芽吹幸奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

芽吹 幸奈(めぶき ゆきな、6月30日[1] - )は、元宝塚歌劇団花組の娘役。元花組副組長[2]

東京都世田谷区[1]国立音楽大学附属高等学校出身[1]。身長163cm[1]。愛称は「くみ」[1]

来歴[編集]

2002年、宝塚音楽学校入学。

2004年、宝塚歌劇団に90期生として首席入団。雪組公演「スサノオ/タカラヅカ・グローリー!」で初舞台[1][2]。その後、花組に配属[2]

2011年、ショー「ル・ポァゾン 愛の媚薬II」(全国ツアー公演)で、初のエトワールに抜擢。その後も歌の得意な娘役として、エトワールを度々務める[3]

2019年4月29日付で、花野じゅりあの退団に伴い、花組新副組長に就任。同年11月24日、明日海りお退団公演となる「A Fairy Tale/シャルム!」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[3][2]。退団公演では自身5度目となるエトワールを務めた。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

  • 2004年4〜7月、雪組『スサノオ-創国の魁(さきがけ)-』『タカラヅカ・グローリー!』

花組時代[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2019年度版』宝塚クリエイティブアーツ、2019年、16頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m Memories of 芽吹幸奈”. タカラヅカ・スカイ・ステージ. 2019年11月25日閲覧。
  3. ^ a b c 宝塚花組 芽吹幸奈、城妃美伶らの退団を発表”. デイリースポーツ. 2019年8月28日閲覧。

外部リンク[編集]