碧海さりお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

碧海 さりお(あおみ さりお、6月16日[1] - )は、宝塚歌劇団星組に所属する男役

石川県金沢市出身[1]星稜高等学校出身[1]。身長169cm[1]。愛称は「ちゃりお」、「さりお」[2]

略歴[編集]

2013年4月、宝塚音楽学校入学。

2015年、101期生として宝塚歌劇団入団。月組宝塚大劇場公演『1789-バスティーユの恋人たち-』で初舞台。その後、星組に配属。

2015年9月、NHK放送90年ドラマ『「経世済民の男」小林一三〜夢とそろばん〜』(NHK総合)に出演。初期の宝塚歌劇の舞台シーンで当時のタカラジェンヌを演じる[3]。ドラマでは日本で初めて「レビュー」を冠したとされる舞台『モン・パリ』が再現された[3]

人物[編集]

芸名の由来は「紺碧の空、果てしない海の様に遥か彼方まで、可能性は無限大」というもの[1]

出演[編集]

初舞台公演[編集]

星組配属後[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』阪急コミュニケーションズ、2017年、123頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  2. ^ 碧海さりお”. 宝塚歌劇団. 2017年3月22日閲覧。
  3. ^ a b ニュースウォーカー・阿部サダヲが現役タカラジェンヌたちと競演!”. KADOKAWA (2015年6月25日). 2016年3月25日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『宝塚おとめ』阪急コミュニケーションズ〈タカラヅカMOOK〉、2017年度版、123頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  • 『宝塚おとめ』阪急コミュニケーションズ〈タカラヅカMOOK〉、2016年4月16日、2016年度版、126頁。ISBN 978-4-908135-67-5OCLC 947281938ASIN 4908135673
  • To The Future」『宝塚GRAPH』2016年6月号、宝塚クリエイティブアーツ、2016年5月20日、 125頁、 ASIN B01E98HE3E
  • 初舞台生座談会」『歌劇』2015年6月号、宝塚クリエイティブアーツ、2015年6月5日、 119頁、 ASIN B00XMD3AY0
  • 楽屋日記」『歌劇』2016年10月号、宝塚クリエイティブアーツ、2016年10月5日、 173頁、 ASIN B01LM0PABU

外部リンク[編集]