珠城りょう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たまき りょう
珠城 りょう
生年月日 10月4日
出生地 愛知県蒲郡市
身長 172cm
血液型 B型
職業 舞台俳優
ジャンル 舞台宝塚歌劇
活動期間 2008年 -
活動内容 2008年:宝塚歌劇団入団、月組配属
2016年:月組トップスター就任
公式サイト 珠城りょう 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
ロミオとジュリエット
ベルサイユのばら
1789-バスティーユの恋人たち-
激情-ホセとカルメン-
アーサー王伝説
グランドホテル

珠城 りょう(たまき りょう、10月4日[1] - )は、宝塚歌劇団月組に所属する男役。月組トップスター。

愛知県蒲郡市[1]光ヶ丘女子高等学校出身[1]。身長172cm[1]。愛称は「りょう」、「たまき」[1]

来歴[編集]

2006年4月、宝塚音楽学校入学。

2008年3月、宝塚歌劇団に94期生として入団。入団時の成績は18番。月組公演「ME AND MY GIRL」で初舞台。その後、月組に配属。同期には仙名彩世華雅りりか早乙女わかば麻央侑希愛風ゆめらがいる。

2010年、「THE SCARLET PIMPERNEL」で、新人公演初主演。以降、5回に渡って新人公演主演を務める。

2013年、「月雲の皇子」で、バウホール初主演。好評を博し、同年12月にも再演される。

2014年、「New Wave!-月-」(バウホール公演)に、メインキャストとして出演。同年より、ダイキン工業のイメージキャラクターに就任[2]

2015年、「舞音-MANON-/GOLDEN JAZZ」より、月組2番手に昇格[3]。5期上の凪七瑠海美弥るりかを飛び越えてのスピード出世を見せる[3]

2016年、「激情-ホセとカルメン-Apasionado(アパショナード)!!Ⅲ」で、全国ツアー初主演。相手役はトップ娘役愛希れいかが務める。同年9月5日付で、龍真咲の後任として、月組トップスターに就任。

2017年、「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」で、大劇場トップお披露目を果たす。研9(宝塚用語で入団9年目を指す)でのトップ就任は、男役としては天海祐希の研7に次ぐ速さであり、近年では極めて異例のこととなる[4][5]

2018年11月19日、愛希れいかの退団に伴い、2人目の相手役として美園さくらを迎える。

人物[編集]

中学生時代に始めたクラシック・バレエの教師から音楽学校の受験を勧められる[6]

宝塚入団前はスポーツウーマンであった。3歳から中学まで水泳を習い、小学校でバスケットボールを始め、陸上の県大会で高跳び2位入賞。中学時代はハンドボール部で主将も務めた。この時の経験が活かされていることについて後に「宝塚に入っても立ち直れないぐらい落ち込むことはありました。でも、心のどこかで『なんとかなる』って思っていて。前向きでいられたのは、スポーツをやってきたおかげだと思います。自分に負けるのは一番いや。言い訳しない、自分で限界を決めないって気持ちがずっとありました」と語っている[7]

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

月組時代[編集]

月組トップスター時代[編集]

  • 2016年10月~11月、『アーサー王伝説』(文京シビックホール・シアタードラマシティ)アーサー
  • 2017年1月~3月、『グランドホテル/カルーセル輪舞曲(ロンド)』フェリックス・フォン・ガイゲルン男爵
  • 2017年5月、『長崎しぐれ坂/カルーセル輪舞曲(ロンド)』(博多座)卯之助、鳶頭 
  • 2017年7月~10月、『All for One~ダルタニアンと太陽王~』ダルタニアン
  • 2017年11月~12月、『鳳凰伝-カラフとトゥーランドット-/CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』(全国ツアー)カラフ
  • 2018年2月~5月、『カンパニー-努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-/BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』青柳誠二
  • 2018年6月、『雨に唄えば』(TBS赤坂ACTシアター)ドン・ロックウッド
  • 2018年8月~11月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』トート
  • 2019年1月、『ON THE TOWN』(東京国際フォーラム)ゲイビー ※予定
  • 2019年3月~6月、『夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-/クルンテープ 天使の都』 ※予定
  • 2019年7月~8月、『ON THE TOWN』(梅田芸術劇場)ゲイビー ※予定

受賞歴[編集]

CM出演[編集]

  • 2014年-、ダイキン工業「うるさら7」[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、51頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  2. ^ a b 宝塚歌劇団月組 珠城りょうさんをCMキャラクターに起用ダイキン工業株式会社
  3. ^ a b 月組・珠城りょう全組最下級生2番手にデイリースポーツオンライン
  4. ^ 次期月組トップスターに珠城りょうさん毎日新聞より。
  5. ^ 宝塚月組新トップスター珠城りょう、天海祐希に次ぐ“スピード出世”SANSPO.COMより
  6. ^ nikkansports.com 「プレシャス!宝塚」 2012年2月16日「霧矢大夢に食らいつく/珠城りょう
  7. ^ 日刊スポーツ 2017年7月20日

外部リンク[編集]