夢白あや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

夢白 あや(ゆめしろ あや、8月27日[1] - )は、宝塚歌劇団雪組に所属する娘役。

東京都杉並区[1][2]明星学園高等学校出身[1][2]。身長162cm[1]。愛称は「あや」[1][2]

来歴[編集]

2015年、宝塚音楽学校入学。

2017年、宝塚歌劇団に103期生として入団[3]。雪組公演「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」で初舞台[1]。その後、宙組に配属[3]。同年、組配属後1作目となる「神々の土地」新人公演で、ヒロイン級のイリナ役(本役:伶美うらら)に抜擢[3][4]

2018年、阪急阪神の初詣ポスターモデルに起用される[5]。同年の「異人たちのルネサンス」で新人公演初ヒロイン[3]

2019年の「オーシャンズ11」で2度目の新人公演ヒロイン[6]。続く「リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド」で、バウホール公演初ヒロイン[7]

2020年9月16日付で雪組へと組替え[8][9]

2022年の「Sweet Little Rock 'n' Roll」で2度目のバウホール公演ヒロイン[10][11]

人物[編集]

6歳からクラシックバレエを習い、ミュージカル映画を見るのが好きだった[4]

たまたまチケットが当たったブロードウェイの来日公演「雨に唄えば」を見て感激し、声楽も習い始める[4]

そんな折、母と街中で、雪組公演「ルパン三世」のポスターを見て、「すごく格好いい」と魅了される[4]。母から受験を勧められ、宝塚の舞台を一度も観劇せぬまま音楽学校を受験し、1回で合格した[4]

入学後、宝塚歌劇団員の名鑑である「宝塚おとめ」を持ち歩き、同期お勧めの公演DVDを片っ端から見た[4]。授業では初めて触れる芸事も多かったが、必死で食らいついていった[4]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

宙組時代[編集]

雪組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2017年12月、タカラヅカスペシャル2017『ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』(コーラス)
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』

広告[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2022年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、89頁。ISBN 978-4-86649-189-9
  2. ^ a b c d e <華宝塚>夢々しく繊細さ大切に 雪組・夢白あや 東京新聞。
  3. ^ a b c d e f 2年目のヒロイン役に「うわっ」/夢白あや”. 日刊スポーツ(2018年10月11日). 2019年2月27日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 【華麗なる宝塚】宙組娘役、夢白あや 新人公演でヒロイン抜擢 産経WEST。
  5. ^ a b 50年のあゆみ - 年の初めを飾るTOKK年始号 表紙特集”. 阪急阪神マーケティングソリューションズ. 2022年3月25日閲覧。
  6. ^ a b 宝塚宙組新人公演「オーシャンズ11」主演の鷹翔「がむしゃらに走りました」 デイリースポーツ。
  7. ^ a b 宝塚宙組スター瑠風輝 バウホール初主演開幕 デイリースポーツ。
  8. ^ 宝塚歌劇 雪組次期トップコンビに彩風咲奈&朝月希和 Sponichi Annex。
  9. ^ 宝塚雪組次期トップコンビに彩風咲奈&朝月希和 スポーツ報知。
  10. ^ a b 宝塚雪組・縣千のバウホール初主演作が開幕「体に気を付けて乗り越えたい」 スポーツ報知。
  11. ^ a b 雪組縣千「笑顔で帰っていただけるように」宝塚バウホール初主演作初日 日刊スポーツ。
  12. ^ a b “宝塚宙組トップ娘役・星風まどか けがで1場面のみ代役登場”. デイリースポーツ. (2018年10月5日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/10/05/0011704693.shtml 2019年10月10日閲覧。 
  13. ^ 『2020年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、55頁。ISBN 978-4-86649-159-2

注釈[編集]

  1. ^ 10/5〜15は、星風まどかの部分休演により、フィナーレのデュエットダンスのみ代役を務めた。

外部リンク[編集]