愛あれば命は永遠に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

愛あれば命は永遠に』(あいあればいのちはとわに)は、宝塚歌劇団の上演作品。1985年3月28日5月7日宝塚大劇場[1] 、同年7月4日7月30日東京宝塚劇場[2]において花組[1][2]が上演した。新人公演は大劇場が4月16日[3]、東京が7月16日[3]であった。

形式名は「宝塚グランド・ロマン[1][2]」。宝塚は2部35場[1]。東京は2部33場[2]

ナポレオンと皇后ジョセフィーヌの波乱万丈の愛の軌跡を描いた。

第71期生愛華みれ真琴つばさ[4]轟悠稔幸鮎ゆうき香坂千晶夏河ゆらなど)の初舞台公演、花組トップ娘役・若葉ひろみサヨナラ公演だった。

主な登場人物[編集]

主な配役[編集]

本公演
新人公演

第一部とフィナーレのみ

あらすじ[編集]

1795年暮。パリオペラ座に政府軍総司令官バラス将軍をはじめとする社交界の名士が顔をそろえていた。そこには若き軍人ナポレオンの姿もあった。ナポレオンは、社交界の花とうたわれるジョセフィーヌの虜となる。バラスをパトロンとしていたジョセフィーヌには、年下の無骨な軍人ナポレオンの愛は重荷なだけ。だが、その一途さにやがて心を打たれる。バラスのとりなしもあり、2人は1796年に結婚する。だが結婚直後からナポレオンは遠征に明け暮れ、パリに残ったジョセフィーヌはシャルル大尉と浮名を流す。ナポレオンは愛と憎しみにさいなまれる……。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 80年史 1994, p. 310.
  2. ^ a b c d e f g h i 80年史 1994, p. 313.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 80年史 1994, p. 314.
  4. ^ 真琴の実践女子学園からの後輩・初風緑はこの作品の東京公演を観劇して宝塚歌劇を志した。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq 80年史 1994, p. 311.

参考文献[編集]