奈良美也子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なら みやこ
奈良 美也子
本名 和田鐵子
生年月日 (1907-01-01) 1907年1月1日
没年月日 (2000-12-13) 2000年12月13日(93歳没)
出生地 日本の旗 日本石川県金沢市
死没地 日本の旗 日本埼玉県上福岡市
国籍 日本
民族 日本人
職業 女優
ジャンル 宝塚歌劇
活動期間 1919年 - 1939年
活動内容 1919年宝塚歌劇団入団
1939年:同劇団退団。その後、花柳禄也として歌劇団生徒を指導。日本舞踊家として活動する。
2000年脳梗塞のため逝去。
著名な家族 養母:花柳禄寿
主な作品
宝塚歌劇
モン・パリ
パリ・ゼット

奈良 美也子(なら みやこ、本名:和田鐵子[1]1907年(明治40年)1月1日[2][3]-2000年(平成12年)12月13日)とは宝塚少女歌劇団(現・宝塚歌劇団花組主演男役クラス・元花組組長の人物である。石川県金沢市出身[4]。愛称はワァさん[5]、わーちゃん[3]。宝塚少女歌劇団退団後は師匠である花柳禄寿の養女になり、花柳禄也として歌劇団生徒を指導し、また、日本舞踊家としても活動した。

略歴[編集]

1919年、天王寺第一尋常小学校(現・大阪市立天王寺小学校)卒業後に[6]宝塚歌劇団9期生として、宝塚音楽歌劇学校(現在の宝塚音楽学校)に入学して、宝塚少女歌劇団(現在の宝塚歌劇団)に入団。当時は学校と劇団が分離しておらず「入学=入団」であった。芸名は小倉百人一首の第61番:伊勢大輔の「古の 奈良の 八重櫻 今日九重に 匂ひぬるかな (いにしへの ならみやこの やへざくら けふここのへに にほひぬるかな)」から名付けられた。

1920年3月、第25回公演『毒の花園』で初舞台を踏む。

1931年、花組組長就任。

1936年、花組組長退任。

1939年5月31日、宝塚少女歌劇団退団。

2000年12月13日、逝去。享年93。

宝塚少女歌劇団時代の主な出演[編集]

