鴨川清作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鴨川 清作(かもがわ せいさく、1925年1月23日 - 1976年8月11日[1])は、日本の演出家である。元宝塚歌劇団理事。

宝塚歌劇団の演出家として活躍し、主にショーの作・演出を手がけた。代表作に『シャンゴ』、『ノバ・ボサ・ノバ』、『ラ・ラ・ファンタシーク』などがある。

略歴[編集]

1954年に宝塚歌劇団に入団。1976年8月、自身が手がけた作品である『ノバ・ボサ・ノバ』の再々演初日の前日に死去。

作品[編集]

大劇場[編集]

参考文献[編集]

  • 『夢を描いて華やかに —宝塚歌劇80年史—』

脚注[編集]

  1. ^ 鴨川清作 コトバンク