華優希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はな ゆうき
華 優希
生年月日 11月13日
出生地 京都府京都市
身長 162cm
血液型 A型
職業 舞台俳優
ジャンル 舞台宝塚歌劇
活動期間 2014年 -
活動内容 2014年:宝塚歌劇団入団
2015年花組配属
公式サイト 華優希 公式プロフィール
主な作品
はいからさんが通る

華 優希(はな ゆうき、11月13日[1] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する娘役。

京都府京都市[1]立命館高等学校出身[1]。身長162cm[1]。血液型A型[2]。愛称は「はなちゃん」、「のぞみ」[1]

来歴[編集]

2012年4月、宝塚音楽学校入学。同期には現宙組トップ娘役星風まどか音くり寿天彩峰里聖乃あすか風間柚乃極美慎などがいる。

2014年3月、宝塚歌劇団に100期生として入団。入団時の成績は23番。月組公演「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台。

2015年2月、組廻りを経て花組に配属。同年、台湾公演「ベルサイユのばら/宝塚幻想曲」の選抜メンバーに選ばれ、最下級生として参加。

2017年、「邪馬台国の風」で、新人公演初ヒロイン。同年、「はいからさんが通る」(ドラマシティ・日本青年館公演)でヒロイン[3]

2019年、「CASANOVA」で、新人公演ヒロイン。 同年4月29日付で明日海りおの相手役として、花組トップ娘役に就任予定[4]

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2014年3月~6月、月組『宝塚をどり/明日への指針-センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!』(宝塚大劇場のみ)

組廻り[編集]

花組配属後[編集]

  • 2015年3月~6月『カリスタの海に抱かれて/宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)』
  • 2015年7月~8月、『ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-/宝塚幻想曲』(梅田芸術劇場台北国家戯劇院
  • 2015年10月~12月、『新源氏物語/Melodia-熱く美しき旋律-』新人公演:あきつ(本役:音くり寿
  • 2016年4月~7月、『ME AND MY GIRL
  • 2016年9月、『アイラブアインシュタイン』(バウホール
  • 2016年11月~2017年2月、『雪華抄/金色の砂漠』アムダリヤ(回想)、新人公演:ギィ(幼少時代)(本役:明日海りお
  • 2017年3月~4月、『仮面のロマネスクEXCITER!!2017』(全国ツアー)ジュリー
  • 2017年6月~8月、『邪馬台国の風/Santé!!~最高級ワインをあなたに~』少年タケヒコ、新人公演:マナ(本役:仙名彩世*新人公演初ヒロイン
  • 2017年10月、『はいからさんが通る』(シアタードラマシティ・日本青年館)花村紅緒 *ヒロイン
  • 2018年1月~3月、『ポーの一族』メリーベル、新人公演:マルグリット・ヘッセン(本役:華雅りりか
  • 2018年5月、『あかねさす紫の花/Santé!!~最高級ワインをあなたに~』(博多座)鵜野皇女
  • 2018年7月〜10月、『MESSIAH −異聞・天草四郎−/BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』小平、新人公演:福(本役:桜咲彩花
  • 2018年11月〜12月、『メランコリック・ジゴロ -あぶない相続人-/EXCITER!!2018』(全国ツアー)ティーナ
  • 2019年2月〜4月、『CASANOVA』セラフィーナ、新人公演:ベアトリーチェ(本役:仙名彩世*新人公演ヒロイン

出演イベント[編集]

  • 2017年12月、『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー ~モンパリ誕生90周年~』
  • 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!』

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2018年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2018年、36頁。ISBN 978-4-86649-049-6
  2. ^ 『ザ・タカラヅカⅥ 花組特集』 宝塚クリエイティブアーツ、2015年、79頁。ISBN 978-4-908135-63-7
  3. ^ 「はいからさんが通る」キャスト宝塚歌劇団公式サイト
  4. ^ 花組 次期トップ娘役について 宝塚歌劇・公式

外部リンク[編集]