星奈優里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ほしな ゆり
星奈 優里
生年月日 (1971-04-19) 1971年4月19日(47歳)
出生地 日本の旗広島県福山市
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 1990年 -
活動内容 1990年宝塚歌劇団入団
1991年星組に配属
1994年雪組に異動
1997年:星組トップ娘役就任
2001年:宝塚歌劇団退団
2002年:芸能活動開始
配偶者 森岡豊
公式サイト 星奈優里の「日記かも?!」
主な作品
舞台
ダル・レークの恋
ベルサイユのばら2001―オスカルとアンドレ編―』

星奈 優里(ほしな ゆり、1971年4月19日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団星組トップ娘役。

広島県出身。身長166cm。愛称は「ゆり」。

来歴[編集]

1988年宝塚音楽学校に入学。第76期生

同期生には、彩輝直(元月組トップスター)、純名里沙(元花組トップ娘役)、風花舞(元月組トップ娘役)、月影瞳(元星組雪組トップ娘役)、樹里咲穂、などがいる。

1990年、宝塚歌劇団入団。花組ベルサイユのばら』で初舞台。組回りを経て、翌年星組に配属。

1992年のニューヨーク公演と1994年のロンドン公演と2度の海外公演に参加。

1993年には『サタディナイト・ロマンス』(主演は稔幸)で初のバウホール公演ヒロイン。

1994年『若き日の唄は忘れじ』で初の新人公演ヒロイン。

1994年雪組に組替えになり、雪組の娘役2番手として『JFK』ではコケティッシュなマリリン・モンロー役、『エリザベート』では得意のダンスを生かせるマデレーネ役(娼婦に化けた死神の手下)などを演じる。

1997年に古巣の星組に戻り、麻路さきの相手役としてトップ娘役に就任。麻路の退団後は、後任の稔幸の相手役として引き続きトップ娘役を務める。2001年の星組『ベルサイユのばら2001―オスカルとアンドレ編―』のマリー・アントワネット役を最後に、稔と同時退団。

2002年より、女優として活動を始める。

2012年、俳優の森岡豊と結婚[1]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

星組時代[編集]

  • 1990年11月、『黄昏色のハーフムーン/パラダイス・トロピカーナ』(東宝)新人公演:アンナ(本役:早原みゆ紀)*雪組
  • 1991年11月、『紫禁城の落日』新人公演:(本役:白城あやか)
  • 1992年5月、『白夜伝説/ワンナイト・ミラージュ』新人公演:シルビア(本役:洲悠花
  • 1992年11月、『TAKARAZUKA“夢”』(ニューヨーク市ジョイスシアター)
  • 1993年1月、『宝寿頌/PARFUM DE PARIS』新人公演:踊る娘S(本役:白城あやか)
  • 1993年2月、『サタデーナイト・ロマンス』(バウ) *バウ初ヒロイン
  • 1993年6月、『うたかたの恋/パパラギ -極彩色のアリア-』新人公演:マリンカ(本役:出雲綾
  • 1993年8月、『FILM MAKING』(バウ)ドロシー・メルフォード *バウヒロイン
  • 1993年12月、『ライト&シャドウ』(シアタードラマシティ・東京特別)カレン
  • 1994年2月、『若き日の唄は忘れじ/ジャンプ・オリエント!』新人公演:ふく(本役:白城あやか) *新人公演初ヒロイン
  • 1994年4月、『ある日 夢のとばりの中で』(バウ)夢の中の彼女 *バウヒロイン
  • 1994年7月、『花扇抄/扉のこちら/ミリオン・ドリームズ』(ロンドン・コロシアム)
  • 1994年8月、『カサノヴァ・夢のかたみ/ラ・カンタータ』(大劇場のみ)マリー王妃、新人公演:ジャンヌ(本役:白城あやか) *新人公演ヒロイン

雪組時代[編集]

  • 1994年11月、『雪之丞変化/サジタリウス』おみつ、新人公演:浪路(本役:花總まり) *新人公演ヒロイン
  • 1995年1月、『グッバイ・メリーゴーランド』(バウ・東京特別・シアタードラマシティ)アイリーン 他 *バウヒロイン
  • 1995年5月、『JFK/バロック千一夜』マリリン・モンロー、新人公演:ジャクリーヌ(本役:花總まり) *新人公演ヒロイン
  • 1995年11月、『あかねさす紫の花/マ・ベル・エトワール』小月
  • 1996年2月、『エリザベート -愛と死の輪舞(ロンド)-』マデレーネ、新人公演:リヒテンシュタイン伯爵夫人(本役:小乙女幸
  • 1996年4月、『あかねさす紫の花マ・ベル・エトワール』(全国ツアー)小月
  • 1996年8月、『虹のナターシャ/La Jeunesse!』呉竹梅子
  • 1996年10月、『アナジ』(バウ・東京特別・名古屋特別)玉琴
  • 1997年2月、『虹のナターシャ/La Jeunesse!』(中日)呉竹梅子
  • 1997年3月、『仮面のロマネスク/ゴールデン・デイズ』トゥールベル夫人
  • 1997年9月、『真夜中のゴースト/レ・シェルバン』(大劇場のみ)マーガレット

星組トップ娘役時代[編集]

