鷹翔千空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鷹翔 千空(たかと ちあき、5月18日[1] - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する男役スター。

滋賀県草津市[1]県立東大津高等学校出身[1]。身長175cm[1][2]。血液型A型[3]。愛称は「こってぃ」[1]

来歴[編集]

2013年、宝塚音楽学校入学。

2015年、宝塚歌劇団に101期生として首席入団[4][5]月組公演「1789」で初舞台[5]。その後、宙組に配属[5]

2016年の阪急阪神初詣ポスターモデルに起用される[6][7]

2018年、真風涼帆星風まどかトップコンビ大劇場お披露目となる「天は赤い河のほとり」で、新人公演初主演[4][8]。入団4年目での抜擢となった[8]

2019年の「オーシャンズ11」で2度目の新人公演主演[2][9][5]

2023年の「夢現の先に」でバウホール公演初主演を務めることが発表された[10]

人物[編集]

同じ滋賀県出身の元星組トップスター・安蘭けいがきっかけで宝塚に熱中し、音楽学校受験を決意[5]

芸名は、音楽学校の本科生時代に、草津に帰省した際に漢字ごと思いついた[5]。「空」の字は「空席」を連想させ、興行界では敬遠される文字だが、自身の生まれが5月のため「秋」ではしっくりこず、田舎の広い空を見てひらめいたので、「空」とした[5]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

宙組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』(コーラス)
  • 2018年2月、『宙組誕生20周年記念イベント』[4]
  • 2019年7月、『宝塚巴里祭2019』
  • 2021年4月、星風まどかミュージック・サロン『夢みるMadonna』

TV出演[編集]

広告[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2022年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、140頁。ISBN 978-4-86649-189-9
  2. ^ a b c 宝塚宙組新人公演「オーシャンズ11」主演の鷹翔「がむしゃらに走りました」 デイリースポーツ。
  3. ^ 『To The Future/宝塚GRAPH 2016年9月号』 宝塚クリエイティブアーツ、2016年、101頁。
  4. ^ a b c d e f g 名取千里 (2018年4月1日). “101期生としていち早く新人公演 主演を射止め、期待が高まる”. ウィズたからづか. http://with-takarazuka.com/fairy/2018/04/ 2019年11月30日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i j 筒井政也 (2019年4月11日). “鷹翔千空、「オーシャンズ11」で2度目の主演 新時代のスターにトライ!”. スポーツ報知. https://hochi.news/articles/20190414-OHT1T50125.html 2019年11月30日閲覧。 
  6. ^ a b 2016 Takarasienne Interview 宙組 鷹翔千空さん - ウェイバックマシン(2016年1月9日アーカイブ分)
  7. ^ a b 50年のあゆみ - 年の初めを飾るTOKK年始号 表紙特集”. 阪急阪神マーケティングソリューションズ. 2022年3月25日閲覧。
  8. ^ a b c 宝塚宙組・鷹翔千空、101期生初主演「終わった瞬間ビックリするほどホッとした」”. デイリースポーツ. 2019年10月8日閲覧。
  9. ^ a b c d 名取千里 (2019年5月1日). “エンターテインメント大作『オーシャンズ11』新人公演でスーツをダンディに着こなすダニー役を。”. ウィズたからづか. http://www.with-takarazuka.com/fairy/2019/05/ 2019年11月30日閲覧。 
  10. ^ a b 宙組トップスター・真風涼帆リサイタル「MAKAZE IZM」上演決定、鷹翔千空はバウ初主演 ステージナタリー。
  11. ^ 阿部サダヲが現役タカラジェンヌたちと競演! ニュースウォーカー。

外部リンク[編集]