芽吹幸奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

芽吹 幸奈(めぶき ゆきな、6月30日[1] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する娘役。

東京都江戸川区[1]国立音楽大学附属高等学校出身[1]。身長163cm[1]。愛称は「くみ」[1]

来歴[編集]

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2004年4月~7月、雪組『スサノオ/タカラヅカ・グローリー!』

花組配属後[編集]

  • 2005年1月、『くらわんか』(バウ・ワークショップ)お咲
  • 2005年3月、『マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー』新人公演:イリス(本役:舞名里音)
  • 2005年8月、『マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー』(博多座)ファティマ
  • 2005年9月、ふづき美世ミュージックサロン『La vie en rose ラヴィアンローズ』
  • 2005年11月、『落陽のパレルモ/ASIAN WINDS!-アジアの風-』新人公演:ベッカデッリ令嬢(本役:花咲りりか
  • 2006年3月、『スカウト』(バウ)ビーナ
  • 2006年4月、蘭寿とむディナーショー『Sensation』
  • 2006年5月、『花組エンカレッジコンサート』(バウ)
  • 2006年6月、『ファントム』オペラ座のダンサー、 新人公演:ベラドーヴァ(本役:花咲りりか)
  • 2006年11月、『MIND TRAVELLER -記憶の旅人-』(ドラマシティ・東京特別)デボラ
  • 2007年2月、『明智小五郎の事件簿-黒蜥蜴-/TUXEDO JAZZ』少年探偵団浮浪児(間)、新人公演:勝代(本役:絵莉千晶
  • 2007年7月、『源氏物語 あさきゆめみしⅡ』(梅田芸術劇場)弘徽殿の女御紫の上(影)
  • 2007年10月、『アデュー・マルセイユ/ラブ・シンフォニー』エヴァ、新人公演:ナタリー(本役:桜一花
  • 2008年2月、『蒼いくちづけ』(バウ・ワークショップ)クリス/ノエル、ピーター/ザザ
  • 2008年5月、『愛と死のアラビア/Red Hot Sea』新人公演:アミナ(本役:邦なつき
  • 2008年9月、『外伝ベルサイユのばら-アラン編-/エンター・ザ・レビュー』(全国ツアー)マリールイズ
  • 2009年1月、『太王四神記 -チュシンの星のもとに-』ポッコッ、新人公演:大神官(本役:絵莉千晶)
  • 2009年7月、『ME AND MY GIRL』(梅田芸術劇場)チーフメイド
  • 2009年9月、『外伝ベルサイユのばら-アンドレ編-/EXCITER!!』夫人、新人公演:シモーヌ(本役:夏美よう
  • 2009年12月、『相棒』(シアタードラマシティ・東京特別)モチコ
  • 2010年3月、『虞美人』白蘭(びゃくらん)、新人公演:王媼(おうおう)(本役:梨花ますみ
  • 2010年7月、『麗しのサブリナ/EXCITER!!』タイソン夫人、新人公演:モード(本役:絵莉千晶)
  • 2010年11月、『CODE HERO/コード・ヒーロー』(バウ・東京特別)ジュリア
  • 2011年2月、『愛のプレリュード/Le Paradis!! -聖なる時間(とき)-』ケイト・キッシーナ
  • 2011年5月、壮一帆ディナーショー『Bright-ブライト-』
  • 2011年6月、『ファントム』ベラドーヴァ
  • 2011年10月、『小さな花がひらいた/ル・ポァゾン 愛の媚薬Ⅱ』(全国ツアー)梅 *初エトワール
  • 2012年1月、『復活 -恋が終わり、愛が残った-/カノン』ボーチコワ
  • 2012年4月、『長い春の果てに/カノン』(全国ツアー)マドレーヌ
  • 2012年7月、『サン=テグジュペリ-「星の王子さま」になった操縦士(パイロット)-CONGA!!(コンガ)』ガブリエル
  • 2012年11月、『Streak of Light -一筋の光…-』(青年館・ドラマシティ)
  • 2013年2月、『オーシャンズ11』ルビー(3ジュエルズ)
  • 2013年6月、『戦国BASARA-真田幸村編-』(東急シアターオーブ)夢
  • 2013年8月、『愛と革命の詩(うた)-アンドレア・シェニエ-/Mr. Swing!』
  • 2013年12月、蘭寿とむディナーショー『T-ROAD』
  • 2014年2月~5月、『ラスト・タイクーン-ハリウッドの帝王、不滅の愛-/TAKARAZUKA∞夢眩』ローズマリー・シュミエル
  • 2014年6月、『ベルサイユのばらフェルゼンマリー・アントワネット編-』(中日劇場)ジュール伯夫人、農民(女)
  • 2014年8月~11月、『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』リヒテンシュタイン伯爵夫人
  • 2015年1月、『Ernest in Love』(東京国際フォーラム)アリス、プリズム
  • 2015年3月~6月『カリスタの海に抱かれて/宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)』ソニア・ヴィラーニ *エトワール
  • 2015年7月~8月、『ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-/宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)』(梅田芸術劇場・台北国家戯劇院)農民(女) *エトワール
  • 2015年10月~12月、『新源氏物語/Melodia-熱く美しき旋律-』王命婦 
  • 2016年2月~3月、『For the people-リンカーン 自由を求めた男-』(シアタードラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場)エリザベス・トッド
  • 2016年4月~7月、『ME AND MY GIRL』アナスタシア・ブラウン夫人 *エトワール
  • 2016年9月、『仮面のロマネスク/Melodia-熱く美しき旋律-』(全国ツアー)ヴィクトワール
  • 2016年11月~2017年2月、『雪華抄(せっかしょう)/金色(こんじき)の砂漠』女官長メグナ
  • 2017年3月~4月、『MY HERO』(赤坂ACTシアター・シアタードラマシティ)メイベル・ヒル
  • 2017年6月~8月、『邪馬台国の風/Santé!!~最高級ワインをあなたに~』ヒビカ

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、19頁。ISBN 978-4-86649-004-5

外部リンク[編集]