年7月号」、宝塚クリエイティブアーツ、2015年、117頁
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 「王家に捧ぐ歌」新人公演で初ヒロイン/星風まどか”. 日刊スポーツ (2015年7月2日). 2018年1月1日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j 星風まどか“生まれる前から見ていた”申し子”. スポニチ (2016年7月11日). 2018年1月4日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n “「本能寺ホテル」の綾瀬はるかヒントに/星風まどか”. 日刊スポーツ. (2018年3月8日). https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/201803080000337.html 2019年10月10日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g 宝塚宙組次期トップコンビに真風涼帆と星風まどか日刊スポーツ
  8. ^ a b さかせがわ猫丸 (2017年6月18日). “宙組『パーシャルタイムトラベル 時空の果てに』”. 論座. https://webronza.asahi.com/culture/articles/2017061300006.html 2019年10月10日閲覧。 
  9. ^ タカラヅカSP開幕!真風涼帆、轟悠ら豪華58人”. 日刊スポーツ. 2017年12月21日閲覧。
  10. ^ “宝塚宙組トップ娘役・星風まどか けがで1場面のみ代役登場”. デイリースポーツ. (2018年10月5日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/10/05/0011704693.shtml 2019年10月10日閲覧。 
  11. ^ 10/5~15まで、怪我のためフィナーレのデュエットダンスのみ部分休演。代役は夢白あやが務めた。
  12. ^ 宝塚宙組「アナスタシア」上演決定、真風涼帆演じるディミトリの新曲も”. ステージナタリー. 2019年10月28日閲覧。
  13. ^ “TOCCA FLOWER WALTS”. TOCCA. (2018年8月24日). https://www.tocca-japan.com/flower-waltz/ 2019年12月3日閲覧。 

外部リンク[編集]