曽我桂子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

曽我 桂子(そが けいこ)とは元宝塚歌劇団雪組組長東京都出身。東京文花学院出身。宝塚歌劇団時代の愛称はノッピロ。以前の芸名は曽我 ゆかり(そが -)。

略歴[編集]

1950年37期生として、宝塚歌劇団に入団し、『ユング・ハイデルベルヒ』で初舞台を踏む。宝塚入団時の成績は43人中12位[1]。同年、雪組[1]に配属される。

1979年から退団の年まで雪組組長を務める。

1983年3月30日[1]、宝塚歌劇団を退団。最終出演公演の演目[1]は雪組・東京宝塚劇場公演『パリ変奏曲/ゴールデン・ドリーム』である。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

  • シャンゴ』踊る男 役(1967年6月 - 8月、宝塚大劇場
  • 『シャンゴ』踊る男 役(1968年3月、宝塚大劇場)
  • 回転木馬』星の番人 役(1969年5月 - 7月、宝塚大劇場)
  • かぐら』大蛇A 役(1972年3月 - 4月、宝塚大劇場)
  • カンテ・グランデ』ファニータの父 役(1973年6月 - 7月、宝塚大劇場)
  • 星影の人』横井良玄 役(1976年6月 - 8月、宝塚大劇場)
  • 『星影の人』近藤勇 役(1977年4月 - 5月、地方公演)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、47頁。ISBN 9784484146010

関連項目[編集]