2020年の宝塚歌劇公演一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本項目は2020年の宝塚歌劇公演一覧(2020ねんのたからづかかげきこうえんいちらん)について示す。

新型コロナウイルスの影響により、4月から6月までの公演中止と公演スケジュール見直しを発表された[1]

宝塚大劇場公演[編集]

雪組[編集]

星組[編集]

新型コロナウイルスの影響により、2月29日から3月8日まで公演中止[2][3]

花組[編集]

公演関係者に新型コロナウイルスの陽性反応が認められたため、8月2日から8月31日まで公演中止[4][5]

雪組[編集]

月組[編集]

宙組[編集]

東京宝塚劇場公演[編集]

宙組[編集]

雪組[編集]

  • 2月21日(金) - 3月22日(日)
    • 『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』(脚本・演出:小池修一郎)
新型コロナウイルスの影響により、2月29日から3月8日まで、3月11日から3月21日まで公演中止[2][6]

星組[編集]

  • 7月31日(金)~ 9月20日(日)
    • 『眩耀の谷 〜舞い降りた新生〜』(作・演出・振付:謝珠栄)
    • 『Ray -星の光線-』(作・演出:中村一徳)
公演関係者に新型コロナウイルスの陽性反応が認められたため、8月7日から8月20日まで公演中止[7]

雪組[編集]

  • 9月26日(土)- 10月3日(土)
    • 『NOW! ZOOM ME!』(作・演出:齋藤吉正)

花組[編集]

  • 10月9日(金) - 11月15日(日)
    • 『はいからさんが通る』〜原作:大和和紀「はいからさんが通る」(講談社KCDXデザート)(C)大和和紀/講談社〜(脚本・演出:小柳奈穂子)

月組[編集]

  • 11月20日(金) - 2021年1月3日(日)
    • 『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』(作・演出:植田紳爾、監修:五代目坂東玉三郎)
    • 『ピガール狂想曲』〜W.シェイクスピア原作「十二夜」より〜(作・演出:原田諒)

宝塚バウホール公演[編集]

専科・雪組公演[編集]

その他の特別公演[編集]

花組[編集]

月組[編集]

新型コロナウイルスの影響により、2月28日をもって公演中止[2]
新型コロナウイルスの影響により、2月28日をもって公演中止[2]

宙組[編集]

  • 8月14日(金) - 8月18日(火) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

雪組[編集]

公演関係者に新型コロナウイルスの陽性反応が認められたため、当初のスケジュールでの開催を見合わせていた[8]

星組[編集]

  • 11月20日(金)- 11月28日(土) 梅田芸術劇場 メインホール

催し物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Inc, Natasha. “月組トップコンビも退団日変更に、宝塚歌劇団公演中止を6月末まで延長” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月17日閲覧。
  2. ^ a b c d Inc, Natasha. “宝塚歌劇団、2月29日より当面の間公演中止” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月17日閲覧。
  3. ^ Inc, Natasha. “宝塚歌劇団が3月9日から公演を再開” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月17日閲覧。
  4. ^ Inc, Natasha. “宝塚歌劇団花組「はいからさんが通る」当面の間、公演中止に” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月17日閲覧。
  5. ^ Inc, Natasha. “雪組「炎のボレロ」当初日程での開催見合わせ、花組「はいからさんが通る」は8月いっぱい中止” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月17日閲覧。
  6. ^ Inc, Natasha. “宝塚歌劇団の公演、中止期間を3月21日まで延長” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月17日閲覧。
  7. ^ Inc, Natasha. “宝塚歌劇団星組「眩耀の谷」8月21日から公演再開” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月17日閲覧。
  8. ^ Inc, Natasha. “雪組「炎のボレロ」「Music~」振替公演、梅田芸術劇場で8月29日から” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月17日閲覧。

外部リンク[編集]