花總まり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はなふさ まり
花總 まり
生年月日 (1973-02-28) 1973年2月28日(46歳)
出生地 東京都
身長 163cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 1991年 -
活動内容 1991年:宝塚歌劇団入団
1992年星組配属
1993年雪組へ異動
1994年:雪組トップ娘役就任
1998年宙組創設に伴い、宙組トップ娘役就任
2006年:宝塚歌劇団退団
2010年:芸能活動開始
著名な家族 青江奈美(母)
事務所 ブルーミングエージェンシー
公式サイト 花總まり公式プロフィール
主な作品
舞台
エリザベート
レディ・ベス
宝塚歌劇
エリザベート-愛と死の輪舞-
ベルサイユのばら2001
ファントム
風と共に去りぬ
備考
宝塚歌劇団卒業生

花總 まり(はなふさ まり、1973年2月28日 - )は、日本女優。元宝塚歌劇団雪組宙組トップ娘役。

東京都[1]日本女子大学付属高等学校出身[1]。身長163cm[1]。血液型O型[1]。所属事務所はブルーミングエージェンシー

来歴[編集]

1989年宝塚音楽学校入学。同期には元星組トップスター安蘭けい、元花組トップスター春野寿美礼、元雪組トップスター朝海ひかるらがいる。

1991年、宝塚歌劇団に77期生として入団。月組公演「ベルサイユのばら-オスカル編-」で初舞台。その後、星組に配属。

1993年、「うたかたの恋」で新人公演初ヒロインを務めた後、雪組へ組替え。

1994年、「風と共に去りぬ」スカーレット・オハラ役(本役:一路真輝)で本来は入団して1年目~7年目までの男役が務める新人公演の主演を、娘役では異例の初主演を努めた。

1994年一路真輝の相手役として雪組トップ娘役に就任。

1996年、一路の退団公演「エリザベート」で、タイトルロールのエリザベート役を演じ、自身の代表作となる。一路退団後は、後任高嶺ふぶきの相手役となる。

1997年、高嶺退団に伴い、後任轟悠の相手役となる。

1998年、宙組に創設メンバーとして組替え。姿月あさとの相手役として初代宙組トップ娘役に就任。再演で2度目のエリザベート役を演じる。

1999年、「激情-ホセとカルメン-」が第54回文化庁芸術祭演劇部門優秀賞を受賞。

2000年、姿月の退団に伴い、後任和央ようかの相手役となる。

2001年、「ベルサイユのばら2001」でマリー・アントワネットを演じる。

2004年、「BOXMAN」ドリー役で、第29回菊田一夫演劇賞を受賞。

2006年7月2日、「NEVER SAY GOODBYE -ある愛の軌跡-」東京公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。5人のトップスターの相手役を務め、12年3か月に渡るトップ娘役在任期間は宝塚歌劇団史上、最長であった[2]

2010年、「ディートリッヒ 生きた 愛した 永遠に」で、舞台復帰。

2012年、FROM FIRST(フロム・ファーストプロダクション系列)に所属し、公式ブログを開設。

2014年、現在の事務所に移籍。「レディ・ベス」で帝国劇場初主演。

2015年、東宝版「エリザベート」に主演。

2016年、第23回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞[3]。また、第41回菊田一夫演劇賞大賞を史上最年少で受賞[4]

2017年、大河ドラマ「おんな城主 直虎」で佐名役としてテレビドラマ初出演。

2018年、東宝製作のミュージカル「マリー・アントワネット」にて、主役マリー・アントワネット役として出演。

人物[編集]

母は元松竹歌劇団の青江奈美。1男3女の4人兄妹の末っ子[要出典]。5歳よりヴァイオリン、小学校からバレエを習う。

中学3年生の時に宝塚を初観劇し、音大に進学するつもりだったが、「舞台にだんだん興味がわいてきて、宝塚だったらいろいろと学べそう」と高校1年の時に音楽学校を受験し合格[要出典]

特技はヴァイオリン。趣味はダイビング読書ピラティスウォーキング[1]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

組配属前[編集]

星組時代[編集]

雪組時代[編集]

雪組トップ娘役時代[編集]

宙組トップ娘役時代[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

コンサート[編集]

  • 『25th Anniversary 花總まり First Concert 〜Especially For You〜』(2016年2月26日・27日、赤坂ACTシアター[6]