  • 『毒の花園』(1920年3月20日 - 5月20日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))
  • 『結婚嫌ひ』『犬の停車場』(1921年7月20日 - 8月31日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))
  • 『魔法の人形』(花組)(1922年2月1日 - 2月25日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))
  • 『僧房を焼いて』(花組)(1922年5月1日 - 5月31日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))
  • 『竈姫』(花組)(1922年11月1日 - 12月1日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))
  • 『すくなびこな』『アミナの死』(花組)(1923年4月11日 - 5月10日、宝塚新歌劇場(中劇場))
  • 楊貴妃』(花組)(1923年9月25日 - 10月24日、宝塚新歌劇場(中劇場))
  • 『古栁の嘆き』(花組)(1924年1月1日 - 1月31日、宝塚新歌劇場(中劇場))
  • 『昔噺帝釋天』『中山寺緣起』『學生通辯』(花組)(1924年5月1日 - 5月21日、宝塚新歌劇場(中劇場))
  • 『身替音頭』 (・花組)(1924年7月19日 - 9月2日、宝塚大劇場
  • 『貴妃醉酒』『阿含焔』『現代教育』(花組)(1925年2月1日 - 2月28日、中劇場)
  • ジャックと豆の木』『陰雨』『かいまみ少將』(花組)(1925年6月1日 - 6月30日、宝塚大劇場)
  • 『サンドミンゴの哀話』『白張の局』『結婚媒介業』(花組)(1925年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場)
  • 『牛曳婿』(花組)(1926年3月1日 - 3月31日、宝塚大劇場)
  • 『三人片輪』『美粧倶楽部』(花組)(1926年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • 『セビラの理髪師』(花組)(1926年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場)
  • 『死の舞踏』『これは不思議』『小萩塚物語』(花組)(1926年12月1日 - 12月19日、中劇場)
  • 『篁詫状文』『慈光』『曽我兄弟』(花組)(1927年3月1 - 3月31日、宝塚大劇場)
  • モン・パリ』(花組)(1927年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場)
  • 『夜討』『丑満時』(花組)(1927年12月1日 - 12月28日、中劇場)
  • 『嫁違ひ』『北野緣起』『イタリヤーナ』(花組)(1928年2月1日 - 2月29日、宝塚大劇場)
  • 『桐一と本檢校』『春のをどり』(花組)(1928年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • 『祗王祗女』(花組)(1928年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
  • 『ユーディット』(花組)(1928年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
  • 『耳無釜』『壽式三番』『紐育行進曲』(花組)(1929年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
  • 『節約結婚』『繪踏』(花組)(1929年4月1日 - 4月30日、宝塚大劇場)
  • 『江差追分・黒髪・寶塚の印象』『加茂詣』(花組)(1929年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
  • 『光』(雪組)(1929年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
  • 『勧進帳』『ブロードウェイ』(花組)(1930年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
  • 『瓜盗人』『リナルドの幽霊』(花組)(1930年4月1日 - 4月30日、宝塚大劇場)
  • 『傳家の寶剣』『井筒姫』(花組)(1930年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
  • 『パリゼット』(花組)(1930年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場)
  • 『春日藤縁起』(花組)(1931年6月1日 - 6月30日、宝塚大劇場)
  • 『鳥羽僧正』『ローズ・パリ』(花組)(1931年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場)
  • 『古波陀乙女』『蕎麦屋高尾』(花組)(1931年12月1日 - 12月28日、中劇場)
  • 『航海御用心』『地蔵山伏』『忠臣蔵』(花組)(1932年3月1日 - 3月31日、宝塚大劇場)
  • 『七夕船』『パリゼット』(花組)(1932年6月1日 - 6月30日、宝塚大劇場)
  • 『鑪秋廣』(花組)(1932年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場)
  • 『蝦夷の義経』『巴里ニューヨーク』(花組)(1933年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
  • 『中麿の妻』『火吹竹参内』(花組)(1933年4月1日 - 4月30日、宝塚大劇場)
  • 『金岡』『鐘ヶ淵』(花組)(1933年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場)
  • 『安土物語』(花組)(1934年1月1日 - 1月16日、中劇場)
  • 『るぱど・きりしたん』『太平洋行進曲』『トウランドット姫』- カラフ 役(花組)(1934年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • 『猫』(花組)(1934年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場)
  • 『六條河原』『四人姉妹』(花組)(1934年11月3日 - 11月18日、中劇場)
  • 『起居舞』(花組)(1935年3月1日 - 3月31日、中劇場)
  • 『夜鶴双紙」『アメリカン・ラプソディ』『身替り聟』『明け行く太平洋』(花組)(1935年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • 『霊泉』『番傘お練り』(花組)(1935年9月1日 - 9月24日、宝塚大劇場)
  • 『廣瀬中佐』『天狗舞』(花組)(1936年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
  • 『雨月物語』『竈姫』(花組)(1936年2月1日 - 2月29日、中劇場)
  • 『鷹嶺拾遺』(花組)(1936年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • 『寶塚歌舞伎双紙』(花組)(1936年9月1日 - 9月25日、宝塚大劇場)
  • 『南蠻繪皿』『コヴァチ大尉』(花組)(1936年10月8日 - 10月28日、中劇場)
  • 『プリマ・ドンナ』『寶塚をどり暦』(花組)(1937年2月1日 - 2月28日、宝塚大劇場)
  • 『古波陀乙女』『シャンソン・ド・パリ』『チョコレート中尉』(花組)(1937年3月7日 - 3月21日、中劇場)
  • 『南蠻寺記』(花組)(1937年7月10日 - 7月25日、中劇場)
  • 空海』(花組)(1938年4月1日 - 4月30日、宝塚大劇場)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『寳塚歌劇少女の生活』河原蓬著、育文館書店、1922年11月25日、P5
  2. ^ 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1933年1月、154号
  3. ^ a b 婦人倶楽部』、講談社、1934年11月号
  4. ^ 『寳塚花束』平井房人著、至寶書院、1937年3月20日、P138
  5. ^ 『わが青春の宝塚』葦原邦子著、善本社、1979年3月8日、P109
  6. ^ 『寳塚花束』平井房人著、至寶書院、1937年3月20日、P141