松風輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松風 輝(まつかぜ あきら、12月25日 - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する男役。

兵庫県宝塚市兵庫県立宝塚北高等学校出身[1]。身長167cm[1]。愛称は「まっぷー」、「あかり」[1]

来歴[編集]

2004年宝塚音楽学校へ入学。同期生には蘭乃はな(元花組トップ娘役)、真風涼帆(現宙組トップスター)、天咲千華すみれ乃麗煌月爽矢などがいる。

2006年第92期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は48人中7位[2]宙組公演『NEVER SAY GOODBYE』で初舞台。その後、宙組に配属。

2015年TAKARAZUKA SKY STAGE第6期スカイ・レポーターズを務める。

主な舞台[編集]

  • 2007年3月、『ハロー!ダンシング』(バウ)
  • 2007年6月、『バレンシアの熱い花』新人公演:アントニオ(本役:風莉じん)/『宙 FANTASISTA!』
  • 2009年8月、『大江山花伝 -燃えつきてこそ-』七曲/『Apasionado!!II』 (博多座)
  • 2009年11月、『カサブランカ』新人公演:ハインツ(本役:風莉じん
  • 2010年3月、『Je Chante -終わりなき喝采-』(バウ)ギャルソン
  • 2010年5月、『TRAFALGAR』新人公演:タレーラン(本役:風羽玲亜)/『ファンキー・サンシャイン』
  • 2010年9月、『銀ちゃんの恋』(全国ツアー)橘の子分
  • 2010年11月、『誰がために鐘は鳴る』新人公演:デュバル参謀長(本役:天羽珠紀
  • 2011年5月、『美しき生涯-石田三成 永遠の愛と義-』新人公演:豊臣秀吉(本役:未沙のえる)/『ルナロッサ-夜に惑う旅人-』
  • 2011年10月、『クラシコ・イタリアーノ -最高の男の仕立て方-』新人公演:チェーザレ・ロレンツォ侯爵(本役:鳳翔大)/『NICE GUY!!-その男、Yによる法則-』
  • 2012年2月、『ロバート・キャパ 魂の記録』(バウ・東京特別)フーク・ブロック
  • 2012年4月、『華やかなりし日々』ジャック・ハーヴェイ/『クライマックス-Cry-Max-』
  • 2012年8月、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』グレーザー
  • 2013年1月、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』(博多座)リヒテンラーデ
  • 2013年7月、『うたかたの恋』ブラッドフィッシュ/『Amour de 99!!-99年の愛-』(全国ツアー)
  • 2013年9月、『風と共に去りぬ』ピーター
  • 2014年2月、『翼ある人びと ーブラームスとクララ・シューマンー』(ドラマシティ・東京特別)オットー・ヴェーゼンドンク
  • 2014年5月、『ベルサイユのばら ーオスカル編ー』フィリップ
  • 2014年9月、『SANCTUARY』(バウ)コリニー提督
  • 2014年11月、『白夜の誓い -グスタフIII世、誇り高き王の戦い-』ヨハンソン/『PHOENIX 宝塚!! -蘇る愛-』
  • 2015年4月、『New Wave! -宙-』(バウ)
  • 2015年6月、『王家に捧ぐ歌』メウ
  • 2015年10月、『相続人の肖像』(バウ)フィップス
  • 2016年1月、『Shakespeare 〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜』ジョン・シェイクスピア/『HOT EYES!!』
  • 2016年5月、『ヴァンパイア・サクセション』(ドラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場)クリストファー
  • 2016年7月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』ヒューブナー
  • 2016年11月、『バレンシアの熱い花』レオン将軍/『HOT EYES!!』(全国ツアー)
  • 2017年2月~4月、『王妃の館-Château de la Reine-』ムノン/『VIVA! FESTA!』
  • 2017年8月~11月、『神々の土地〜ロマノフたちの黄昏〜ニコライ二世/『クラシカル ビジュー』
  • 2018年1月、『WEST SIDE STORY』(東京国際フォーラム)クラプキ巡査
  • 2018年3月~6月、『天は赤い河のほとりシトラスの風-Sunrise-』トトメス
  • 2018年8月『ハッスル メイツ!』(バウホール)
  • 2018年10月~12月、『白鷺の城/異人たちのルネサンス』ヴェロッキオ
  • 2019年2月、『黒い瞳/VIVA! FESTA! in HAKATA』(博多座)ミロノフ大尉/レインスドルプ将軍
  • 2019年4月〜7月、『オーシャンズ11』リカルド ※予定

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『宝塚おとめ』株式会社阪急コミュニケーションズ、2006年4月25日、2006年度版。ISBN 4-484-06504-5
  2. ^ 監修:小林公一「宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)」阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、118頁。ISBN 9784484146010

外部リンク[編集]