今西正子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今西 正子(いまにし まさこ、7月21日 - )は、元宝塚歌劇団娘役(元星組組長専科)、宝塚音楽学校顧問。宝塚歌劇団に在団中の芸名は葉山 三千子(はやま みちこ)だが、女優の葉山三千子とは別人。京都市出身。

略歴[編集]

1957年に宝塚歌劇団に入団。44期生[1]。宝塚入団時の成績は52人中38位[2]。初舞台公演の演目は雪組公演『春の踊り[2]』。

1975年から雪組副組長、1976年から月組副組長を務めた後に異動、1979年から1993年まで星組組長を務め、組長と平行して歌劇団の理事職にも就く。

1993年7月29日[2]一樹千尋に星組組長を譲り専科に異動。1996年に舞台活動を完全引退後、宝塚音楽学校の副校長に就任。

2013年、宝塚音楽学校副校長を定年のため7月26日付で退任。同時に同校の理事と評議員も退任し、同校顧問に就任[3]

2014年4月、宝塚歌劇100周年を記念して宝塚大劇場内に開館した「宝塚歌劇の殿堂」[4]の殿堂入り100名に、葉山 三千子として選出[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]