芽吹幸奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
めぶき ゆきな
芽吹 幸奈
生年月日 6月30日
出身地 日本の旗 日本 東京都世田谷区
身長 163cm
職業 女優歌手
ジャンル 舞台
活動期間 2004年 -
活動内容 2004年:宝塚歌劇団入団、花組配属
2019年:花組副組長就任、宝塚歌劇団退団
2020年:芸能活動再開
事務所 フリー
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

芽吹 幸奈(めぶき ゆきな、6月30日[1] - )は、日本女優歌手。元宝塚歌劇団花組の娘役。元花組副組長[2][3][1]

東京都世田谷区[4]国立音楽大学附属高等学校出身[4]。身長163cm[4]。愛称は「くみ」[1]

来歴[編集]

2002年、宝塚音楽学校入学。

2004年、宝塚歌劇団に90期生として首席入団[5][1]雪組公演「スサノオ/タカラヅカ・グローリー!」で初舞台[5][1][2]。その後、花組に配属[5][2]

歌の得意な娘役として注目を集め、エトワールをたびたび務めるなど、歌手として多く起用される[3]

2019年4月29日付で花組副組長に就任[6][1]。同年11月24日、明日海りお退団公演となる「A Fairy Tale/シャルム!」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[3][2][1]

退団後は音楽制作や振付・演出など多岐に渡る活動を行っている[1]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

  • 2004年4 - 7月、雪組『スサノオ』『タカラヅカ・グローリー!』[1]

花組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2004年7月、TCAスペシャル・OGバージョン『ゴールデン・メモリーズ』(カゲコーラス)
  • 2005年4月、TCAスペシャル2005『Beautiful Melody Beautiful Romance』(コーラス)
  • 2005年9月、ふづき美世ミュージック・サロン『La vie en rose』
  • 2006年4月、蘭寿とむディナーショー『Sensation!』
  • 2006年5月、『花組エンカレッジ・コンサート
  • 2011年5月、壮一帆ディナーショー『Bright-ブライト-』
  • 2013年12月、蘭寿とむディナーショー『T-ROAD』

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 【宝塚歌劇団OGリレー連載/芽吹幸奈さんvol.1】瀬戸かずやさんからの花組90期バトン! Domani。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m Memories of 芽吹幸奈”. タカラヅカ・スカイ・ステージ. 2019年11月25日閲覧。
  3. ^ a b c d 宝塚花組 芽吹幸奈、城妃美伶らの退団を発表”. デイリースポーツ. 2019年8月28日閲覧。
  4. ^ a b c 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、16頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  5. ^ a b c 100年史(人物) 2014, p. 116.
  6. ^ 『2019年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、89頁。ISBN 978-4-86649-126-4
  7. ^ 宝塚版「エリザベート」25周年記念コンサートの出演者発表、歴代出演メンバーがずらり ステージナタリー。
  8. ^ 『2015年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2016年、85頁。ISBN 978-4-908135-68-2

注釈[編集]

  1. ^ 七星きら・聖花まいと役替わり。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0 

外部リンク[編集]