真那春人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

真那 春人(まな はると、2月3日 - )は、宝塚歌劇団雪組に所属する男役

千葉県白井市千葉県立柏陵高等学校出身。公称身長169cm。愛称は「みっくん」、「まなはる」、「はる」。

略歴[編集]

2004年宝塚音楽学校入学。

2006年第92期生として宝塚歌劇団入団。入団時の成績は宝塚入団時の成績は48人中28番[1]。同期に真風涼帆天咲千華月野姫花蘭乃はな(元花組トップ娘役)、すみれ乃麗など。

宙組NEVER SAY GOODBYE』で初舞台。同年5月10日[1]、雪組に配属。

2010年、『ソルフェリーノの夜明け』で、物語のキーパーソンであるポポリーノ役に抜擢される。

2013年7月より、同期生の桃花ひなとともに『TAKARAZUKA SKY STAGE』の第2期スカイ・ナビゲーターズを務める[2]

2016年、『るろうに剣心』で彩凪翔の休演に伴い、武田観柳役を代役で務める[3]

主な舞台出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、118頁。ISBN 9784484146010
  2. ^ スカイ・ナビゲーターズ 第2期生”. TAKARAZUKA SKY STAGE. 2013年6月12日閲覧。
  3. ^ a b 宝塚歌劇雪組、インフル禍で6人休演!代役の活躍で乗り越える”. スポーツ報知 (2016年2月12日). 2016年2月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]