紫とも

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
むらさき とも
紫 とも
生年月日 (1965-01-24) 1965年1月24日(52歳)
出生地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
血液型 A
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマ
活動期間 1984年 -
活動内容 1984年宝塚歌劇団入団、雪組配属
1988年月組に異動
1992年:雪組トップ娘役に就任
1994年:宝塚歌劇団退団、女優として活動開始。
公式サイト 所属事務所公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
『この恋は雲の涯まで』(1992年)
『忠臣蔵』(1993年)
ブルボンの封印』(1993年)

紫 とも(むらさき とも)は、日本女優。元宝塚歌劇団雪組トップ娘役。愛知県名古屋市出身。身長160センチ、血液型A型。宝塚歌劇団時代の愛称はともちゃんとんちゃん。現在の所属事務所オフィスのいり

来歴・人物[ソースを編集]

愛知県名古屋市生まれ。幼少時代から宝塚歌劇に親しむ。父親の転勤で各地を転々とし、中学時代には名古屋に戻り、御園座隣の名古屋音楽学校に通う。その後、東京へ転居。1982年玉川聖学院高等学校2年修了時宝塚音楽学校受験・合格。1984年、同校を首席で卒業、宝塚歌劇団に入団。第70期生

同期には星組組長の万里柚美、女優の大輝ゆう詩乃優花、元雪組副組長の灯奈美など。

芸名は「名は本名にちなみ、姓は『あなたは絵を描くとき妙にクレヨンを多用する癖がある』旨指摘されたところからひらめいた(在団中本人談)。」

初舞台は「風と共に去りぬ」。諸事情あり急遽休演した北原遥子の代役として、プロローグの歌手に抜擢される。その後、雪組に配属。

1985年、「はばたけ黄金の翼よ」で新人公演初主演。1987年サマルカンドの赤いばら」本公演では二番手(娘役トップ神奈美帆の妹役)にも配役された。

1988年月組へ組替。同年「恋と霧笛と銀時計」、1989年「新源氏物語」「天使の微笑・悪魔の涙」でも新人公演でヒロインを務める。月組娘役陣としてこだま愛朝凪鈴羽根知里麻乃佳世らと舞台を盛り上げた。

1992年、前年退団した鮎ゆうきの後任として雪組組替え。杜けあきの相手役として雪組トップ娘役に就任。中日劇場公演『華麗なるギャツビー』デイジー役(鮎の退団による役代わり)がトップ娘役としての初仕事、その後「この恋は雲の涯まで」で静御前で新トップコンビの初お披露目公演を飾った。「忠臣蔵」では瑤泉院(浅野内匠頭正室)と吉良上野介側の女刺客お蘭(二役)を演じ、旧宝塚大劇場最終作品・杜のサヨナラ公演の二つの重責がかかった公演をつとめあげた。

1993年、杜の退団で男役トップが一路真輝(紫の同郷の先輩)に交代後も「天国と地獄」「TAKE OFF」で一路と息のあったコンビぶりを披露したが「ブルボンの封印」「コート・ダジュール」東京公演(1994年)限りで退団。

退団後は舞台、テレビドラマをメインに女優に転じ現在にいたる。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[ソースを編集]

雪組時代[ソースを編集]

  • 1984年9月、『千太郎纏しぐれ/フル・ビート』新人公演:お光(本役:北いずみ
  • 1985年1月、『花夢幻/はばたけ黄金の翼よ』新人公演:クラリーチェ・デル・カンボ(本役:一路真輝) *新人公演初ヒロイン
  • 1985年2月、『フロムハート物語』(バウ)メリー・メモライ
  • 1985年6月、『愛のカレードスコープ/アンド・ナウ』新人公演:マリー・アントワネット(本役:神奈美帆*新人公演ヒロイン
  • 1986年2月、『大江山花伝/スカイ・ハイ・スカイ』新人公演:藤子/藤の葉(本役:神奈美帆)*新人公演ヒロイン
  • 1986年8月、『三つのワルツ』新人公演:フランチー・イエンセン・ビクラー(本役:神奈美帆)*新人公演ヒロイン
  • 1986年10月、『恋のチェッカーフラッグ』(バウ)ポーレット
  • 1987年2月、『誇りたかき愛の詩』(バウ)ソフィー・チゾン
  • 1987年3月、『宝塚をどり讃歌/サマルカンドの赤いばら』ハートン姫
  • 1987年5月、『リプライズ!』(バウ・東京特別)
  • 1987年9月、『梨花 王城に舞う/ザ・レビュースコープ』秀玲、新人公演:玉蘭(本役:神奈美帆)*新人公演ヒロイン
  • 1988年1月、『風と共に去りぬ』メイベル、新人公演:メラニー(本役:仁科有理
  • 1988年7月、『たまゆらの記/ダイナモ!』三津岐、新人公演:橘三千代(本役:仁科有理)

