1978年の宝塚歌劇公演一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本項目では、1978年の宝塚歌劇公演一覧について示す。

宝塚大劇場公演[編集]

()内は、作者または演出者名。参考資料は90年史[1]

雪組[編集]

花組[編集]

  • 2月16日 - 3月22日
    • 『風と共に去りぬ<スカーレット篇>』(長谷川一夫 監修、植田紳爾 脚本・演出)

月組[編集]

星組[編集]

雪組[編集]

月組[編集]

花組[編集]

星組[編集]

東京公演[編集]

()内は、作者または演出者名。参考資料は90年史[2]

月組[編集]

星組[編集]

雪組[編集]

  • 4月1日 - 4月30日 東京宝塚劇場
    • 『風と共に去りぬ<スカーレット篇>』(長谷川一夫 監修、植田紳爾 脚本・演出)

花組[編集]

  • 7月1日 - 7月30日 東京宝塚劇場
    • 『風と共に去りぬ<スカーレット篇>』(長谷川一夫 監修、植田紳爾 脚本・演出)

星組[編集]

  • 8月4日 - 8月31日 東京宝塚劇場
    • 『誰がために鐘は鳴る』(柴田侑宏 脚本・演出)

雪組[編集]

  • 11月2日 - 11月27日 東京宝塚劇場

月組[編集]

  • 12月3日 - 12月27日 東京宝塚劇場
    • 『隼別王子の叛乱』(田辺聖子 原作、阿古健 脚本・演出)
    • 『ラブ・メッセージ』(小原弘稔

宝塚バウホール公演[編集]

()内は、作者または演出者名。参考資料は90年史[3]

花組[編集]

月組[編集]

  • 6月17日 - 7月2日

花組[編集]

雪組[編集]

  • 8月31日 - 9月11日
    • 『ヴェロニック』(ニコラ・バタイユ 脚本・演出)

星組[編集]

雪組[編集]

  • 10月6日 - 10月10日
    • 『いのちある限り』(柴田侑宏 脚本・演出)

その他の日本公演[編集]

()内は、作者または演出者名。参考資料は90年史[4]

星組[編集]

  • 1月11日 - 2月5日 山口、広島、下関、福山、高知、観音寺、高松、岡山、藤沢、浦和、桐生、柏、千葉、水戸、仙台
    • 『風と共に去りぬ』(植田紳爾)

月組[編集]

  • 2月10日 - 2月20日 名古屋・中日劇場
    • 『風と共に去りぬ』(植田紳爾)

花組[編集]

  • 4月30日 - 5月7日 福岡市民会館
    • 『風と共に去りぬ<スカーレット篇>』(植田紳爾)
  • 5月9日 - 5月12日 北九州・小倉市民会館
    • 『風と共に去りぬ<スカーレット篇>』(植田紳爾)

月組[編集]

  • 6月3日 - 6月22日 大分、佐伯、宮崎、鹿児島、水俣、久留米、唐津、倉敷、大垣、福井、金沢、富山、新潟、高山、長野
    • 『風と共に去りぬ』(植田紳爾)

花・雪組[編集]

  • 6月12・13日 大阪・毎日ホール
    • 『第15回宝塚フェスティバル』

雪組[編集]

  • 9月1日 - 9月24日 刈谷、一宮、和歌山、広島、福山、下関、小倉、防府、佐賀、佐世保、長崎、熊本、大分、久留米、武雄

月組[編集]

  • 10月9日 - 11月4日 苫小牧、函館、札幌、室蘭、帯広、北見、花巻、仙台、小山、伊勢、安城、鈴鹿、那覇
    • 『風と共に去りぬ』(植田紳爾)

中南米公演[編集]

参考資料は80年史[5]

公演日と公演地[編集]

(3ヶ国、3都市)

演目[編集]

ザ・タカラヅカ

第1部(日本もの):(演出:阿古健・大関弘政)
第2部(洋もの):(演出:阿古健・草野旦)

スタッフ[編集]

ほか計10人。

参加生徒[編集]

(35人)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 90年史 2004, p. 269.
  2. ^ 90年史 2004, p. 281.
  3. ^ 90年史 2004, p. 284.
  4. ^ 90年史 2004, p. 298.
  5. ^ 80年史 1994, p. 248.

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年。ISBN 4-924333-11-5
  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年。ISBN 4-484-04601-6