テレビドラマ[編集]

テレビ・ラジオ番組[編集]

CM・広告[編集]

その他[編集]

  • 『MODEA ワンマンライブ』(2011年12月/STB139)ゲストボーカル
  • 『AOTL & Friends Live』(2012年5月/STB139)スペシャルゲスト
  • 『TOKYO津波警報〜確かな避難〜』(2012年/東京消防庁のシミュレーションドラマ[注釈 2])静江役
  • スカイ・ステージ・トーク リクエストDX#23「花總まり・蘭乃はな」』(2012年11月/TAKARAZUKA SKY STAGEオリジナル番組)
  • 『マメシバ一郎 フーテンの芝二郎(映画版)』(2013年2月)
  • 宝塚スタートーク』(2013年3月~4月/ネスレアミューズ配信番組)
  • 『BROADWAY MUSICAL LIVE 2013』(2013年6月/東京国際フォーラム・ホールC)
  • 『Kanji Ishimaru in concert 2013』(2013年6月/サンケイホールブリーゼ、同年7月/東京国際フォーラム・ホールC)ゲスト
  • 宝塚 DREAM FOREVER―100周年、そして、輝ける未来へ―#16「花總まり」』(2013年10月/TAKARAZUKA SKY STAGEオリジナル番組)
  • 『Golden Songs』(2015年2月/東京国際フォーラム・ホールC)ゲスト
  • 濱田めぐみの「劇場こそ我が家」』(2016年2月12日配信/スマホでUSEN)ゲスト
  • マリー・アントワネット展』 音声ガイド(2016年10月25日~2017年2月26日 森アーツセンターギャラリー)マリー・アントワネット役
  • 野村證券『Nomura Fund 21』連載コラム「花總まりのまりりん文様」(vol.117 2016.10-11〜vol.121 2017.6-7)
  • 『姿月あさと 30th Anniversary リサイタル~宇宙(コスモス)~』(2017年4月29日/赤坂ACTシアター)ゲスト
  • 大河ドラマ「おんな城主 直虎」コンサート 〜戦う花・直虎の愛〜(2017年5月28日/アクトシティ浜松[9] ゲスト
  • 『一路真輝 35周年記念コンサート』 (2017年9月8日/シアタークリエ) ゲスト
  • 『東儀秀樹 源氏物語音楽絵巻 ~儚き夢幻~』(2018年1月3日/東京国際フォーラム・ホールC)
  • 『宝塚スタートーク』(2019年5月-/ネスレアミューズ配信番組)

CD[編集]

ソロ・アルバム

  • 『Especially For You』(2016年)

公演CD

  • 『モンテ・クリスト伯』ハイライト・ライヴ録音盤CD(2014年)
  • 『レディ・ベス』ハイライト・ライヴ録音盤CD(2014年)
  • 『エリザベート』2015年版キャスト 全曲ライヴ盤CD(2015年)
  • 『1789 -バスティーユの恋人たち-』 2016年版キャスト ハイライト・ライヴ録音盤CD(2016年)

PV

その他

DVD[編集]

公演DVD

  • 『モーツァルト!』2014年版キャスト(2015年)
  • 『エリザベート』 2016年版キャスト(2016年)
  • 『レディ・ベス』 2017年版キャスト Flower version(2018年)
  • 『マリー・アントワネット』 2018年キャスト M version(2019年)

その他

  • エリザベート スペシャル ガラ・コンサート(2012年)
  • 宝塚歌劇100周年夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』 (2014年)
  • エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート(2017年)

受賞歴[編集]

  • 2004年:第29回菊田一夫演劇賞演劇賞(「BOXMAN」)
  • 2016年:第23回読売演劇大賞優秀女優賞(「エリザベート」での演技に対して)[3]
  • 2016年:第41回菊田一夫演劇賞大賞(「エリザベート」での演技に対して)[4]
  • 2016年:WOWOW presents「勝手に演劇大賞2016」・女優賞
  • 2019年:オーストリア共和国有功栄誉金章(Decoration of Honour in Gold for Services to the Republic of Austria

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ モニュメントバージョンに出演
  2. ^ 東京消防庁本所防災館内の防災シアター等で放映中(2012年7月11日現在)

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]