摩耶明美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

摩耶 明美(まや あけみ、5月8日生)とは元宝塚歌劇団雪組主演娘役の人物である。兵庫県出身。宝塚歌劇団時代の公称身長は157cm。宝塚歌劇団時代の愛称はヤッちゃん。

略歴[編集]

1964年宝塚音楽学校入学。

1966年、同校を卒業し、52期生として、宝塚歌劇団入団。初舞台公演の演目は[月組公演『日本の四季/ファンタジア[1]で初舞台を踏む。同期瀬戸内美八松あきら川地民夫夫人の麻生薫1988年死去)らがいる。入団時の成績は51人中20位[1]。同年12月4日雪組配属[1]

1974年3月30日をもって宝塚歌劇団退団。

宝塚歌劇団時代の主な出演[編集]

  • 『ラブ・パレード』(雪組)(1969年10月2日 - 10月29日、宝塚大劇場)*大原ますみが怪我で休演し、摩耶明美が代役で出演。最後の一週間だけ大原ますみが出演した。
  • 『パレアナの微笑み』(雪組)(1970年10月2日 - 10月27日、宝塚大劇場)
  • 『シンガーズ・シンガー』(雪組)(1971年1月1日 - 1月28日、宝塚大劇場)
  • 『ペーター一世の青春』(雪組)(1971年4月28日 - 5月27日、宝塚大劇場)
  • 『江戸っ子三銃士』『サンライズ・アゲイン』(雪組)(1971年9月30日 - 10月28日、宝塚大劇場)
  • 『かぐら』『ザ・フラワー -ガールズ500-』(雪組)(1972年3月25日 - 4月26日、宝塚大劇場)
  • 『星のふる街 -アリの街のマリアより- 』『ジューン・ブライド』(雪組)(1972年6月1日 - 6月29日、 宝塚大劇場)
  • 『落葉のしらべ』『ノバ・ボサ・ノバ -盗まれたカルナバル-』(雪組)(1972年10月3日 - 10月31日、宝塚大劇場)
  • 『シャイニング・ナウ!』(全組合同)(1972年12月2日 - 12月12日、宝塚大劇場)
  • 『れんげ草』『愛のラプソディ』(雪組)(1973年2月1日 - 2月27日、宝塚大劇場)
  • 『竹』『カンテ・グランデ』(雪組)(1973年6月30日 - 7月26日、宝塚大劇場)
  • たけくらべ -樋口一葉作より-』『ラブ・ラバー -さよなら恋のベニス-』(雪組)(1973年11月1日 - 12月2日、宝塚大劇場)
  • 『花聟くらべ』『ロマン・ロマンチック』(雪組)(1974年2月28日 - 3月21日、宝塚大劇場)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』pp.72-73(阪急コミュニケーションズ2014年4月1日)。ISBN 9784484146010

関連項目[編集]