真愛涼歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

真愛 涼歌(まあい すずか、7月28日 - )は、日本女優。元宝塚歌劇団月組の娘役。

大阪府東大阪市四條畷学園高等学校出身。身長161cm。愛称は「まあい」、「あいす」。

来歴[編集]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2006年3月 - 5月、宙組『NEVER SAY GOODBYE-ある愛の軌跡-』(宝塚大劇場のみ)

月組時代[編集]

  • 2008年1月、『ホフマン物語』(バウ)レオノーレ
  • 2009年3月、『二人の貴公子』(バウ)侍女
  • 2009年5月、『エリザベート -愛と死の輪舞(ロンド)-』新人公演:死刑囚の母(本役:妃鳳こころ
  • 2010年2月、『HAMLET!!』(バウ・東京特別)バークレー
  • 2010年4月、『THE SCARLET PIMPERNEL』新人公演:ルネ(本役:天野ほたる
  • 2010年9月、『ジプシー男爵』新人公演:クニグンダ(本役:妃鳳こころ)/『Rhapsodic Moon』
  • 2010年12月、『STUDIO 54(スタジオ フィフティーフォー)』(ドラマシティ・東京特別)マリア・クール
  • 2011年3月、『バラの国の王子』新人公演:家臣(キツネ)(本役:羽咲まな)/『ONE -私が愛したものは…-』
  • 2011年7月、『アルジェの男』セシール、新人公演:マダウ・マルト(本役:妃鳳こころ)/『Dance Romanesque』
  • 2012年2月、『エドワード8世 - 王冠を賭けた恋 -』新人公演:グロスター公妃アリス(本役:萌花ゆりあ)/『Misty Station -霧の終着駅-』
  • 2012年6月、『ロミオとジュリエット』新人公演:モンタギュー夫人(本役:花瀬みずか
  • 2012年10月、『春の雪』(バウ・東京特別)本田繁邦の母/新河男爵夫人
  • 2013年1月、『ベルサイユのばら - オスカルとアンドレ編 -』シモーヌ、新人公演:ジャルジェ夫人(本役:花瀬みずか) 
  • 2013年11月、『THE MERRY WIDOW』(シアタードラマシティ・東京特別)プラシコヴィア
  • 2014年1月、『風と共に去りぬ』(梅田芸術劇場)メイベル
  • 2014年7月、『THE KINGDOM』(東京特別・ドラマシティ)ジンジャー
  • 2014年9月、『PUCK』ジャスパー夫人/『CRYSTAL TAKARAZUKA - イメージの結晶 -』
  • 2015年1月、『Bandito -義賊 サルヴァトーレ・ジュリアーノ-』(バウ)マリアンナ・ジュリアーノ
  • 2015年9月、『A-EN【ARI VERSION】』(バウ)ステラ
  • 2015年11月、『舞音-MANON-』祭りの歌手(女)/『GOLDEN JAZZ』
  • 2016年3月、『Voice』(赤坂ACTシアター・ドラマシティ)AISU
  • 2016年6月、『NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-』さこの方/『Forever LOVE!!』 *退団公演、エトワール

脚注[編集]

  1. ^ 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、118頁。ISBN 9784484146010

外部リンク[編集]