香坂千晶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こうさか ちあき
香坂 千晶
本名 横井 奈津子(よこい なつこ)
生年月日 (1965-09-16) 1965年9月16日(52歳)
出生地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
血液型 A型
職業 女優
活動期間 1985年 -
活動内容 1985年宝塚歌劇団入団、花組に配属
1991年:宝塚歌劇団退団。以降女優として舞台中心に活動。
公式サイト 所属事務所公式プロフィール
香坂千晶の「踊るしゃちほこ」
備考
宝塚歌劇団卒業生

香坂 千晶(こうさか ちあき、本名横井 奈津子<よこい・なつこ>、1965年9月16日 - )は愛知県名古屋市出身の元・宝塚歌劇団花組娘役スターで現在は、女優として活躍している(所属事務所:ジャンクション)。

血液型A型。公称身長162センチ。出身校椙山女学園高等学校。宝塚歌劇団時代の愛称ナツコ、ナッちゃん

略歴[編集]

同期の著名メンバーには専科の轟悠、OGに女優愛華みれ真琴つばさ鮎ゆうき(俳優・神保悟志夫人)、稔幸、タレントの華陽子、元月組組長の夏河ゆららがいる。同年5月7日[1]に愛華・真琴・華らとともに花組に配属。
  • 1987年、『遥かなる旅路の果てに』で新人公演初ヒロインに抜擢される。以降、2度新人公演のヒロインを務めている。
  • 1991年11月29日[1]、『ヴェネチアの紋章』/『ジャンクション24』の東京公演千秋楽を最後に宝塚歌劇団を退団。
  • 退団後は主に舞台を中心に活動。中島みゆきの『夜会』には1994年公演で初出演したのを皮切りに1997年公演以降ほとんどの公演に参加している。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な出演[編集]

舞台[編集]

  • 中島みゆき夜会』(1994年、1997年、1998年、2002年、2004年、2006年、2008年、2009年、2011年)
  • 『バッファローの月』- アイリーン
  • 『Don't Be That Way』- アデール
  • 『ワルツが聞こえる?』- ジョアンナ
  • 『夢を掴む男 〜石川五衛門外伝〜 』 - お銀
  • 『被告人』(2003年) - アリソン・アストン
  • 『王妃マルゴ』(2004年)- カトリーヌ・ドメシス
  • 『himself』(2004年) - ガードルート
  • 『Mother』(2004年)- トランジェディ
  • 『モダンガールズ』(2005年)- みゆき
  • 『好色一代女』(2005年)- 北の方
  • 『歓喜の歌』(2005年)- 野々宮優子
  • 『花嫁付き添い人の秘密』(2006年)- ルーシー
  • 『意趣返しはおてやわらかに』(2006年) - 兎乃
  • 『おかあさんありがとう』(2007年)- 静子
  • 『森の石松外伝3〜悪い野郎は...石松だ!?〜』(2007年)- 雪乃丞
  • 『The Pleasure dome』(2008年) - 真行寺正子
  • 『好色一代男』(2008年)- 高尾太夫
  • 『耳かきお蝶』(2008年)- お沙貴
  • 『ハムレットの舞台裏』(2010年)- リズ
  • 早乙女太一 特別公演『狐笛のかなた』『残雪の華』(2011年)
  • パニック・シアター海外新作シリーズ『6月のクリスマス』(2011年)
  • パニック・シアター海外新作シリーズVol.25『まくべっと』 - 侍女・魔女(2013年)
  • 『女中たち』(2014年)

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』小林公一・監修、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、P.97。ISBN 9784484146010

関連項目[編集]

外部リンク[編集]