花總まり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はなふさ まり
花總 まり
本名 醍醐まり子[1]
生年月日 1973年2月28日(42歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 1991年 -
活動内容 1991年宝塚歌劇団入団
1992年星組に配属
1993年雪組に異動
1994年:雪組トップ娘役に就任
1998年宙組トップ娘役に就任
2004年菊田一夫演劇賞受賞
2006年:宝塚歌劇団退団
2010年:芸能活動開始
2014年:現在の事務所に所属
公式サイト 花總まり公式HP
主な作品
舞台
ベルサイユのばら
エリザベート (ミュージカル)
激情-ホセとカルメン-
鳳凰伝/〜カラフとトゥーランドット〜』
仮面のロマネスク
ファントム
あかねさす紫の花
晴れた日に永遠が見える
『レディ・ベス』

花總 まり(はなふさ まり、1973年2月28日 - )は、日本女優であり、宝塚歌劇団 雪組宙組の元トップ娘役である。

愛称はハナまり

東京都出身[2]。公称身長163cm[2]血液型はO型[2]。出身校は日本女子大学付属高等学校[1]ブルーミングエージェンシー所属。

来歴・人物[編集]

1991年第77期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は40人中9番[3]。同期生には安蘭けい(元星組トップスター)、春野寿美礼(元花組トップスター)、朝海ひかる(元雪組トップスター)、成瀬こうき(元専科男役スター)など。初舞台公演の『ベルサイユのばら-オスカル編-』では、初舞台生ながら新人公演で小公女の役を務めた[4]

1992年1月13日[3]星組に配属。同年、『白夜伝説』で2番手娘役格の妖精ミーミル(盲目の役)に大抜擢され、愛らしい容姿で注目される[5]

1993年、ショー『PARFUM DE PARIS』で、当時の2番手男役スター麻路さきと組んでデュエットダンスを披露。『うたかたの恋』で新人公演初ヒロイン(宝塚大劇場公演のみ)を務めた後、雪組へ組替え。

1994年、『風と共に去りぬ』(スカーレット編)の新人公演では娘役でありながら主演のスカーレット・オハラ(本役:一路真輝)を演じた。同年、一路の相手役として『雪之丞変化/サジタリウス』より雪組トップ娘役に就任。

1995年、『JFK』にてケネディ大統領夫人のジャクリーヌ・ケネディ、『あかねさす紫の花』の額田など、実在の人物を次々に演じた。

1996年、一路のサヨナラ公演となった『エリザベート』では、タイトルロールのエリザベート役を演じ、自身の代表作のひとつになった。一路退団後は、後任高嶺ふぶきの相手役になる。高嶺退団後は、轟悠の相手役を1作品のみ務めた。

1998年、宙組に創設メンバーとして組替え。姿月あさとの相手役として初代宙組トップ娘役となる。間もなく香港公演に参加し、『エリザベート』の再演、『激情-ホセとカルメン-』のカルメン役などを演じた。

2000年、姿月の退団に伴い、和央ようかが後任となり、相手役となる。『ベルサイユのばら2001』ではマリー・アントワネット、『鳳凰伝〜カラフとトゥーランドット』ではトゥーランドット姫、『傭兵ピエール』ではジャンヌ・ダルクなどを演じた。

2004年、『BOXMAN』ドリー役で、第29回菊田一夫演劇賞を受賞。同年、日本初演の『ファントム』でヒロインのクリスティーヌを演じた。

2006年7月2日[3]、『NEVER SAY GOODBYE‐ある愛の軌跡‐』の東京宝塚劇場公演千秋楽をもって退団。5人のトップスターの相手役を務め、宝塚歌劇団史上、12年3か月のトップ娘役在任期間は最長であった[6]

2010年、『ディートリッヒ 生きた 愛した 永遠に』でエディット・ピアフ役を演じ、舞台復帰を果たす。

2012年、FROM FIRST(フロム・ファーストプロダクション系列)に所属し、公式ブログを開設した。同年、『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』にて初演の雪組メンバーら宝塚OGと共に出演し、14年ぶりのエリザベート役に挑戦した[7]

