千海華蘭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

千海 華蘭(ちなみ からん、7月25日生)は、宝塚歌劇団月組に所属する男役。

大阪府大阪市出身、大阪市立天満中学校卒業。身長167cm。愛称は「からん」。

略歴[編集]

主な舞台[編集]

  • 2008年11月、『夢の浮橋』小君、新人公演:道定(本役:龍真咲)/『Apasionado!!』
  • 2009年3月、『二人の貴公子』(バウホール)スナッグ
  • 2009年5月、『エリザベート』新人公演:ルドルフ(少年時代)(本役:羽桜しずく
  • 2009年10月、『ラスト・プレイ』新人公演:マクシミリアン(本役:明日海りお)/『Heat on Beat!』
  • 2010年2月、『紫子』千丸/『Heat on Beat!』(中日劇場)
  • 2010年4月、『THE SCARLET PIMPERNEL』新人公演:オジー(本役:光月るう
  • 2010年9月、『ジプシー男爵』新人公演:ディガ(本役:綾月せり)/『Rhapsodic Moon』
  • 2011年1月、『Dancing Heroes!(ダンシング ヒーローズ)』(バウホール)
  • 2011年3月、『バラの国の王子』新人公演:アンリ(本役:青樹泉)/『ONE -私が愛したものは…-』
  • 2011年7月、『アルジェの男』ピエール、新人公演:フェリックス(本役:光月るう)/『Dance Romanesque』
  • 2012年2月、『エドワード8世-王冠を賭けた恋-』アンソニー・ディック、新人公演:ウィンストン・チャーチル(本役:一樹千尋)/『Misty Station-霧の終着駅-』
  • 2012年6月、『ロミオとジュリエット』新人公演:ロレンス神父(本役:英真なおき
  • 2012年10月、『春の雪』(バウホール・東京特別)パッタナディド(ジャオ・ピー)
  • 2013年1月、『ベルサイユのばら -オスカルとアンドレ編-』衛兵隊士、新人公演:ブイエ将軍(本役:越乃リュウ
  • 2013年5月、『月雲(つきぐも)の皇子(みこ)』アミル、木梨軽皇子(少年)(バウホール)
  • 2013年11月、『JIN-仁-』山田純庵/『Fantastic Energy!』(全国ツアー)
  • 2013年12月、『月雲(つきぐも)の皇子(みこ)』木梨軽皇子(少年)(天王洲銀河劇場)
  • 2014年1月、『New Wave! -月-』(バウホール)
  • 2014年3月、『宝塚をどり』/『明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-』ベルンハルト/『TAKARAZUKA 花詩集100!!』
  • 2014年7月、『宝塚をどり』/『明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-』ベルンハルト/『TAKARAZUKA 花詩集100!!』(博多座)
  • 2014年9月、『PUCK』スターヴィング/『CRYSTAL TAKARAZUKA』
  • 2015年1月、『Bandito -義賊 サルヴァトーレ・ジュリアーノ-』マイケル・スターン(バウホール・東京特別)
  • 2015年9月、『DRAGON NIGHT‼︎』(梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ・文京シビックホール)
  • 2015年11月、『舞音』レイモン・ベルナー/『GOLDEN JAZZ』
  • 2016年3月、『Voice』KARAN(赤坂ACTシアター・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)
  • 2016年6月、『NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-』グネッキ・ソルディ・オルガンティノ/『Forever LOVE!!』
  • 2016年10月、『アーサー王伝説』マーリン(文京シビックホール・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)
  • 2017年1月、『グランドホテル』ジミーA/『カルーセル輪舞曲(ロンド)』

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 監修:小林公一「宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)」、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、118頁。ISBN 978-4-48414601-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]