稲葉太地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

稲葉 太地(いなば だいち)は、宝塚歌劇団所属の演出家静岡県出身[1]

略歴[編集]

日本大学芸術学部演劇学科出身[2][3]

2000年、宝塚歌劇団入団[1]

2003年、『おーい春風さん』の演出を手がける。同年、『傭兵ピエール』で新人公演の演出を初担当。

2006年、花組シアター・ドラマシティ公演『Appartement Cinema』で演出家デビュー[1]

2010年、雪組公演『Carnevale 睡夢』で大劇場演出デビュー[1]

宝塚歌劇団での舞台作品[編集]

作・演出[編集]

大劇場作品(宝塚大劇場東京宝塚劇場[編集]

  • ショー・グランデ『Carnevale睡夢 - 水面に浮かぶ風景 -』(2010年 雪組 主演:水夏希*大劇場デビュー作
  • レヴュー・ロマン『ルナロッサ - 夜に惑う旅人 -』(2011年 宙組 主演:大空祐飛
  • ショー・グルーヴ『Celebrity -セレブリティ-』(2012年 星組 主演:柚希礼音[4]
  • ショー・オルケスタ『Mr. Swing!』(2013年 花組 主演:蘭寿とむ
  • ラテン・グルーヴ『パッショネイト宝塚!』(2014年 星組 主演:柚希礼音)
  • レヴューロマン『宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)』(2015年 花組 主演:明日海りお[5]
  • グランドカーニバル『GOLDEN JAZZ』(2015年 - 2016年 月組 主演:龍真咲
  • ショーグルーヴ『Greatest HITS!』(2016年 雪組 主演:早霧せいな[6][7]
  • レヴューロマン『カルーセル輪舞曲(ロンド)』(2017年 月組 主演:珠城りょう[8][9]
  • レヴューロマン『クラシカル ビジュー』(2017年 宙組 主演:朝夏まなと[10]
  • レヴューロマン『シャルム!』(2019年 花組 主演:明日海りお)
  • ミュージカル『アナスタシア』(2020年 - 2021年 宙組 主演:真風涼帆)*潤色・演出
  • ショー オルケスタ『Fire Fever!』(2021年 雪組 主演:彩風咲奈
  • ショー グルーヴ『Fashionable Empire』(2022年 花組 主演:柚香光[11]
  • ラテン グルーヴ『Deep Sea -海神たちのカルナバル-』(2023年 月組 主演:月城かなと[12]*予定

その他の劇場の作品[編集]

コンサート[編集]

演出のみ[編集]

ディナーショーの構成・演出[編集]

イベントの構成・演出[編集]

  • 宝塚歌劇100周年フィナーレイベント『タカラヅカスペシャル2014 -Thank you for 100 years-』(2014年 宝塚大劇場)*共同演出
  • 『タカラヅカスペシャル2015 -New Century,Next Dream-』(2015年 梅田芸術劇場メインホール)*共同演出
  • 『タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!』(2018年 梅田芸術劇場メインホール)*共同演出

新人公演担当[編集]

演出助手[編集]

宝塚歌劇団以外の舞台作品[編集]

コンサート[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 演出家 稲葉太地が語る”. 2020年10月26日閲覧。
  2. ^ 2014年のカポエイラ・ブラジル文化活動レポート” (日本語). Gingue Sempre!!. 2020年12月27日閲覧。
  3. ^ https://twitter.com/engeki/status/869779782078050310” (日本語). Twitter. 2022年3月19日閲覧。
  4. ^ 2012年に全国ツアーで続演
  5. ^ 2015年に梅田芸術劇場メインホール、台湾公演で続演
  6. ^ 宝塚歌劇雪組の新作は大人の恋の行方を描く「私立探偵ケイレブ・ハント」”. ステージナタリー (2016年2月15日). 2016年2月15日閲覧。
  7. ^ 2017年に中日劇場で続演
  8. ^ “宝塚月組次期トップスター珠城りょう、「グランドホテル」で大劇場お披露目”. ステージナタリー. (2016年4月27日). http://natalie.mu/stage/news/185220 2016年12月26日閲覧。 
  9. ^ 2017年に博多座で続演
  10. ^ “宝塚宙組トップ娘役・実咲凜音の後継は当面置かず…公演に合わせて配役”. スポーツ報知. (2016年12月26日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161226-OHT1T50168.html 2016年12月26日閲覧。 
  11. ^ 2022年に全国ツアーで続演予定
  12. ^ Inc, Natasha. “灰原薬「応天の門」が宝塚歌劇団月組により舞台化、主演は月城かなと&海乃美月” (日本語). コミックナタリー. 2022年7月9日閲覧。
  13. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月19日閲覧。
  14. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月19日閲覧。
  15. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月19日閲覧。
  16. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月19日閲覧。
  17. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月19日閲覧。
  18. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月19日閲覧。
  19. ^ 番組詳細|宝塚歌劇 衛星放送チャンネル|タカラヅカ・スカイ・ステージ”. www.tca-pictures.net. 2021年5月19日閲覧。
  20. ^ 柚希礼音、来年3月に宝塚退団後初のソロコンサート開催”. スポーツ報知 (2015年11月24日). 2015年12月18日閲覧。

外部リンク[編集]