2014年、現在の事務所に移籍。世界初演の『レディ・ベス』ではレディ・べス役を務める。 本作は「月刊ミュージカル」誌でもベスト・ミュージカルに選ばれ、花總自身も女優部門1位を獲得した。

同年、2014年のフレグランス・アンバサダーに就任[8]野村證券 『with NISA るいとう』篇、『with NISA 株主優待』篇(2014年)テレビCMに初出演。

2015年 夏、東宝「エリザベート 」にエリザベート役で主演予定。


人物[編集]

5歳よりヴァイオリン、小学校からバレエを習う[1]。母や友人の影響で、宝塚は「気が付いたら知っていた」という。

中学3年生の時に宝塚を初観劇し、音大に進学するつもりだったが[5]、「舞台にだんだん興味がわいてきて、宝塚だったらいろいろと学べそう」と高校1年生の時宝塚音楽学校を受験し合格[5]

特技はヴァイオリンタップダンス。趣味はダイビング、読書、ピラティス、ウォーキング[2]

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

組配属以前[編集]

星組時代[編集]

雪組時代[編集]

雪組トップ娘役時代[編集]

宙組トップ娘役時代[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な出演[編集]

舞台・コンサート[編集]

CM[編集]

その他[編集]

  • 『YOKA WAO CONCERT』(2007年1月/青山劇場)
  • 『NEW YOKA 2007 〜ROCKIN' Broadway〜』(2007年8月/東京国際フォーラム・ホールA)
  • 『和央ようかクリスマス・ディナーショー』『同ディナークルーズ』(2007年12月)
  • 『Yoka Wao Christmas Dinner SHOW 2009』(2009年12月)
  • 『MODEA ワンマンライブ』(2011年12月/STB139)ゲストボーカル
  • 『AOTL & Friends Live』(2012年5月/STB139)スペシャルゲスト
  • 『TOKYO津波警報〜確かな避難〜』(2012年/東京消防庁のシミュレーションドラマ[9]) 静江役
  • 『スカイ・ステージ・トーク リクエストDX#23「花總まり・蘭乃はな」』(2012年11月/ TAKARAZUKA SKY STAGEオリジナル番組)
  • 『マメシバ一郎 フーテンの芝二郎(映画版)』(2013年2月)
  • 『宝塚スタートーク』(2013年3月-4月/ネスレアミューズ配信番組)
  • 『kanji ishimaru in concert 2013』(2013年6月/サンケイホールブリーゼ、同年7月/東京国際フォーラム・ホールC)ゲスト
  • 『宝塚 DREAM FOREVER―100周年、そして、輝ける未来へ―#16「花總まり」』(2013年10月/TAKARAZUKA SKY STAGEオリジナル番組)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 公式プロフィールPDF
  2. ^ a b c d 公式プロフィール
  3. ^ a b c 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』小林公一・監修、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、103頁。ISBN 9784484146010
  4. ^ 「女帝」が華麗なる帰還 ミュージカル「モンテ・クリスト伯」でヒロイン役(zakzak by夕刊フジ 2013年12月6日)
  5. ^ a b c 娘役トップとして最長12年に幕(ENAK SUMIRE STYLE 平成18年3月31日 大阪夕刊)
  6. ^ 宙組・花總まり退団、宝塚歌劇史上最長娘役トップ(スポニチアネックスOSAKA 2005年11月9日付 紙面記事)
  7. ^ 初演時の興奮再び「エリザベート ガラ・コンサート」(朝日新聞デジタル 2012年11月29日)
  8. ^ 2014年 新フレグランス・アンバサダーに花總まりさんが就任(ブルーベル・ジャパン株式会社公式ページ、2014年6月19日)
  9. ^ 東京消防庁本所防災館内の防災シアター等で放映中 (2012年7月11日現在)

関連項目[編集]

  • 日向薫(花總入団時の星組トップスター。在団年:1976年 - 1992年)

外部リンク[編集]