  • ダル・レークの恋』(1997年 宝塚・帝国劇場・全国ツアー)カマラ
  • 『皇帝/ヘミングウェイ・レヴュー』(1998年 宝塚・東京)
  • 『イコンの誘惑』(1998年 宝塚バウホール、日本青年館)
  • 『聖夜物語』(1998年 シアター・ドラマシティ)
  • WEST SIDE STORY』(1999年 宝塚・東京)マリア
  • 我が愛は山の彼方に/グレート・センチュリー』(1999年宝塚、2000年東京)万姫
  • 『Love Insurance』(1999年 シアタードラマシティ、赤坂ACTシアター)
  • 『黄金のファラオ/美麗猫』(2000年 宝塚・東京・全国ツアー)
  • 『花の業平/夢は世界を翔けめぐる』(2001年 宝塚)
  • 風と共に去りぬ』(2001年 全国ツアー)スカーレットI
  • ベルサイユのばら2001―オスカルとアンドレ編―』(2001年 東京・宝塚)マリー・アントワネット

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

  • 『からくりお楽』(2002年5月 帝国劇場)
  • てるてる坊主の照子さん〜浪速の若草物語〜』(2002年10月 帝国劇場/御園座)
  • シェルブールの雨傘』(2003年1-2月 東京グローブ座/近鉄劇場)
  • 森は生きている』(2003年7-8月 アートスフィア)
  • 『シンドバットの大冒険2003〜魔神島の決戦〜』(2003年8月 府中の森芸術劇場)
  • 『Winter Rose』(2003年12月/2004年1月 神戸オリエント劇場/博品館劇場)
  • 『B列車で行こう!』(2004年1月 ホテル日航東京 マグレブ)
  • 『暗い日曜日〜Gloomy Sunday〜』(2004年6月 ル テアトル銀座)
  • 『TCAスペシャルOGバージョン TAKARAZUKAゴールデン・メモリーズ』(2004年7月 東京宝塚劇場)
  • 『Julius Caesar』(2004年8月 シアターX)
  • 『CABARET』(2004年10月 東京グローブ座/ZEPP Osaka)
  • 『トロンボーンクァルテット・ジパング第6回演奏会〜アメリカ!アメリカ!アメリカ!〜』(2004年12月 すみだトリフォニーホール
  • 『Winter Rose』(2005年1-2月 シアター・ドラマシティ、博品館劇場)
  • 『Broadway Gala Concert 2005』(2005年 3-4月 大阪厚生年金会館芸術ホール、青山劇場)
  • 『EXPOスペシャル・レビュー アムール・タカラヅカ〜愛は地球を巡る〜』(2005年7月 EXPOドーム)
  • 『虹と夢と愛と〜ファンタジー・タカラヅカ〜」(2005年7-8月 全国ツアー)
  • 『月光少年 あした月の上で』(2005年9-10月 博品館劇場、新神戸オリエンタル劇場)
  • 『喜劇 大吉夢家族』(2005年12月 帝国劇場)
  • 滝沢演舞城』(2006年3-4月 新橋演舞場)
  • 『ビューティフル・タカラヅカ』(2006年5-6月 梅田芸術劇場
  • 『DANCIN' CRAZY』(2007年8月、文京シビックホールゆうぽうと簡易保険ホール・梅田芸術劇場)
  • 愛と青春の宝塚〜恋よりも生命よりも〜』(2008年12月-2009年1月 新宿コマ劇場、全国ツアー)
  • 『ティーチャーズ〜職員室より愛を込めて〜』(2009年7月 東京芸術劇場梅田芸術劇場
  • 『愛、時を越えて -遙かなる時空の運命(さだめ)-』(2010年6月 大阪松竹座
  • 『伯爵夫人の相続人』(2010年8月 リーガロイヤルホテル東京
  • ワンダフルタウン』(2010年10-11月 青山劇場、中日劇場、梅田芸術劇場)
  • 愛と青春の宝塚〜恋よりも生命よりも〜』(2011年2-3月 青山劇場梅田芸術劇場愛知県芸術劇場
  • 三銃士』(2011年7月、日生劇場
  • 『伯爵夫人の相続人』(2011年8月、リーガロイヤルホテル東京)
  • 『友情 秋桜のバラード』(2011年8月、三越劇場・渋谷区文化総合センター大和田伝承ホール)
  • TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY Vol.2 宝塚OGレビューツアー『DREAM FOREVER』(2011年10-11月、日本青年館・シアタードラマシティ、全国ツアー)
  • 『DANCIN' CRAZY2』(2012年3月、梅田芸術劇場・Bunkamura オーチャードホール
  • 『タップ☆ジゴロ」(2012年、博品館劇場 他)- 川島美奈子役
  • ウインザーの陽気な女房たち』(2013年、新国立劇場・小劇場) - アリス・フォード夫人役
  • 『DREAM LADIES』(2013年、梅田芸術劇場、東京国際フォーラムC 他)
  • 『DREAM, A DREAM』(2013年、シアターオーブ、梅田芸術劇場)
  • 『コンクラーヴェ』(2014年、都市センターホテル コスモスホール)
  • 『セレブレーション100! 宝塚』(2014年、青山劇場、梅田芸術劇場)
  • CHICAGO TAKARAZUKA 100th Anniversary OG version』(2014年、東京国際フォーラム、梅田芸術劇場、刈谷市総合文化センター) - トップレディース役 
  • 『SUPER GIFT!』(2015年、東京国際フォーラム、梅田芸術劇場)
  • 『スーベニア SOUVENIR〜騒音の歌姫』(2016年、Bunkamuraシアターコクーン、サンケイホールブリーゼ) - ジャニス・シンプソン 役
  • 『CHICAGO 宝塚歌劇OGバージョン』(2016年、神奈川芸術劇場ディヴィッド・H・コーク劇場、東京国際フォーラム、梅田芸術劇場) - トップレディース役

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

  • 『宝塚ドリーミング・シアター』(2007年〜 TwellV)番組MC

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 星奈優里の「日記かも?!」 (2012年11月25日). “ご報告”. 2013年2月13日閲覧。

外部リンク[編集]