月組時代[ソースを編集]

  • 1988年11月、『恋と霧笛と銀時計/レインボー・シャワー』初菊、新人公演:留伊(本役:こだま愛*新人公演ヒロイン
  • 1989年1月、『心中・恋の大和路』(バウ)千代歳
  • 1989年5月、『新源氏物語/ザ・ドリーマー』朧月夜尚侍、新人公演:藤壺の女御(本役:こだま愛)*新人公演ヒロイン
  • 1989年9月、『ウォーターフロント・ララバイ』(バウ)JUN(純)
  • 1989年11月、『天使の微笑・悪魔の涙/レッド・ホット・ラブ』ヘレネ、新人公演:マルガレーテ(本役:こだま愛)*新人公演ヒロイン
  • 1990年2月、『大いなる遺産/ザ・モダーン』クララ
  • 1990年4月、『天使の微笑・悪魔の涙/レッド・ホット・ラブ』(全国ツアー)ヘレネ
  • 1990年8月、『川霧の橋/ル・ポアゾン 愛の媚薬』小りん
  • 1991年1月、『カウントダウン・1991』(バウ)ヘレン 他
  • 1991年3月、『ベルサイユのばら -オスカル編-』オルタンス
  • 1991年5月、『紫陽花の花しずく』(バウ)おきわ *バウ初ヒロイン
  • 1991年9月、『銀の狼/ブレイク・ザ・ボーダー』ジャンヌ

雪組トップ娘役時代[ソースを編集]

  • 1992年2月、『華麗なるギャツビー/ラバーズ・コンチェルト』(中日)デイジー
  • 1992年3月、『この恋は雲の涯まで』静御前
  • 1992年8月、『ヴァレンチノ』(バウ・東京特別・名古屋特別)ジューン・マシス
  • 1992年10月、『忠臣蔵 -花に散り雪に散り-』瑤泉院/お蘭
  • 1993年5月、『天国と地獄 -オッフェンバック物語-/TAKE OFF』アマンダ/エルミニ
  • 1993年10月、『ブルボンの封印/コート・ダジュール』マノン *退団公演
  • 1994年1月、『ライト&シャドウ』(バウ)セシル

宝塚歌劇団退団後の主な活動[ソースを編集]

舞台[ソースを編集]

  • シェルブールの雨傘』マドレーヌ(1997年)
  • 森進一特別公演』(1999年)
  • 里見浩太朗特別公演』(2000年 - 2003年、2005年)
  • 五木ひろし特別公演』(2002年 - 2004年、2006年 - 2007年)
  • 『新口村雪花恋情 -梅川-』梅川(2007年)
  • 『母に捧げるラストバラード』(2008年)
  • 『HONKみにくいアヒルの子』(2009年)
  • 川中美幸特別公演』(2009年、2011年)
  • 松平健特別公演 忠臣蔵〜大石内蔵助〜 』(2010年)
  • 樅の木は残った』(2013年)
  • 『DREAM A, DREAM』(2013年)
  • 『目明かし金次郎「真昼の決闘」』(2014年)
  • 日本喜劇人協会VS道頓堀人情歌劇 第一部:道頓堀人情歌劇「蝶子と吉治郎の家」(2016年3月、三越劇場) - 蝶子 役[1]

テレビドラマ[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 東京と関西の笑いが三越劇場で衝突!西川忠志が夫婦愛を描いた人情歌劇に挑戦”. ステージナタリー (2016年2月17日). 2016年2月17日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]