フィリップ・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フィリップ
Philipp
コーブルグ=コハーリ家
Coburg Philipp Louise (crop).jpg
フィリップ(1875年)
全名
出生 1844年3月22日
フランスの旗 フランス王国パリテュイルリー宮殿
死去 1921年7月4日(満77歳没)
ドイツの旗 ドイツ国コーブルク
埋葬 ドイツの旗 ドイツ国コーブルク、聖アウグスティン教会
配偶者 ルイーズ・フォン・ベルギエン
子女 レオポルト・クレメンス
ドロテア
父親 アウグスト
母親 クレマンティーヌ
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

フィリップ・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータドイツ語: Philipp von Sachsen-Coburg und Gotha, 1844年3月22日 - 1921年7月4日)は、コハーリ侯爵家の公子。ブルガリアフェルディナンド1世の長兄にあたる。金羊毛勲章ポルトガル塔および剣勲章英語版を受章している。

生涯[編集]

ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アウグストと、その妻のフランス王女クレマンティーヌルイ=フィリップ1世の四女)の長男として生まれ、1870年にハンガリー王国軍英語版の陸軍少佐となった。1875年2月4日、従姪にあたるベルギー王女ルイーズ(従兄のレオポルド2世の長女)と結婚した。

フィリップは義弟のオーストリア皇太子ルドルフとは親友で、1889年1月30日未明に起きたマイヤーリンク事件英語版ではヨーゼフ・ホヨス=シュプリンツェンシュタイン伯爵および近習のヨハン・ロシェックと一緒に、ルドルフ皇太子とその愛人マリー・フォン・ヴェッツェラの遺体を発見している。

ルイーズとの結婚生活は悲惨なものであり、ルイーズは1896年に夫の許を離れて別居した。2年後の1898年には彼女に対する禁治産宣告が出され、1906年1月15日には二人の離婚が成立した。ルイーズはハンガリー貴族のマッタチチュ=ケグレヴィチ・ゲーザ伯爵(Mattachich-Keglevich Geza, 1867年 - 1923年)と長く愛人関係にあったため、フィリップは主君の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世から妻の情夫との決闘を命じられている。ルイーズはまたフィリップの副官とも男女の関係にあった。

フィリップはコーブルクにある城館で晩年を過ごし、77歳でこの世を去った。遺骸はコーブルクの聖アウグスティン教会英語版にあるコハーリ侯爵家の地下納骨堂に埋葬された。

子女[編集]

ルイーズとの間に1男1女を儲けた。

フィリップ(左)と次弟のルートヴィヒ・アウグスト(1866年頃)