夢白あや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

夢白 あや(ゆめしろ あや、8月27日[1] - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する娘役。

東京都杉並区[1]、明星学園高校出身[1]。身長163cm[1]。愛称は「あや」[1]

来歴[編集]

2015年4月、宝塚音楽学校入学。

2017年3月、宝塚歌劇団に103期生として入団。入団時の成績は4番。雪組公演「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」で初舞台。その後、宙組に配属。 同年、組配属後1作目となる「神々の土地」新人公演で、ヒロイン級のイリナ役(本役:伶美うらら)に抜擢[2]

2018年、阪急阪神の初詣ポスターモデルに起用される[3]。同年、「異人たちのルネサンス」で、新人公演初ヒロイン[2]星風まどかが部分休演した際には、代役としてフィナーレのデュエットダンスで、トップスター真風涼帆の相手役を務めた。

2019年、「オーシャンズ11」で、2度目の新人公演ヒロイン。続く「リッツホテルくらいに大きなダイヤモンド」で、バウホール公演初ヒロイン予定。

人物[編集]

6歳からクラシックバレエを習い、ミュージカル映画を見るのが好きだった[4]

たまたまチケットが当たったブロードウエーの来日公演「雨に唄えば」を見て感激し、声楽も習い始める[4]

そんな折、母と街中で、雪組公演「ルパン三世」のポスターを見て、「すごく格好いい」と魅了される[4]。母から受験を勧められ、宝塚の舞台を一度も観劇せぬまま音楽学校を受験し、1回で合格した[4]

入学後、宝塚歌劇団員の名鑑である「宝塚おとめ」を持ち歩き、同期お勧めの公演DVDを片っ端から見た[4]。授業では初めて触れる芸事も多かったが、必死で食らいついていった[4]

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2017年4-5月、雪組『幕末太陽傳』『Dramatic “S”!』(宝塚大劇場のみ)

宙組配属後[編集]

  • 2017年8-11月、『神々の土地~ロマノフたちの黄昏~』新人公演:イリナ(本役:伶美うらら)『クラシカル ビジュー』
  • 2018年1月、『WEST SIDE STORY』(東京国際フォーラム)エニボディーズ
  • 2018年3月-6月、『天は赤い河のほとり』タトゥーキア、新人公演:リュイ(本役:水音志保)『シトラスの風-Sunrise-
  • 2018年7月-8月、『WEST SIDE STORY』(梅田芸術劇場)エニボディーズ
  • 2018年10月-12月、『白鷺(しらさぎ)の城(しろ)』『異人たちのルネサンス-ダ・ヴィンチが描いた記憶-』カテリーナ(少女)、ルクレツィア、新人公演:カテリーナ(本役:星風まどか)*新人公演初ヒロイン
  • 2019年2月、『黒い瞳』『VIVA!FESTA! in HAKATA』(博多座)パルミラ
  • 2019年4月-7月、 『オーシャンズ11』5年前のテス、新人公演:テス・オーシャン(本役:星風まどか)*新人公演ヒロイン
  • 2019年9月、『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』(バウホール)キスミン *バウ初ヒロイン※予定
  • 2019年11月~2020年2月、『El Japón(エルハポン)-イスパニアのサムライ』『アクアヴィーテ(aquavitae)!!~生命の水~』※予定

出演イベント[編集]

  • 2017年12月、「タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-」(コーラス)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2019年度版』宝塚クリエイティブアーツ、2019年、152頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b 2年目のヒロイン役に「うわっ」/夢白あや”. 日刊スポーツ(2018年10月11日). 2019年2月27日閲覧。
  3. ^ 2018 TOKK01月01日号 2018 Takarazienne interview”. TOKK (2018-01-01 8項). 2018年1月2日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 【華麗なる宝塚】宙組娘役、夢白あや 新人公演でヒロイン抜擢

外部リンク[編集]