登代春枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

登代 春枝(とよ はるえ)とは元宝塚歌劇団雪組組長女優中華人民共和国上海市出身。宝塚歌劇団時代の愛称は「はーさん」。

来歴[編集]

1940年に宝塚音楽舞踊学校(後の宝塚音楽学校)に入学し、1942年30期生として、宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ふるさとの唄』。宝塚入団時の成績は16人中2位[1]

1952年から1953年まで雪組組長を務める。

1959年12月29日[1]で宝塚歌劇団を退団。最終出演公演の演目は月組公演『邪宗門/五番街のお嬢さん』[1]である。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

  • ダル・レークの恋』チャンドラ 役(1959年7月1日 - 7月30日:宝塚大劇場、1959年10月31日 - 11月27日:東京宝塚劇場)

映画出演[編集]

  • 『鉄腕涙あり』照子 役(1953年、東宝
  • 『蝶々夫人』芸者 役(1955年)

ドラマ出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』監修:小林公一阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、P38。ISBN 9784484146010

外部リンク[編集]