妃純凛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

妃純 凛(ひすみ りん、2月22日 - )は、宝塚歌劇団月組に所属する娘役[1]

兵庫県宝塚市出身。夙川学院中学校・高等学校卒業。 身長は164cm、愛称は「レナ」、「りん」。父親は元プロ野球選手の太田幸司[2]

来歴[編集]

夙川学院中学校3年生の時に学校行事で宝塚歌劇を観劇したことをきっかけに、歌劇団への入団を志した[3]

2012年4月、宝塚音楽学校に、4度目の受験で合格して入学した[4]

2014年3月、宝塚歌劇団に100期生として入団[2]月組公演「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台。2015年2月に月組への配属が発表された[5]

同期には宙組トップ娘役星風まどか音くり寿聖乃あすか華優希風間柚乃らがいる。

『アーサー王伝説』での少年メリアグランス役や、『All for One~ダルタニアンと太陽王~』新人公演での護衛隊役など、娘役でありながらも男役や少年役を演じることがある。好きだった役に『アーサー王伝説』の少年メリアグランスを挙げている[6]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

月組配属後[編集]

  • 2015年4月~7月、『1789-バスティーユの恋人たち-
  • 2015年8月~9月、『A-EN(エイエン)ARTHUR VERSION』(バウホール
  • 2015年11月~2016年2月、『舞音-MANON-/GOLDEN JAZZ』
  • 2016年6月~9月、『NOBUNAGA<信長>-下天の夢-/Forever LOVE!!』新人公演:小式部(本役:楓ゆき)
  • 2016年10月~11月、『アーサー王伝説』(文京シビックホール・シアタードラマシティ)少年メリアグランス
  • 2017年1月~3月、『グランドホテル/カルーセル輪舞曲(ロンド)』フェリックスの母親
  • 2017年5月、『長崎しぐれ坂/カルーセル輪舞曲(ロンド)』(博多座
  • 2017年7月~10月、『All for One~ダルタニアンと太陽王~』新人公演:モニカ(本役:楓ゆき)
  • 2017年11月~12月、『鳳凰伝-カラフとトゥーランドット-』/『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』(全国ツアー)
  • 2018年2月~5月、『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-/BADDY-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』新人公演:敷島瑞穂(本役:京三紗
  • 2018年6月、『雨に唄えば』(TBS赤坂ACTシアター)客の女
  • 2018年8月~11月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』新人公演:スターレイ(本役:香咲蘭)、死刑囚の母(本役:玲実くれあ)
  • 2019年1月、『ON THE TOWN』(東京国際フォーラム)フロッシー
  • 2019年3月~6月、『夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-/クルンテープ 天使の都』禿/新人公演:政(本役:玲実くれあ

脚注[編集]

外部リンク[編集]