一乃凜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

一乃 凜(いちの りん、5月2日[1] - )は、宝塚歌劇団月組に所属する娘役。

神奈川県横浜市[1]森村学園高等部出身[1]。身長160cm[1]。愛称は「ちの」、「しの」、「いちのり」[1]

来歴[編集]

2018年、宝塚音楽学校入学。

2020年、宝塚歌劇団に106期生として入団[2]。入団時の成績は8番[2]。月組公演「WELCOME TO TAKARAZUKA/ピガール狂騒曲」で初舞台[1]。その後、月組に配属[2]

2022年の「グレート・ギャツビー」で初のエトワールに抜擢[3]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

月組時代[編集]

出演イベント[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ B日程のみ出演。
  2. ^ 10/18〜20は休演。代役は彩姫みみが務めた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2023年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2023年、67頁。ISBN 978-4-86649-223-0
  2. ^ a b c 『2020年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、55頁。ISBN 978-4-86649-159-2
  3. ^ a b 月城かなと、後姿の美学、月組公演「グレート・ギャツビー」千秋楽 薮下哲司の宝塚歌劇支局プラス。
  4. ^ 18日から公演再開の宝塚月組公演 13人の休演者を発表、うち10人が代役で対応 スポーツ報知。
  5. ^ 鳳月杏ディナーショー「Gemini」('23年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。

外部リンク[編集]