宙組 (宝塚歌劇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宙組から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Takarazuka-Sora-nihongo.jpg

宙組(そらぐみ、英称:Cosmos troupe)は、宝塚歌劇団第5番目の組。イメージカラーは紫。組長は寿つかさ、副組長は松風輝

組の特色[編集]

1998年1月1日に創設。組名称は公募により決定。老朽化による東京宝塚劇場の建て替えを機に、新劇場では宝塚歌劇の専用劇場として、通年公演を実施することになった。そのため、これに対応するための組の増設が必要になり、既存4組からメンバーを選抜し、同時に団員の大規模な組替えを行って設立された。設立以来長身の男役が多く、コーラス・アンサンブルに対する評価が高い[1][2]

2012年1月、『クラシコ・イタリアーノ -最高の男の仕立て方-』の成果として、宙組が平成23年度(第66回)文化庁芸術祭・演劇部門優秀賞を受賞[3]

組の体制[編集]

  • トップスター:真風涼帆(2017年11月20日〜)
  • トップ娘役:潤花(2021年2月22日〜)

在籍中の宙組生徒一覧[編集]

男役[編集]

娘役[編集]

歴代トップスター[編集]

歴代トップ娘役[編集]

  • 花總まり(1998年1月1日 - 2006年7月2日)
  • 紫城るい(2006年7月3日 - 2007年2月12日)
  • 陽月華(2007年2月13日 - 2009年7月5日)
  • 野々すみ花(2009年7月6日 - 2012年7月1日)
  • 実咲凜音(2012年7月2日 - 2017年4月30日)
    • 固定スター不在(2017年5月1日 - 11月19日)
  • 星風まどか(2017年11月20日 - 2021年2月21日 その後専科へ)
  • 潤花(2021年2月22日 - )

歴代組長[編集]

歴代副組長[編集]

  • 出雲綾(1998年1月1日 - 2002年3月24日)
  • 貴柳みどり(2002年3月25日 - 2005年4月3日)
  • 寿つかさ(2005年4月4日 - 2008年5月18日)
  • 鈴奈沙也(2008年5月19日 - 2014年7月27日)
  • 美風舞良(2014年7月28日 - 2021年5月10日)
  • 松風輝(2021年5月11日 - )

宙組出身者[編集]

宙組出身のトップスター[編集]

宙組在籍経験のあるトップスター[編集]

  • 湖月わたる(元星組トップスター、2006年退団)※星組出身
  • 朝海ひかる(元雪組トップスター、2006年退団)※花組出身
  • 水夏希(元雪組トップスター、2010年退団)※月組出身
  • 蘭寿とむ(元花組トップスター、2014年退団)※花組出身
  • 北翔海莉(元星組トップスター、2016年退団)※月組出身

宙組出身のトップ娘役[編集]

宙組在籍経験のあるトップ娘役[編集]

  • ふづき美世(元花組トップ娘役、2005年退団)※花組出身
  • 彩乃かなみ(元月組トップ娘役、2008年退団)※花組出身

その他[編集]

宙組出身の男役[編集]

宙組在籍経験のある男役[編集]

宙組出身の娘役[編集]

宙組在籍経験のある娘役[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ スター”. 宝塚歌劇公式ホームページ. 2017年11月4日閲覧。
  2. ^ 新生宙組、お披露目公演に向けて“エンジン全開!”. チケットぴあ (2015年5月27日). 2017年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月4日閲覧。
  3. ^ 平成23年度(第66回)文化庁芸術祭賞受賞一覧(参加公演) (PDF)”. 文化庁. 2013年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月12日閲覧。

外部リンク[編集]