潤花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
じゅん はな
潤 花
生年月日 9月19日
出身地 日本の旗 日本 北海道旭川市
身長 165cm
職業 舞台俳優
ジャンル 舞台
活動期間 2016年 -
活動内容 2016年:宝塚歌劇団入団、雪組配属
2020年:宙組へ異動
2021年:宙組トップ娘役就任
所属劇団 宝塚歌劇団
公式サイト 潤花 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
炎のボレロ
シャーロック・ホームズ
NEVER SAY GOODBYE
HiGH&LOW
テンプレートを表示

潤 花(じゅん はな、9月19日[1] - )は、宝塚歌劇団宙組に所属する娘役。宙組トップ娘役[2]

北海道旭川市[2]旭川藤女子高等学校出身[3]。身長165cm[1]。愛称は「じゅんはな」[4]

来歴[編集]

2014年、宝塚音楽学校入学。

2016年、宝塚歌劇団に102期生として入団[2]星組公演「こうもり/THE ENTERTAINER!」で初舞台[4]。その後、雪組に配属[2]

チャーミングな雰囲気と華やかなダンスで注目を集め[2]、2017年、望海風斗真彩希帆トップコンビ大劇場お披露目となる「ひかりふる路」で、新人公演初ヒロイン[5]。その後も3度に渡って新人公演ヒロインを務める[6][7]

2019年の「PR×PRince」でバウホール公演初ヒロイン[8][7]。同年の「ハリウッド・ゴシップ」(KAAT神奈川芸術劇場・ドラマシティ公演)で、東上公演初ヒロイン[9]

2020年の「炎のボレロ」(梅田芸術劇場公演)でヒロイン[10][11]。当初は全国ツアーとして上演が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大により、梅田芸術劇場のみでの振替公演となった[10][11]。同公演千秋楽翌日となる9月7日付で宙組へと組替え[10]

2021年2月22日付で宙組トップ娘役に就任[5]真風涼帆の2人目の相手役として、「シャーロック・ホームズ/Délicieux!」で新トップコンビ大劇場お披露目[1][3]

2023年6月、「カジノ・ロワイヤル」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を真風と同時退団することが発表された[2]。大劇場主演4作、入団7年目での早期退団となる[2]予定。

人物[編集]

幼い頃から活発で、身体を動かすことが大好きだった[1]

中学2年からクラシックバレエを習い始め、家族と将来を語る内、母から宝塚観劇を提案され、東京宝塚劇場で宝塚を初観劇[1]。2度目の観劇となった星組公演「ロミオとジュリエット」が決定打となり、「宝塚の舞台に立ちたい」と進路を決めた[12]。音楽学校には1度目の受験で合格した[1]

芸名はパッと思い付きで考え、「潤」という字は響きの良さから、「花」は本名の文字からとった[1]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

雪組時代[編集]

宙組時代[編集]

宙組トップ娘役時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2018年12月、タカラヅカスペシャル2018『Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』

TV出演[編集]

広告[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 真風涼帆と見る新世界で“咲き初め”宝塚宙組トップ娘役・潤花 スポーツ報知。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 潤花さん退団会見「最後まで真風さんのお隣に」宝塚宙組トップ娘役 毎日新聞。
  3. ^ a b c d <華宝塚>ありのままの自分で 潤花(じゅん・はな) 東京新聞。
  4. ^ a b 『宝塚おとめ 2022年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、144頁。ISBN 978-4-86649-189-9
  5. ^ a b c d e 宙組トップ娘役星風まどかが専科へ、潤花が次期就任 日刊スポーツ。
  6. ^ a b 宝塚雪組・縣千、新人公演初主演で涙のあいさつ「真ん中は温かい場所でした」”. デイリースポーツ. 2019年6月3日閲覧。
  7. ^ a b c 宝塚雪組・諏訪さきが涙、涙の初主演「今まで生きてきた中で一番の経験、幸せな時間でした」”. スポーツ報知. 2020年1月21日閲覧。
  8. ^ a b 宝塚雪組・永久輝せあ バウホール単独初主演でイケメン王子”. デイリースポーツ. 2019年6月3日閲覧。
  9. ^ a b c “雪組「ハリウッド・ゴシップ」大阪公演開幕!彩風咲奈「一回一回の舞台の大切さ、ひしひしと」”. スポーツ報知. (2019年10月23日). https://hochi.news/articles/20191023-OHT1T50132.html?page=1 2019年10月23日閲覧。 
  10. ^ a b c d コロナで中止・延期乗り越え…宝塚雪組・彩風咲奈の主演作がやっと開幕「ここまで来られて感謝の気持ちでいっぱいです」 スポーツ報知。
  11. ^ a b c 宝塚雪組・彩風咲奈 涙の主演公演初日 コロナ禍で当初の会場と日程大幅変更 デイリースポーツ。
  12. ^ <華宝塚>元気に!すまして!かっこよく 潤花(雪組)”. 東京新聞. 2019年9月21日閲覧。
  13. ^ 宝塚宙組・真風涼帆が24年ぶりの初再演「バロンの末裔」で1人2役に挑戦中 スポーツ報知。
  14. ^ 宝塚歌劇宙組公演23日遅れの開幕 真風涼帆「『きょうを一生懸命に』と思っていただけたら」 スポーツ報知。
  15. ^ 『2019年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、89頁。ISBN 978-4-86649-126-4
  16. ^ 『2020年宝塚 Stage Album』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、55頁。ISBN 978-4-86649-159-2
  17. ^ 『宝塚GRAPH 2022年8月号/宝塚通信』 宝塚クリエイティブアーツ、2022年、94頁。

注釈[編集]

  1. ^ 東京での新人公演は休止。

外部リンク[編集]