純矢ちとせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

純矢 ちとせ(じゅんや ちとせ、7月22日[1] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団宙組の娘役スター[2]

東京都港区[1]東洋英和女学院高等部出身[1]。身長164cm[1]。愛称は「せーこ」[1]

来歴[編集]

2001年、宝塚音楽学校入学。

2003年、宝塚歌劇団に89期生として入団[3]。入団時の成績は5番[4]月組公演「花の宝塚風土記シニョール ドン・ファン」で男役として初舞台[3][5]。その後、雪組に配属[3][5][2]

2005年12月3日付で娘役へと転向[3][5][2]

2006年、「やらずの雨」でバウホール公演初ヒロイン[3][5][2]

2008年3月31日付で宙組へと組替え[3][5][2]

2009年、「逆転裁判2」(バウホール・赤坂ACTシアター公演)で、東上公演初ヒロイン[3][5][2]

2010年、「誰がために鐘は鳴る」で初のエトワールに抜擢[3]。その後も4度に渡ってエトワールを務める[3]

2019年7月21日、「オーシャンズ11」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。

2020年、退団後初となる本格舞台作品「サクラヒメ」(南座)で、ヒロインを演じる[2]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

雪組男役時代[編集]

  • 2003年10月、樹里咲穂コンサート『JUBILEE-S』(新神戸オリエンタル劇場・日本青年館
  • 2005年4月、『さすらいの果てに』(バウホール)カーメス
  • 2005年6月、『霧のミラノ/ワンダーランド』 新人公演:ベッポ(本役:柊巴
  • 2005年11月、『DAYTIME HUSTLER』(バウホール・東京特別)マーチン

雪組娘役時代[編集]

宙組娘役時代[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

TV出演[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2019年度版』宝塚クリエイティブアーツ、2019年、128頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 純矢ちとせインタビュー 京都・南座での新感覚演劇、イマ―シブシアター『サクラヒメ』でヒロインを演じるメディアスパイス
  3. ^ a b c d e f g h i ウィズたからづか 2015年7月号フェアリーインタビュー、2019年8月26日閲覧。
  4. ^ 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、115頁、ISBN 9784484146010
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 純矢ちとせさんインタビュー(前編)宝塚歌劇団プロジェクトゴーゴーご組
  6. ^ 明日海りお主演「ポーの一族」小西遼生、中村橋之助ら全キャスト解禁ステージナタリー

外部リンク[編集]