九条舞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

九条 舞(くじょう まい、12月29日 - )は女優、元宝塚歌劇団星組娘役。

京都府向日市、市立勝山中学校出身。身長、161cm。愛称はちよ

宝塚歌劇団在団中の芸名は、朋 舞花(とも まいか)。

略歴[編集]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

  • 1985年3月、『愛あれば命は永遠に』 *初舞台
  • 1986年3月、『レビュー交響楽』
  • 1987年6月、『別離の肖像』新人公演:ヘンリエック・スパーレ(本役:洲悠花
  • 1988年8月、『戦争と平和』新人公演:リーザ・クトゥーゾワ(本役:花愛望都
  • 1989年3月、『春の踊り』[1]/『ディガ・ディガ・ドゥ』新人公演;イズー・ホワイトハンド(本役:青山雪菜
  • 1989年10月、『宝塚をどり賛歌』/『タカラヅカ・フォーエバー』(ニューヨーク公演)
  • 1989年11月、『シャンテ・シャンテ・シャンテ』(バウ)
  • 1990年1月、『太陽に背を向けて』(バウ)イリア
  • 1990年3月、『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-』(東宝)新人公演:モンゼット侯爵夫人(本役:岸香織
  • 1990年5月、『メイフラワー』新人公演:マーサ(本役:花愛望都)/『宝塚レビュー 90』
  • 1991年5月、『恋人たちの肖像』新人公演:マリー・ファーレン男爵公女(本役:花愛望都)/『ナルシス・ノアール
  • 1991年11月、『紫禁城の落日』新人公演:柳場俊子(本役:洲悠花)
  • 1992年11月、『TAKARAZUKA“夢”』(ニューヨーク公演)
  • 1993年6月、『うたかたの恋』ツェヴェッカ伯爵夫人/『パパラギ -極彩色のアリア-』
  • 1993年9月、『秋…冬への前奏曲 -コマロフスキー伯爵編-』ジュリア/『ワン・ナイト・ミラージュ』
  • 1993年12月、『ライト&シャドウ』(シアタードラマシティ)エミリー
  • 1994年2月、『若き日の唄は忘れじ』側室ふね/『ジャンプ・オリエント!』
  • 1994年7月、『花扇抄』/『扉のこちら』/『ミリオン・ドリームズ』(ロンドン公演)
  • 1994年8月、『カサノヴァ・夢のかたみ』ルクレチア/『ラ・カンタータ』
  • 1994年11月、『燃える愛の翼 -ミ・アモール-』(バウ)アンジェラ
  • 1995年5月、『殉情』(バウ・東京特別)お蘭
  • 1995年9月、『剣と恋と虹と』ベアトリース/『ジュビレーション!
  • 1996年6月、『剣と恋と虹と』ベアトリース/『ジュビレーション!』(全国ツアー)
  • 1996年11月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』リヒテンシュタイン伯爵夫人
  • 1997年1月、『武蔵野の露と消ゆとも』(バウ・東京特別)堀河紀子
  • 1997年5月、『誠の群像 -新撰組流亡記-』明里/『魅惑II -ネオ・エゴイスト-』
  • 1997年11月、『ダル・レークの恋』アルマ
  • 1998年4月、『ダル・レークの恋』(全国ツアー)アルマ
  • 1998年6月、『皇帝』ロリア/『ヘミングウェイ・レビュー』
  • 1998年8月、『イコンの誘惑』(バウ・東京特別)ヴェラ
  • 1998年12月、『聖夜物語』(ドラマシティ)ベラ・アントニオーニ
  • 1992年2月、『WEST SIDE STORY』ロザリア
  • 1999年8月、『我が愛は山の彼方に』柳花/『グレート・センチュリー -メモリーズ&メロディーズ-』(博多座)
  • 1999年10月、『我が愛は山の彼方に』柳花/『グレート・センチュリー -メモリーズ&メロディーズ-』
  • 1999年12月、『エピファニー -「十二夜」より-』毛利志げ
  • 2000年3月、『聖者の横顔』(バウ・東京特別)イレーネ
  • 2000年5月、『黄金のファラオ』メリエト/『美麗猫』
  • 2000年10月、『黄金のファラオ』メリエト/『美麗猫』(全国ツアー)
  • 2001年1月、『花の業平 -忍ぶの乱れ-』順子/『夢は世界を翔けめぐる -THE WORLD HERITAGE 2001-』
  • 2001年3月、『ベルサイユのばら2001 -オスカルとアンドレ編-』オルタンス *退団公演
  • 2001年6月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー)メラニー

宝塚歌劇団退団後の主な舞台[編集]

  • 2004年10月、『身代わり三度笠』(新歌舞伎座
  • 2005年1月、『ジパング』(御園座
  • 2005年12月、『男の花道』(明治座
  • 2006年2月、『新章・美空ひばり 不死鳥伝説』(御園座)
  • 2006年8月、『新・四谷怪談』(明治座)
  • 2007年1月、『くらわんか!』(新歌舞伎座)
  • 2007年9月、『さくら吹雪』(明治座)
  • 2007年12月、『乾いて候』(新歌舞伎座)
  • 2008年11月、『人形佐七捕物帳』(新歌舞伎座)
  • 2008年12月、『花吹雪忠臣蔵』(御園座)
  • 2009年4月、『沓掛時次郎』『誠の意地悪バアさん vs 唄子の新妻』(明治座)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1989年7月の東京宝塚劇場公演では、演目名が『恋の花歌舞伎』に変更

外部リンク[編集]